« 植栽2年目の花壇 | トップページ | 春の公開期間は、明日(5月22日)まで »

2022年5月20日 (金)

病気に強いバラ

車でお越しの方へ

駐車場を縮小しています。

階段周辺の混雑を回避するため、もみじ谷駐車場は閉鎖し、臨時駐車場(約60台/1回500円)のみ駐車が可能です。

公開中の土日祝日は、駐車場及び周辺道路が大変混雑します。満車時は駐車をお断りすることもありますので、ご了承ください。

例年よりも駐車収容台数が減っていますので、できる限り公共交通機関でのご利用をお願い致します。


病気に強いバラ

開花状況 見ごろ。

ご家庭で、バラを育てるうえで、気になるのが農薬散布。
2005年 世界バラ会連合世界大会では、バラの耐病性について深く論議されました。
この年以降、世界中で、無農薬で育てられるバラに注目が集まっています。
特にドイツ・フランスでは、公園などの公共施設では農薬散布が禁止されています。
そのため、病気に強いばらが、非常に望まれていました。
その後、耐病性に優れたバラが、作出されてきました。
その中でも、特に病気に強いバラのシリーズを2種、紹介します。

「ノックアウトファミリー」

黄色やピンクのバラの「ノックアウトファミリー」がある花壇

ノックアウト

このあと本文で説明

ローズ色を帯びた赤色の半八重、丸弁平咲き。

Knock Out フロリバンダ
2000年 Radler アメリカ

2018年 コペンハーゲン大会(デンマーク)にて殿堂入りしたばらです。

サニー ノック アウト

このあと本文で説明

Sunny Knock Out シュラブ
2006年 Radler アメリカ

明るい黄色の花。

咲き進むとクリーム色に褪色し、黄色と白のグラデーションが楽しめます。

ノックアウトシリーズの中では、比較的香りが楽しめるバラです。

ティーの香り。

ピンクダブルノックアウト

このあと本文で説明

Pink Double Knock Out シュラブ
2005年 Radler アメリカ

花弁数が多いローズピンクの花色。
ダブルノックアウトの枝変わり。

「ボニカ®」シリーズ

減農薬栽培が可能で、セルフクリーニング(離弁性)があるので、
花柄摘みや切り戻しを行わなくても、終わった花のすぐ下から花芽を伸ばして、連続開花します。
たいへん、手のかからないバラです。

チェリーボニカ

このあと本文で説明

大きなサクランボを思わせるような、ローズレッドの可愛らしいカップ咲きの花。

Cherry Bonica
2013年 メイアン フランス

バニラボニカ

このあと本文で説明

丸弁平咲き、アイボリー色のバラ。

Vanilla Bonica
2006年 メイアン フランス

スカーレット ボニカ

このあと本文で説明

丸弁平咲きの赤バラ。

Scarlet Bonica
2015 年 メイアン フランス

|

« 植栽2年目の花壇 | トップページ | 春の公開期間は、明日(5月22日)まで »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

5/21ようやく時間が取れ、小雨のぱらつく中、朝一で伺わせていただきました。大好きなパーゴラも、十六夜も最良のタイミングで見ることが出来た上に、雨に濡れたバラの花びらが味わい深く、苑内のバラの花も正に盛り。十二分に堪能させていただきました。ありがとうございました!!!秋の開苑も楽しみにしています!

投稿: Miyuu | 2022年5月21日 (土) 11:38

Miyuu様
すごい雨降りとなった時間もありましたが、大丈夫だったでしょうか?
今年は、少し開花が遅く、伊豆の踊子などは、見ごろまでもうすこしです。お好きなバラが見ごろでよかったです。
ぜひ、秋の公開期間も足をお運びください。

投稿: 管理人ナツメ | 2022年5月22日 (日) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 植栽2年目の花壇 | トップページ | 春の公開期間は、明日(5月22日)まで »