« 2018年4月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年5月

2018年5月27日 (日)

次回、秋の公開期間は10月中旬を予定しています

の公開期間は5月27日(日曜)にて終了させて頂きました。ご来場ありがとうございました。

次回、の公開期間は平成30年10月中旬を予定しております。日程が決まり次第お知らせ致します。

Logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のばら苑 最終日です!

本日で春のばら苑公開は終了となります。

たくさんの方々にアクセスいただきありがとうございました。

秋の開苑については、いち早くご紹介していきますので時々HPを訪ねてくださいね。

ご来苑いただいた方々・ブログを訪問してくださった方々、本当にありがとうございました。

暑い日が続き、二番花が開花してきました。

皆さんにご覧いただけないのが残念です。

香りの良いバラです。

<ヨハネ パウロ 2世>

白いバラ「ヨハネ パウロ 2世」

2008年作出 J&P アメリカ

フルーティーな香り。

二番花にもかかわらず、香り・花弁数ともに優秀です。

<ダブルデライト>

クリーム色に赤い縁のバラ「デイライト」

1977年作出 スイム アメリカ

フルーティーな香り。

この2種は、四季咲き性で秋にもよく咲きます。

どうぞ、秋の開苑をお楽しみに!!

<バラに関する講習会開催>

今井宣代先生の「失敗しないバラ栽培」の講習会が開催されました。

今井宣代先生の講習会の様子

栽培方法・病害虫対策など、初心者にのわかりやすい講習でした。

秋にも講習会が開催される予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

稲田中学校チアダンス部

生田緑地ばら苑は、5月27日日曜日が最終日です。

明日は、ばら苑で楽しい日曜日をお過ごしください。

<川崎市立稲田中学校チアダンス部>

芝生広場は、チアダンスで盛り上がりました。

ばら苑からほど近い多摩区にある中学校の皆さんです。

2017年度第5回大会全日本ダンスコンクール(東日本大会)で見事、銀賞を受賞。活発な活動を続けているチームです。

稲田中学校チアダンス部の演舞

きびきびとした動きは、中学生らしいかわいらしさと力強さを感じました。

芝生広場でのチアダンス

薔薇の花とあいまって、華やかな公演となりました。

別のチームのみなさんの演舞

中学生の皆さんに負けない元気な薔薇をご紹介します。

耐病性抜群な品種。

<ホーム & ガーデン>

Img_1607

ピンク色の花が一枝にぎっしりとつきます。

2001年作出 ドイツ コルデス

<ハマナシ黄八重(トパーズジュエル)>

Img_1642

ハマナスの血を引くこの品種は、耐寒性に優れる強健種。

1987年作出 ムーア アメリカ

<5月27日バラに関する講習会のお知らせ>

テーマ:失敗しないバラ栽培
講師:今井 宣代 先生(日本ばら会理事)
時間:午後1時~午後3時
会場:ばら苑内「ローズガーデンハウス」
定員:40名(現地先着)
費用:無料

今井先生は、国際バラとガーデニングショウ バラ切り花部門・バラ鉢植え部門の審査員など幅広い活動をしている方です。是非、ご聴講ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

マーメイド

開苑も残すところ、あと2日。

いつもは、開花していない珍しいバラに会えます。

<マーメイド>

薄黄色の一重咲きのバラ「マーメイド」

夏バラとも言われている「マーメイド」。今年は、よく咲いています。

曇りや雨の日には花が閉じてしまいます。今週末はお天気も安定しているようなので是非ご来苑ください。

マーメイドは、珍しい沖縄原生のカカヤンバラ(ロサ ブラクテアータ)の交配種。ブラクテアータは包葉の意味。

マーメイドの苞葉

こどものマーメイドも可愛い包葉があります。

この包葉が、マーメイドのしっぽに見えたのでしょうか?

マーメイドの一片の花びら

「マーメイド」は、画家のクロード・モネが愛したバラと言われ、パリ郊外にあるジベルニー村のモネの家には、2階の窓辺を囲む姿が見られます。

窓から眺めるバラは、どんなに素敵だったでしょう。

晩年のモネは、睡蓮同様に日本の面影のある「マーメイド」を愛してくれていたのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

十六夜薔薇

生田緑地ばら苑の春の公開期間は、5月27日(日曜)までです。

週末のイベントは、26日(土曜)に「ばら苑コンサート」として稲田中学校チアダンス部の演舞が10時30分から行われます。27日(日曜)には「バラに関する講習会」が午後1時から開催されます。

緑豊かなばら苑に遊びに来てください。

<十六夜薔薇>

イザヨイバラと読みます。

十五夜の翌日が十六夜になります。

満月から1日たち、月が少し欠けた状態。

イザヨイバラ

イザヨイバラは、花の一部が欠けます。

この花の形を十六夜の月に見立て命名されました。

「いざよい」はためらう意味があるそうです。

十六夜の月は、満月より月の出が遅いために、月がためらっていると表現した言葉。

満ち足りたものが欠ける・ためらうなど日本語の奥深い表現を感じさせられます。

イザヨイバラの蕾

とげに覆われた蕾が特徴的です。

蕾はたくさんできますが、かなり咲かずに落ちてしまいます。

幹は、年月がたつと白くなり独特の雰囲気もち、江戸時代、盆栽用として珍重されたそうです。

ひょっとしたら、花より幹や蕾を愛でていたのかもしれません。

ばらの楽しみを花だけに限定するのではなく、もっと違った視点で楽しんでください。

<サンショウバラ>

サンショウバラの白い花

5月6日撮影のサンショウバラ。

今年は開花が早く、来苑者の方々には、お楽しみいただけなかったので、写真だけ。

イザヨイバラよりずっと大きくなるサンショウバラ。

白くなった幹ととげとげ蕾が、イザヨイバラに似ています。

イザヨイバラは、サンショウバラの交雑種とも言われています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

テリハノイバラのこどもたち

午後には雨となったばら苑

静かに降る雨にゆったりとした時間が流れます。

<テリハノイバラのこどもたち>

日本の原種 テリハノイバラ。

海外に渡り、多くのランブラーローズの交配親となりました。

樹形は、テリハノイバラの特徴を受け継ぎ横へ伸びるタイプが多く、下に垂らしても多くの花をつけます。

病気にも強く、育てやすいといえるでしょう。

<ドロシーパーキンス>

ドロシーパーキンス

濃ピンク色のポンポン咲きの花。

ドロシーパーキンスの遠景

耐寒性があり北側や半日蔭でも丈夫に育育ちます。

ばら苑では、桜の木の下に植栽されています。

<ピンクスプレー>

ピンクスプレー

中心が白く抜けるピンク色小花。

ウィーピングスタンダード仕立ての「ピンクスプレー」

ウィーピングスタンダード仕立てにしても、素敵です。

皆様のご来苑をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

ハニー キャラメル

少し気温が高いものの、青空が広がる気持ちの良いばら苑。

明日は、気温も下がり過ごしやすい日になりそうです。

ばら苑、芝生広場の隣に房咲き品種を集めたばらの丘があります。

細い小道を歩けば、ばらの花に埋もれたみたいです。

<ハニー キャラメル>

ハニー キャラメル

こっくりとしたオレンジ色のバラ。

カップ咲きの花は、よく伸びた枝に、コロコロと房咲きとなります。

硬質な花びらは、雨にも強くとても長く花が楽しめます。

遅咲きの品種で、いつも春の開苑時には、花がチラホラ。

今年はたくさんの花を観賞いただけます。

<ジャルダン ドゥ フランス>

ジャルダン ドゥ フランス

お日様の光に輝くような蛍光ピンクな花色。

見事な房咲きとなり、おしゃれなばら。

<ブライダルティアラ>

ブライダルティアラ

ブライダルティアラは、1本の茎から葉を伴う茎がたくさん出て、1つの枝に1つの花を咲かせる単花咲きです。

単花咲きの様子

今年は、なんだか蕾がいっぱい。

しかし、一般のフロリバンダとは、花の付き方が違います。

閉園まで、残すところあと5日、春のばら苑をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

ニュードーン

大混雑の週末が過ぎ、穏やかに過ごせるばら苑です。

大輪咲きのばらが見頃を過ぎてきましたが、房咲き品種は元気に咲いています。

<ニュードーン>

薄いピンクのつるバラ「ニュードーン」

第11回 1997年 ベネルクス3国大会で、殿堂入りをはたしたばら。

世界ばら会連合世界大会で3年に1度、会議によって選ばれる賞です。

世界中、どんな環境にも適応でき、栽培しやすい美しいばらが選ばれます。

つるばらは一季咲きが多い中、「ニュードーン」は繰り返し咲き。

棚仕立ての「ニュードーン」

しなやかな枝は、ポール仕立てはもちろんのこと、上の写真のように棚仕立てにしても花付きが抜群にいいです。

生田緑地ばら苑ならではの棚仕立て、フォトスポットとしてご利用ください。

ピンク色のばらに囲まれて、素敵な記念写真を。

ばら苑の公開期間は5月27日日曜まで、平日は、ゆっくりばらをお楽しみいただけます。

皆様のご来苑をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

伊豆の踊子

<伊豆の踊子>

黄色いバラ「伊豆の踊子」

2001年、メイアン作出のばら。

毎年ブログでは閉苑間近にご紹介する遅咲き品種のばらですが、見頃となってきました。

ファンの皆様、お早めにご来苑くださいね。

「伊豆の踊子」がばら苑に植栽されて10年がたちます。

充実した株は見事なロゼット咲きの花を咲かせ、褪色したクリームイエローの花も柔らかさを添えるポイントになっています。

<ばら苑コンサート>

快晴の中、2組のサックス演奏です。

ともに、昭和音楽大学の学生さん。

Leblanc Saxophone Quartet(ルブラン サクソフォン カルテット)

Leblanc Saxophone Quartet(ルブラン サクソフォン カルテット)

こどもたちにも人気のディズニー映画音楽などなじみのある曲を選曲。

なかなか知り得ない楽器の説明を楽しくお話いただきました。

Campid'oro Saxophone Quartet(カンピドーロ サクソフォン カルテット)

Campid'oro Saxophone Quartet(カンピドーロ サクソフォン カルテット)

今回で5回目のご出演。

クラシックを主に専攻している方々ですが、クラシックのジャズアレンジ曲や来苑者がかけ声で参加できる曲など楽しい演出。

2組の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

ばら苑コンサートは、5月26日土曜「稲田中学校 チアダンス部」演舞(午前10時30分〜)が春の最終ステージとなります。

<バラに関する講習会>

大倉茂先生「バラのやさしい育て方」

大倉茂先生「バラのやさしい育て方」の様子

講習会は、熱心な来苑者で、満席です。

初心者に向けた栽培方法だけで無く、景観を楽しむ鉢栽培についてもお話いただき、大倉先生の自由な発想に共感を持たれた方も多いのではないでしょうか?

今後のバラに関する講習会は、27日(日曜)に今井宣代先生の「失敗しないバラ栽培」(午後1時〜3時)が予定されています。

秋にも講習会が予定されています。

お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

生田緑地ばら苑 60周年記念コンサート

雨が心配されたばら苑ですが、朝からお天気に恵まれました。

時々曇り空となり、清々しい風が吹きました。

まだまだ、見頃のばらもたくさんありますよ。

バレリーナ

スタンダード仕立てのバレリーナ
ボランティアが接ぎ木をしてから5年がたちます。

秋には、真っ赤な実を楽しませてくれるばらです。

<60周年記念コンサート>

川崎市にご縁のある4組の出演者が、素晴らしい音楽を聴かせてくださいました。

<如月愛里さん>

如月愛里さん

<伊藤さくらさん>

伊藤さくらさん

<近藤真由さん>

近藤真由さん

<ジャムスタンマジック>

ジャムスタンマジックのお二人

個性あふれる音楽に来苑者も惜しみない拍手を送っていました。

<明日 5月20日日曜 イベント情報>

ばら苑コンサート
  • 11時~11時40分 Leblanc Saxophone Quartet(サックス演奏)
  • 12時30分~13時10分 Campid'oro Saxophone Quartet(サックス演奏)
  • 会場:ばら苑内の芝生広場(天候により屋内または中止になる場合があります。)
バラに関する講習会
  • テーマ:バラのやさしい育て方
  • 講師:大倉茂先生(日本ばら会理事、生田緑地ばら苑講師)
  • 時間:午後1時30分~午後3時30分
  • 会場:ばら苑内「ローズガーデンハウス」
  • 定員:40名(現地先着)
  • 費用:無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

モンスターローズ

入り口からばら苑内を望むと、一番に目に飛び込んでくるバーゴラをぎっしりと埋め尽くすばら。

バーゴラをぎっしりと埋め尽くすバラを上から眺める

原種に近いランブラーなどが、5メートル以上も伸び優雅に咲き誇っています。

バーゴラ下を歩くと、ばらの花びらが風に吹かれてひらひらと舞い落ちて来ます。

小さな子供たちが両手をあげて降り注ぐ花びらとおいかけっこ。

癒やされるひとときです。

<ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー>

ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー

桜を思わせるような3センチほどの花。

可憐な花に似合わず、樹勢は強く、頑丈なトゲを持ちます。

「暴れん坊」とご家庭で育てることを敬遠されがちですが、広いばら苑では、個性を見事に発揮しています。

<アルバータイン>(アルベルティーヌ)

アルバータイン(アルベルティーヌ)

9センチほどの花が枝いっぱいに咲きます。

ひとつひとつの花も見応えがありますよ。


<生田緑地ばら苑 60周年記念コンサート>

明日、60周年記念コンサートが開催されます。

  • 11時30分~:如月愛里
  • 12時30分~:伊藤さくら
  • 14時30分~:近藤真由
  • 15時30分~:ジャムスタンマジック

ばらとポップな音楽に囲まれた楽しいひとときをお楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生田緑地ばら苑 60周年記念コンサート 出演時間変更のお知らせ

生田緑地ばら苑 60周年記念コンサート

<出演時間変更のお知らせ>

開催日:平成30年5月19日土曜

  1. 如月愛里:11時30分~14時30分から変更)
  2. 伊藤さくら:12時30分~
  3. 近藤真由:14時30分~11時30分から変更)
  4. ジャムスタンマジック:15時30分~

出演者のプロフィール等は、生田緑地ばら苑 60周年記念コンサートのページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

アイスバーグ

生田緑地ばら苑は、今年、60周年を迎えました。

昭和33年(1958年)、小田急向ヶ丘遊園ばら苑として開設。

その後閉園に伴い、存続を求める多くの市民の声に応え、2002年川崎市が引き継ぎました。

ばら苑開設には、3年ほど早く開園していたひらかた園芸(大阪市枚方市)のご協力があったとお伺いしています。

そのご縁でか岡本勘治郎氏の朱雀・加茂・金閣など昭和40年~50年代のばらも苑内には植栽されています。

<アイスバーグ>

アイスバーグ

真っ白に株を埋め尽くすアイスバーグ

ばら苑開設の年に、作出されたばら。

世界バラ会殿堂入りの品種で、60年間、愛され続けているばらです。

アイスバーグとは、氷山の意味。

暑かったばら苑ですが、アイスバーグの周りは、なんだか清々しい風が吹いているようです。

古木のアイスバーグ

上の写真は古木となったアイスバーグ

すべてのばらが、このように幹を太くする訳ではありませんが、こんな古木を見るとばらは木だと言うことがよくわかりますね。


5月19日土曜、11時30分から、60周年記念コンサートが開催されます。お楽しみに!

皆様のご来苑をお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

花いっぱいのつるばら

最高気温が28度近くとなったばら苑

春とは思えぬ暑さが明日も続きそうです。

今日は花をたくさんつけるつるばらをご紹介します。

<サイレンス イズ ゴールデンとペレニアルブルー>

サイレンス イズ ゴールデンとペレニアルブルー

オレンジ色のサイレンス イズ ゴールデンと中心に白色を差す濃い紫のペレニアルブルー

裏門近くの受付には、棚を囲むようにばらが植栽されています。日陰を作って涼しげな趣き。

<つるオフェーリア>

つるオフェーリア

オフェーリアの枝変わり。半剣弁高芯咲きで香りの素晴らしいばらです。

大きめな花ですが、可憐な花は、名前のイメージにぴったりです。

垣根仕立てに楽しんでも、飽きの来ないばらといえるでしょう。

<サマースノー>

サマースノー

中輪で、トゲが少なく、下から上までびっしりと花をつけるばら。

時々、ピンク色の枝変わりが出ることもあります。

一季咲きなので、春ならではのお楽しみです。


ハイブリッドティー(大輪四季咲き)種は、見頃を過ぎたものも多くなりましたが、まだまだ、たくさんの品種をお楽しみいただけます。

明日も暑そうです。

熱中症対策、万全で、お越しくださいますようお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

フロリバンダローズ

見頃を迎えているばら苑ですが、例年に比べ開花は早く、見頃を過ぎた大輪のばらも出てきました。

フロリバンダローズ(中輪房咲き)は、株を埋め尽くすほどに見事に咲いています。

<トルナード>

バラ「トルナード」

オレンジ色を帯びた赤いばら。

一本の茎から10数輪の花を咲かせます。

太陽の光を浴びて、輝いて見えます。

<いわての春>

薄いピンク色のバラ「いわての春」

今年ばら苑デビュー。日本の育種家、吉池卓蔵作出のバラです。

耐病性に優れ、やさしげな薄いピンク色の花びらは雨に大変強いです。

<レオナルド ダ ビンチ>

濃いピンクのバラ「レオナルド ダ ビンチ」

つるばらと思うほど樹高の高くなる品種です。この品種もフロリバンダです。

日本では、シュラブやつるばらのような仕立てで楽しめます。

フロリバンダの系統でも、樹形が一定ではないので、ネームプレートの系統を確かめながら鑑賞しては、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

オールドローズ 殿堂入りのばら

気温も上がりいいお天気となったばら苑ですが、午後には風が強くなり、写真を撮る方々はお困りになられたのでは?

風のある日は、揺れるばらに翻弄されてしまいますね。

<オールドローズ 殿堂入りのばら>

オールドローズにも殿堂入りのばらがあるのをご存じですか?

世界バラ会連合が、3年に一回開催する世界バラ会議において選出します。

オールドローズの場合、歴史的または系統的に重要で、長年にわたって絶えず人気を博してきたバラが殿堂入りを果たしています。現在11品種が選ばれています。

今年の6月には、デンマークのコペンハーゲンで世界バラ会連合世界大会が開催されます。どんなばらが選ばれるのでしょう。

裏門近くのオールドローズガーデンに10品種・バーゴラに1品種植栽されています。

<ロサ ムンディ>

ピンクの斑入りのバラ「ロサ ムンディ」

ロサ ガリカ オキフィナリスの枝変わり。

「ロサ ムンディ」のネームプレートには「2009年殿堂入り」と記載されている

ネームプレートの殿堂入りのマークが目印です。是非、探してみてくださいね。

<オールド ブラッシュ>

次々と咲くピンクのバラ「オールド ブラッシュ」

中国からヨーロッパに四季咲き性をもたらすために渡った貴重な品種。ノワゼット系・ブルボン系の親となったばらです。開花が早く、先に進むと色濃くなって行きます。

<ロサ ガリカ オキフィナリス>

香りが強い濃いピンクのバラ「ロサ ガリカ オキフィナリス」

香料薬用に使われてきたばら。ダマスクの香りが素晴らしいです。

<マダム アルディー>

ピュアホワイトなカップ咲きのバラ「マダム アルディー」

グリーンアイがチャームポイント。香りも素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

ピエール ドゥ ロンサール

春ならではのつるばらが見頃を迎えています。

<ピエール ドゥ ロンサール>

Img_0945
Pierre de Ronsard ラージフラワードクライマー
1985年 メイアン フランス

非常に人気の高いピエール ドゥ ロンサール。

Img_0905

中心のピンク色から外側の白色へ、グラデーションがきれいなばらです。

2006年、世界ばら会連合 バラの栄誉殿堂入りをした世界の人々に愛されるばら。樹高も高く、がっしりとした株立ちになるので、ご家庭で育てることをためらわれるかもしれませんね。

昨日開催された「ばらに関する講習会」に、講師大倉先生が、見事な鉢植えのピエール ドゥ ロンサールをお持ちくださいました。

Img_0835

剪定方法によっては、つる仕立てのせず、樹高を低く保ち開花させることが可能だそうです。皆様も、挑戦してみてはいかがでしょうか?

大倉先生の講習会は、5月20日の日曜日にも開催されます。皆様の聴講をお待ちしています。

また、ピエール ドゥ ロンサールの枝変わりに、ブラン ピエール ドゥ ロンサールがあります。

ブランは、フランス語で「白」を意味します。

Img_0917
Blanc Pierre de Ronsard ラージフラワードクライマー
2005年 メイアン フランス

<本日のばら苑コンサート>

つぼけんさんのジャズコンサートが開催されました。

Image001_1

あいにくのお天気で、2回目のステージは中止となり残念でした。曇り空の中、ゆったりと流れるジャズの演奏に、皆様、気持ちの良い時間を過ごせたことと思います。

秋の開苑の際もご出演、よろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

ブルームーン

見頃を迎えたばら苑。

お客様で賑わうばら苑の様子

たくさんの来苑者で賑わい、駐車場も満車状態が続きました。

公開中の土日祝日は、駐車場及び周辺道路が大変混雑します。道路での空車待ちはできませんので、公共交通機関のご利用にご協力お願いします。満車時は駐車をお断りすることもありますので、ご了承ください。

ばら苑コンサートが開催されました。

ご出演は「吉野悟 JAZZ TORIO」

バラをバックに演奏する「吉野悟 JAZZ TORIO」

どなたにも親しみを持てるようなジャズナンバーをチョイスいただき、心地よい歌声と演奏がばら苑を包みました。

生田緑地ばら苑に因んで、ジャズのスタンダードナンバー「ブルームーン」は、儚げな曲でばらの花にぴったりでした。

<ブルームーン>

青みがかったバラ「ブルームーン」
Blue moon ハイブリッドティー
1964年 タンタウ ドイツ

多くの花をつけたブルームーン。今年はいつもとイメージが違います。

この品種は、ハイブリッドティー(四季咲き大輪)の系統なので、基本的には一茎に一花に仕立てます。

側蕾をとらずに咲かせると花は小さくなりますが、また違った楽しみ方ができますよ。ブルーの香りがとても素晴らしいです。

<ライラックタイム>

紫色のばら「ライラック・タイム」
Lilac Time ハイブリッドティー
1956年 マグレディ イギリス

初期の紫色のばら。

<5月13日 日曜日のイベント>

ばら苑コンサート

TSUBO-KEN Solo(ジャズ演奏)
10時50分~11時30分
12時10分~12時50分
会場:ばら苑内の芝生広場
天候により屋内または中止になる場合があります。

バラに関する講習会

テーマ:楽しいバラづくり
講師:西尾穣司先生(日本ばら会、町田ばら会会長)
時間:午後1時~午後3時
会場:ばら苑内「ローズガーデンハウス」
定員:40名(現地先着)
費用:無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

イングリッシュローズガーデン

ばら苑は五月晴れ。

生田緑地ばら苑は今年で60周年。50周年の際に記念して整備された「イングリッシュローズガーデン」のコーナーが見頃を迎えています。

植栽されて10年。大きな花と特徴のあるシュラブ性の樹形がきれいです。

<チャールズ・ダーウィン>

Charles Darwin

黄色ベースのバラ「チャールズ・ダーウィン」

黄色ベースの独特な花色。ブラウンや銀色を思わせる時もあります。

<クィーン オブ スウェーデン>

Queen of Sweden

直立型のバラ「クィーン オブ スウェーデン」

イギリスとスウェーデンの友好350周年を記念して命名されたばら。株は直立型で花は上向きに咲きます。珍しいミルラの香り。

<コンテ デ シャンパーニュ>

Comtes de Champagne

花首が細いバラ「コンテ デ シャンパーニュ」

花首が細くうつむく花がゆらゆらと風にそよぐ姿はとてもきれいです。開花が進むと色の変化が素晴らしいグラデーションを楽しめるばら。


<5月12日土曜日のイベント>

ばら苑コンサート
  • 吉野悟 JAZZ TORIO(ジャズ演奏)
  • 1回目:10時50分~11時30分
  • 2回目:12時10分~12時50分(時間が間違っており修正しました。申し訳ございません。)
  • 会場:ばら苑内の芝生広場
  • 天候により屋内開催または中止になる場合があります。
ばらに関する講習会
  • テーマ:バラのやさしい育て方
  • 講師:大倉茂先生(日本ばら会理事、生田緑地ばら苑講師)
  • 時間:午後1時〜午後3時
  • 会場:ばら苑内「ローズガーデンハウス」
  • 定員:40名(現地先着)
  • 費用:無料

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

ロイヤルコーナー

午前中は、雷を伴う激しい雨となったばら苑。

雨のばら苑

開苑初日を楽しみにご来苑いただいた皆様には、雨宿りする場所も少なく大変ご不便をおかけしました。

午後からは、一転、強い日差しが差し込み清々しいばら苑となりました。

下の写真は、世界の皇室に因むばらを集めたロイヤルコーナー。

ロイヤルコーナーのアーチと白い彫像

白い像は、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神フローラ。

ロイヤルコーナーには群植の素晴らしい「クィーンエリザベス」と「プリンセスミチコ」があります。

<クィーンエリザベス>

ピンク色のバラ「クィーンエリザベス」

Queen Elizabeth グランディ・フローラ
1954年 ラマーツ アメリカ
グランディ・フローラは、ハイブリッドティーとフロリバンダを交配した系統
大輪房咲き

<プリンセスミチコ>

オレンジ色のバラ「プリンセスミチコ」

Princess Michiko フロリバンダ
1966年 ディクソン イギリス


現在、見頃のばら苑、どうぞ、足をお運びください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばら苑「写真展」に展示する作品を募集します

ばら苑では公開期間中、ローズガーデンハウス内で「写真展」を開催しています。

次回の平成30年の「写真展」に展示される作品をただいま募集しています。皆様の力作をお待ちしております!

Photo

応募作品

  • 平成30年5月10日(木)~平成30年5月27日(日)までの間にばら苑内で撮影された未発表の写真。
  • 応募枚数は1人1枚サイズは四つ切プリント。(A4不可

応募期間

  • 平成30年5月10日(木)~平成30年6月8日(金)

応募方法

  • 各作品の裏面に氏名・住所・電話番号・撮影月日・ばらの品種名等を明記してください。
  • ばら苑に持参(開苑期間中)または川崎市公園緑地協会あてに郵送してください。

応募資格

  • どなたでも応募できます。

展示方法

  • ばら苑ローズガーデンハウス内に展示します。
  • 応募作品が多数の場合は、展示できないこともあります。
  • 出展された写真は、当協会及び川崎市の広報に使用させていただくことがあります。

注意事項

  • 応募作品は返却しません。
  • 人物が入る場合、肖像権に注意してください。肖像権侵害の責任は負いません。

問い合わせ先及び作品の郵送先

  • 公益財団法人 川崎市公園緑地協会
  • 〒211-0052 川崎市中原区等々力3-12
  • 電話 044-711-3257

皆様の力作をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、5月10日「開苑」です!

生田緑地ばら苑は、本日5月10日、開苑です!

現在の開花状況:見頃

現在のパーゴラの様子。つるバラが色とりどりに

お待たせしました。

今週はお天気も安定し、雨の心配はなさそうです。ゆっくりと「秘密の花園」をお楽しみください。

今年は、全国的にばらの開花が2週間ほど早いと言われています。ここ生田緑地ばら苑も早々と見頃を迎えています。

2018年春のパンフレットは、つるばらの表紙2018年春のパンフレットは、つるばらの表紙

パンフレットには、ばら苑マップや生田緑地内主な施設の説明がのっています。苑内でお配りしていますので是非、ご活用ください。

<ロイヤルサンセット>

鮮やかなオレンジ色の大輪を咲かせるつるばら「ロイヤルサンセット」
鮮やかなオレンジ色の大輪を咲かせるつるばら
Royal Sunset LCl
1960年、モーレイ、アメリカ


今年開苑60周年を迎える生田緑地ばら苑、5月19日(土曜)には、記念コンサートが開催されます。

週末には、コンサート・講習会・チアダンスなど盛りだくさんのイベントで盛り上がります。

詳しくは、生田緑地ばら苑ホームページトップ「イベント情報&お知らせ」、または当ブログの以下のページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

明日、5月10日「開苑」です!

生田緑地ばら苑は、明日(5月10日)開苑します。

現在の開花状況:見頃

非常に強い雨は午前中で上がり、明日は、いいお天気になる模様です。

Img_0617
散った花びらが雪のようなバラ「新雪」

見頃のばらが、散ってしまい残念ですが、はっとするようなきれいな景色です。

<プレジデント ハーバート フーバー>

Img_0636President Herbert Hoover、系統ハイブリッド ティー
1930年作出、コディントン、アメリカ

サーモンピンクから濃いピンクにボカシが入り肉厚な花弁で花脈がしっかりと入ります。スパイシーな香りも魅力。


強い雨にも負けずにしっかりと咲き続けるばらも数多くあります。

ばら苑までの道のりは、坂や階段が多く大変滑りやすくなっています。ご注意ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

開苑前情報(5月8日現在)

生田緑地ばら苑は、5月10日木曜日に開園します。

現在の開花状況:見頃

イングリッシュローズ グラハムトーマスとばらの丘
イングリッシュローズ グラハムトーマスとばらの丘

今日は、ばら苑ボランティアの活動日でした。

昨夜の雨でダメージを受けたばらを一本一本丁寧に剪定しています。

ボランティア指導育成専門講師の大倉さんと共に剪定作業をするボランティアの皆さん

指導は、日本バラ会理事のボランティア指導育成専門講師の大倉さん。

日々、技術の向上に皆さん一生懸命です。

作業の後は、皆さんびしょ濡れになっていました。

ご苦労様でした。

ばら苑ボランティアにご興味のある方は、来苑の際に、スタッフにお声かけください。詳しい内容を説明させていただきます。

エメラルドアイルのピンクの花緑光の薄緑色の花

写真は、曇り空の下、微妙な色合いが楽しめる「エメラルドアイル」と「緑光」。

4月下旬から高温が続いたため、開花が早く、早めのご来苑がより多くの品種をお楽しみいただけると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

開苑前情報(5月7日現在)

生田緑地ばら苑は、5月10日木曜日に開苑します。

現在の開花状況:6分~7分咲き

今年は開花が早いため、開苑初日には見頃となると思います。

曇り空のばら苑。

昨夜の雨で、しっとりとした空気感です。

ミニばら苑は、見頃を迎えています。
すでに見頃を迎えているミニばらコーナー

ミニバラとは、ロサ・キネンシス・ミニマ(チャイナ系オールドローズ)の小型の性質を受け継ぐバラです。

<チョコフィオーレ>

チョコフィオーレの赤いバラ
Cioccofiore系統ミニチュア
2004年フランス、メイアン

ミニバラとしては、5~6センチの大きめな花で、珍しい濃いチョコレート色の花です。フィオーレはイタリア語で花の意。

<リュータン>

リュータンのピンクのバラ
花弁が細く尖ったミニバラ

フランス、メイアン作出のばら。リュータン(Lutin)は、フランス語でいたずら好きの妖精の意。

スタンダード仕立ては、ばら苑ボランティアが作りました。

開苑までもう少し、職員・ボランティア一同、皆様のお越しをお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

開苑前情報(5月6日現在)

生田緑地ばら苑は、5月10日木曜日に開苑します。

開苑期間:5月10日(日曜)〜5月27日(日曜)まで
平日:午前10時〜午後4時30分
土日祝:午前9時〜午後4時30分
(いずれも最終入場は午後4時まで)
公開期間は休まず開苑いたします。
入苑無料(ばら苑募金をお願いしています)

現在の開花状況:6分~7分咲き

ばら苑入り口から見た苑内の様子

写真は、ばら苑入り口から見た苑内の様子です。

ばら苑のある川崎市多摩区では、気温の高い日が続き、ばらの開花は例年に比べ早いようです。

遠目からも色とりどりのばらが目を引きます。

ポール仕立てのつるばらアーチ仕立てのつるばら

写真は「ポール仕立てのつるばら」と「アーチ仕立てのつるばら」です。

ばら苑に一歩入ると、とても素晴らしい香りをお楽しみいただけます。

本日から、開苑期間終了まで、毎日、ブログを更新していきます。

どうぞ、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年9月 »