« イングリッシュローズガーデン | トップページ | ピエール ドゥ ロンサール »

2018年5月12日 (土)

ブルームーン

見頃を迎えたばら苑。

お客様で賑わうばら苑の様子

たくさんの来苑者で賑わい、駐車場も満車状態が続きました。

公開中の土日祝日は、駐車場及び周辺道路が大変混雑します。道路での空車待ちはできませんので、公共交通機関のご利用にご協力お願いします。満車時は駐車をお断りすることもありますので、ご了承ください。

ばら苑コンサートが開催されました。

ご出演は「吉野悟 JAZZ TORIO」

バラをバックに演奏する「吉野悟 JAZZ TORIO」

どなたにも親しみを持てるようなジャズナンバーをチョイスいただき、心地よい歌声と演奏がばら苑を包みました。

生田緑地ばら苑に因んで、ジャズのスタンダードナンバー「ブルームーン」は、儚げな曲でばらの花にぴったりでした。

<ブルームーン>

青みがかったバラ「ブルームーン」
Blue moon ハイブリッドティー
1964年 タンタウ ドイツ

多くの花をつけたブルームーン。今年はいつもとイメージが違います。

この品種は、ハイブリッドティー(四季咲き大輪)の系統なので、基本的には一茎に一花に仕立てます。

側蕾をとらずに咲かせると花は小さくなりますが、また違った楽しみ方ができますよ。ブルーの香りがとても素晴らしいです。

<ライラックタイム>

紫色のばら「ライラック・タイム」
Lilac Time ハイブリッドティー
1956年 マグレディ イギリス

初期の紫色のばら。

<5月13日 日曜日のイベント>

ばら苑コンサート

TSUBO-KEN Solo(ジャズ演奏)
10時50分~11時30分
12時10分~12時50分
会場:ばら苑内の芝生広場
天候により屋内または中止になる場合があります。

バラに関する講習会

テーマ:楽しいバラづくり
講師:西尾穣司先生(日本ばら会、町田ばら会会長)
時間:午後1時~午後3時
会場:ばら苑内「ローズガーデンハウス」
定員:40名(現地先着)
費用:無料

|

« イングリッシュローズガーデン | トップページ | ピエール ドゥ ロンサール »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/66712050

この記事へのトラックバック一覧です: ブルームーン:

« イングリッシュローズガーデン | トップページ | ピエール ドゥ ロンサール »