« 生田緑地ばら苑 5月6日 明日、開苑です! | トップページ | 一重のバラ »

2022年5月 6日 (金)

生田緑地ばら苑 5月6日開苑です。

生田緑地ばら苑 本日 5月6日(金曜)開苑です。

新型コロナウイルス感染症がなかなか終息せず、日常生活に大きな影響が出ていると思いますが、今春も、以下の感染再拡大防止対策にご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。

「ご来苑の皆様へお願い」

  • ①入場時の「検温」。
  • ②マスク着用などのお願い。
  • ③各種イベントの中止。
  • ④食事の禁止(飲食売店は休業します。)
  • ⑤駐車場の縮小(公共交通機関をご利用ください。)
  • ⑥密集、密接を避け、長時間の滞在はご遠慮ください。
  • ⑦入場制限。大人数のグループでの利用はお控えください。

詳しくは、生田緑地ばら苑公式ホームページの「ご来苑の皆様へお願い」(外部リンク)をご一読ください。


アーリーモダンローズ

開花状況、3分咲き。

生田緑地バラ苑は、アーリーモダンローズの宝庫です。

アーリーモダンローズとは?

ハイブリットティー第1号「ラ フランス」の登場する1867年から50年ほどの間に作出された木立性のバラの総称です。

オールドローズからモダンローズへと続く歴史の中にアーリーモダンローズは重要な役割を果たしています。モダンローズへと大きく変わった歴史の証人のような個性豊かなバラたちです。

裏門近く、バラのアーチのある花壇にたくさん植栽しています。

 この時代のばらは、高芯剣弁咲きでもすぐに満開状態になり、芯が高く花弁が渦を巻くような状態で見られることは少ないです。咲きはじめを楽しんでください。

ミセス ヘンリー モース

淡いピンクの大輪のバラ。このあとの本文で説明

Mrs Henry Morse  ハイブリッドティー
1919年 マグレディ イギリス

複色のバラ(バイカラーローズ)。
*花弁の表と裏の色が違う花のことです。

オールドタイプの品種によくみられる赤色の筋目が入ります。
korbel Bicolor Pinkとも呼ばれています。

マグレディース ピンク

濃いピンクのバラ。このあと本文で説明

McGredy's Pink ハイブリッドティー
1936年 マグレディ イギリス

マグレディのアイルランド時代のバラ
*咲き始めにはハイブリッドティーらしい形ですが、咲き進むとオールドローズのような形になります。見事なロゼット咲き。

ミセス ハーバート スティーブンス

エレガントな白いバラ

Mrs Herbert Stevens ハイブリッドティー
1910年  マグレディ イギリス

ミセス サム マグレディ

つるバラ。このあと本文で説明

オレンジ・ブラウン・黄色を含む微妙な色合い

Mrs.Sam McGredy HT
1929年 マグレディ イギリス

ナショナルフラワーギルド

赤いベルベットなバラ

National Flower Guild HT
1927年 マルラン フランス 

マダム エドゥアール エリオ

ピンクにオレンジが薄く混ざるような色合いで、花弁が外側に巻き気味なバラ

Mme Edouard Herriot  ハイブリッドティー
1913年  Joseph Pernet-Ducher フランス

 

|

« 生田緑地ばら苑 5月6日 明日、開苑です! | トップページ | 一重のバラ »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生田緑地ばら苑 5月6日 明日、開苑です! | トップページ | 一重のバラ »