« 一重のバラ | トップページ | 寺西菊雄氏作出のバラ »

2022年5月 8日 (日)

京成バラ園芸 武内俊介氏 作出のバラ

 車でお越しの方へ

公開中の土日祝日は、駐車場及び周辺道路が大変混雑します。
満車時は駐車をお断りすることもありますので、ご了承ください。

駐車場を縮小しています。

階段周辺の混雑を回避するため、もみじ谷駐車場は閉鎖し、臨時駐車場(約60台/1回500円)のみ駐車が可能です。
例年よりも駐車収容台数が減っていますので、できる限り公共交通機関でのご利用をお願い致します。


京成バラ園芸 武内俊介氏 作出のバラ。

開花状況 4分咲き。

武内俊介氏は、鈴木省三氏以来の日本のバラの育種の名門・京成バラ園芸の三代目育種家。

香りのフロリバンダの作出に力を入れています。

薫乃

説明は本文に記載

ソフトアプリコットから淡く咲き進むふくよかなカップ咲き。

ダマスク系とティー系の混合した上品で素晴らしい香り。
透明感のある繊細な花弁とその薫りは独特の存在感です。
花名の「薫乃」は、芳ばしい薫りとその花姿の美しさから名付けられました。

2005年JRC香り部門金賞受賞。

京成バラ園芸 武内俊介氏が、「交配」「選抜」を共に行った最初の品種。

「香りがとてもよく、選抜段階で胸ポケットにずっと挿していました。幸せの香りりです。」
*New Roses vol.27 武内俊介さん、木村卓功さん対談より

Kaoruno フロリバンダ
2008年 京成バラ園芸 日本

桃香

説明は本文に記載

外側の花弁が濃いピンク色になります。

ティー、フルーティに香料ゼラニウムの甘さと柑橘のフレッシュな酸味を伴った上品で調和の良い優れた香り。

2009年越後国際コンクール金賞受賞、他受賞。

Momoka ハイブリッドティー
2003年 京成バラ園芸 日本

夢香

青みを帯びたピンク色のカップ咲きのバラ

甘い香りが魅力のバラです。

フルーティな甘さにレモンの爽やかさのある華やかで調和のよい香り。

2004年JRC金賞受賞、香り部門金賞受賞、2007年越後国際コンクール銅賞受賞、他。

Yumeka フロリバンダ
2007年 京成バラ園芸 日本

金蓮歩

説明は本文に記載

黄色の波打つ花弁がブーケのように5~30輪の房咲きとなり、次々と咲きます。

花名は、中国の故事より「美人のあでやかな歩み」を意味します。

2006年第6回ぎふ国際ローズコンテスト金賞、他5賞受賞。

Kinrenpo フロリバンダ
2007年 武内俊介 日本

はまみらい

サーモンピンクの大輪のバラ

はまみらいは、市の花がバラである横浜市が開港150周年記念として選んだばら。

名称は、公募にて、選ばれました。

明るいサーモンピンクの大輪種(直径約14センチ前後)で、やや酸味のある芳香が特徴です。

Hamamirai ハイブリッドティ
2006年 京成バラ園芸(竹内俊介 ) 日本

恋結び

説明は本文に記載

koimusubi ハイブリッドティー
2017年 武内俊介 日本

ピンク色の丸弁高芯咲き、ボリュームのある花。

説明は本文に記載

満開になっても花芯を見せずに、中心部分は柔らかくほどけていきます

日本のノイバラの香り(スパイシーな香り)がフルーティーな香りに混じる強香品種。

花名は、まだ見ぬ人を恋する心を歌う和歌に因みます。

しのぶれど

説明は本文に記載

Shinoburedo フロリバンダ
2006年 武内俊介 日本

青みを帯びた淡い藤色の花。ブルーの香り。

花名は平兼盛の和歌、「しのぶれど 色に出でけり わが恋は」の中のしのぶ恋心をイメージ。

|

« 一重のバラ | トップページ | 寺西菊雄氏作出のバラ »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

昨日、早速ばら苑に行きました。
前日の日記で開花率3割とのことでしたが
とてもたくさんの薔薇が既に咲いていて、とても
見ごたえあって良かったです。
薫乃、優しい香りでとても綺麗な薔薇ですね。
まだ咲いていないようでしたがボレロも
フルーティーな香りでお花の形も好きなので
大好きな薔薇ですね。


今日は両親も行って綺麗で良かった、
と言っていました。

私はまた、春の開苑期間中にもう1度くらい
行きたいと思っています…。

投稿: ゆうき | 2022年5月 8日 (日) 17:56

ゆうき様
コメントありがとうございます。
暖かい日が続き、日に日に開花が進んでいます。
今年、植栽されたニューフェースも香りのよいバラが多いです。ブログでも紹介いたしますので、お楽しみに!
ボレロの見ごろまでは、まだ日数がかかりそうですので、ぜひ、公開期間中、もう一度、おいでください。

投稿: 管理人ナツメ | 2022年5月 9日 (月) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一重のバラ | トップページ | 寺西菊雄氏作出のバラ »