« ブルーの香り | トップページ | イングリッシュローズコーナー »

2019年5月17日 (金)

花弁の模様と色彩

<花弁の模様と色彩>
開花状況:見ごろ(7〜8分咲き)Img_4861-2
母子像の周りを取り囲む見ごろのバラ

母子像製作は多摩美術大学教授早川巍一郎氏。

バラの花は、単色に見えるものもありますが、花弁に模様が入ったり微妙な色彩を放つものもあります。

<複色>
複色とは、表弁の色と裏弁の色が異なるもの(バイカラー)

<レディ マリー フィッツウィリアム>
Img_5046-2
表は薄いピンク色、裏は濃いピンク色

Lady Mary Fitzwilliam HT
1882年 ベネット イギリス

ハイブリッドティー第一号のラ・フランスは、実を結ばず、ほとんど子孫を残せませんでした。
そのため、次世代へのマザーローズとなったのが、このばら。

「ロード オブ ハイブリッドティー」と呼ばれ、ほとんどのハイブリッドティーがこの品種につながります。

現代ばらの「ピース」も、この品種の子孫です。

<ベル・エッポック>
Img_4362-2
表は黄色 裏はチョコレート色

Bell Epoque ハイブリッドティー
1994年 Gareth Fryer イギリス

<覆輪>
覆輪とは、異なる色で、花弁が縁取られるもの 
    
<ベティ ブープ>
Img_5005-2
Betty Boop フロリバンダ
1999年 カルース アメリカ

<あけぼの>
Img_4399-2_1
クリーム色にピンクの縁取り
Akebono HT
1964年 河合 慎一

<絞り>
<ハンキー パンキー>
Img_4997-2
クリーム地に赤・オレンジの絞り
Hanky Panky F
2000年 カルース イギリス 
別名 City of Carlsbad

2008年に植栽。11年目を迎えます。

<バリエガータ ディ ボローニャ>
Img_4244-2
白地に紫がかった赤のストライプ。椿でいえば、縦絞。
花弁は70+40枚。つぼみのころから花弁の多さをうかがわせます。

Variegata di Bologna ブルボン
1909年 Bonfiglioli イタリア

<テナシャス>
Img_4371-2
今年は、黄色地にオレンジ色の絞りが見事に入りました。

Tenacious F
2002年 マグレディ ニュージーランド

<稲田中学校「チアダンス部」演舞のおしらせ>

明日は、川崎市立稲田中学校のチアダンス部のみなさんが、ばら苑の芝生広場にて、演舞を披露してくれます!

出演スケジュール♪
5月18日(土曜)

稲田中学校 チアダンス部(演舞)10時30分~10時50分

天候により中止になる場合があります。

場所:ばら苑内芝生広場

お楽しみに!




|

« ブルーの香り | トップページ | イングリッシュローズコーナー »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルーの香り | トップページ | イングリッシュローズコーナー »