« バラの花色 | トップページ | 白バラ »

2019年11月 4日 (月)

アーリーモダンローズ

見ごろのばら苑。
春に比べ、花数は少ないものの、朝晩の気温の低下で、素晴らしい色合いの花がお楽しみいただけます。

<アーリーモダンローズ~モダンローズへ>
生田緑地バラ苑は、2002年に向ヶ丘遊園から川崎市が引き継いだものです。
既存品種の保存を大前提に管理してきました。
その甲斐あって、アーリーモダンローズの宝庫です。

アーリーモダンローズとは?
ハイブリットティー第1号「ラ フランス」の登場する1867年から50年ほどの間に作出された木立性のバラの総称です。

オールドローズからモダンローズへと続く歴史の中にアーリーモダンローズは重要な役割を果たしています。
モダンローズへと大きく変わった歴史の証人のような個性豊かなバラたちです。
裏門近く、バラのアーチのある花壇にたくさん植栽しています。

<マダム メラニー スペール>
Img_73281 Madame Melanie Soupert  ハイブリッドティー
1905年   Joseph Pernet-Ducher. フランス

<マグレディー ピンク>
Img_73351 McGredy's Pink ハイブリッドティー
1936年 マグレディ イギリス

マグレディのアイルランド時代のバラ
*咲き始めにはハイブリッドティーらしい形ですが、咲き進むとオールドローズのような形になります。見事なロゼット咲き。

<マーガレット マグレディ>
Img_73491
Margaret McGredy ハイブリッドティー
1927年 マグレデイ イギリス
20世紀の名花「ピース」の親として有名な品種

<オフェリア>
Img_72931 Ophelia  ハイブリッドティー
1912年  ポール イギリス

<マダム エドゥアール エリオ >
Img_73331 Mme Edouard Herriot  ハイブリッドティー 
1913年  Joseph Pernet-Ducher フランス

<スールテレーゼ>
Img_73471 Soeur Thérèse
1931年 Francis Gillot フランス

剣弁咲きですが、花弁数25枚と少なく、二重のような印象になります。
ゴールデンイエローに紅色が差し、秋ならではの色合いです。

<芳醇>
現代バラ 芳醇は、スールテレーゼの末裔
こちらも見ごろ!
Img_71231
芳醇
Hoh-Jun HT   
1981年 鈴木省三 日本
Img_73521
清々しく気品あるダマスク・クラシックの香り。

|

« バラの花色 | トップページ | 白バラ »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラの花色 | トップページ | 白バラ »