« つるバラ | トップページ | 花弁の模様と色彩 »

2019年5月16日 (木)

ブルーの香り

春のバラは、一斉開花といわれますが、品種によって大きな差があります。

開花状況:6分咲き

大輪四季咲き品種の多くは、見ごろを迎えていますが、イングリッシュローズはもうしばらくかかりそうです。

<ブルーの香り>
晴れた空のような青いばらは、存在しませんが、紫色から赤紫色のばらを青いばらと呼んでいます。

青ばら系の品種は、独特な香りを持っています。
芳純な甘い香りの中に木のような香りが混ざる、ダマスク・モダンの香りとティーの香りが混在した独特な香り

いろいろな表現方法がありますが、香りを嗅ぐとなるほどブルーの香りと納得していただけることでしょう。

花壇の中に入らなければ、ばらの香りを楽しむことはOKです。

ばらの茎にそっと手を添えてお楽しみください。

香り立ちが低い場合は、手で花の周りをそっと包んで温めて嗅ぐとよいそうです。

<ブルームーン>
Img_5026-3
多くの花をつけたブルームーン。
側蕾をとらずに咲かせると花は小さくなりますが、また違った楽しみ方ができますよ。
Img_4956-2
Blue Moon HT
1964年 Tantau ドイツ

<トワイス インナ ブルームーン>
Img_4356-2
Twice In A Blue Moon HT
2003年 Tantau ドイツ

Twice in a blue moon 物事がめったに起きないこと 特別。
タンタウが、ブルームーンを1964年に発売してから約40年後に作出したバラ

ブルームーンを超える「特別」になれるでしょうか?

<ブルー・フォー・ユー>
Img_4962-2
青紫色の美しい花
春は、ふわりとした感じで咲き、秋には、青みがさえわたります。
Blue For You  F
2006年 ジェームス イギリス 

<ブルーリボン>
Img_4574-2
Blue Ribbon  HT
1984年 Christensen アメリカ 


<ニューウェーブ>
Img_4930
紫色をまとった淡いグレーピンクのバラ
New Wave  HT
2000年 寺西菊雄 日本

<ライラック タイム>
Img_4239-3
Lilac Time HT
1956年 マグレディ イギリス
初期の紫色のバラ

皆様のお越しをお待ちしております!

 

|

« つるバラ | トップページ | 花弁の模様と色彩 »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つるバラ | トップページ | 花弁の模様と色彩 »