« バラの回廊 | トップページ | イングリッシュローズコーナー »

2022年5月15日 (日)

2022年 ばら苑 ニューフェース

「ご来苑の皆様へお願い」

  • ①入場時の「検温」。
  • ②マスク着用などのお願い。
  • ③各種イベントの中止。
  • ④食事の禁止(飲食売店は休業します。)
  • ⑤駐車場の縮小(公共交通機関をご利用ください。)
  • ⑥密集、密接を避け、長時間の滞在はご遠慮ください。
  • ⑦入場制限。大人数のグループでの利用はお控えください。

ご不便をおかけ致しますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。

詳しくは、生田緑地ばら苑公式ホームページの「ご来苑の皆様へお願い」(外部リンク)をご一読ください。


開花状況 見ごろ。

見頃を迎えた、ばら苑の遠景

2022年 春 バラ苑デビューの品種をご紹介します。

今春は、12品種です。

まだまだ、株は小さいですが、元気に花をつけています。

2022年 新しく植栽された品種

クリスティアーナ

石柱に絡まる、薄ピンクから白色のカップ咲きのバラ

Christiana フロリバンダ
2013年 コルデス ドイツ

2014年 フランス・サヴェルヌ国際コンクール芳香賞

バーデンバーデン国際コンクール(ツヴァイブリュッケン市賞)

2014年ADR受賞。

交配親は、イングリッシュローズのジェフ・ハミルトン

別名 Earth Angel

コルデスHPでは、「香りのコレクション」の中で、Earth Angelの名で紹介されています。

ロマンチックなスタイルの花を咲かせ、非常に香りがよく、香りと植物の健康という2つの特徴を併せ持つコレクション。

ローズシナクティフ(ローズ シネルジック)

薄紫色に近いピンク色のバラ

Rose Synactif
2008年 デルバール フランス

エモーション・ブルー→ローズ・シネルジック→ローズシナクティフと名前が変わりました。

現在、デルバールJAPONのサイトでは、ローズシナクティフの名で紹介されています。

デルバール Les souvenirs d’amour Parfumes(香り立つ愛の思い出)シリーズ
2006年パリ・バガテル国際バラコンクール 金賞・ベストフレグランス賞受賞
資生堂とデルバールのコラボレーションで誕生。

このバラの香りをもとに、資生堂クレ・ド・ポー ボーテのオードパルファム"ローズシネルジック"が誕生しました。

パープル スプレンダー

このあと本文で説明

Purple Splendour フロリバンダ
1976年  Le Grice イギリス

赤紫がかった濃いピンクの波状弁咲き 。

ズブニール ドゥ ドクター ジャメイン

このあと本文で説明

Souvenir du Docteur Jamain ハイブリッド パーペチュアル
1865年 François Lacharme フランス

紫をおびた深紅色のカップ咲き。
ダマスクの香り

オードリー ヘップバーン

このあと本文で説明

Audrey Hepburn ハイブリッドティー
1991年 Jerry F. Twomey アメリカ

女優オードリー ヘップバーンに捧げられたバラ。

ややサーモンを帯びた淡ピンク色で、外弁にはうっすらとピンクのぼかしが入ります。
ホワイトマスターピースの孫

魅惑

このあと本文で説明

Miwaku ハイブリッドティー
作出  1988年 日本 鈴木省三氏

やや緑がかった白地にピンクのふちどりが非常に美しくあらわれます。
香りも強く、花つきのよい、耐病性に優れた早咲き種です。

1988年JRC銀賞受賞

フィリスバイド

このあと本文で説明

Phyllis Bide クライミングポリアンサ
1923年 S. Bide イギリス

黄色~オレンジ、赤、ピンクと多彩な色彩が魅力的なつるバラ。

咲き始めは黄色で縁に紅がさします。

カクテルの交配親として有名です。

ザポエッツワイフ

華やかな黄色いバラ。ロゼット咲きの中輪

The Poet's Wife シュラブ
2014年 デビッド オースチン イギリス

樹高があまり高くならず、春にも秋にもよく咲く黄バラ。

はっきりとしたレモンのような香りに始まり、時が経つにつれてさらに甘く、より濃厚になります。

|

« バラの回廊 | トップページ | イングリッシュローズコーナー »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラの回廊 | トップページ | イングリッシュローズコーナー »