« 5月14日(日) ばら苑コンサート&講習会 | トップページ | 満開のつるばら »

2017年5月15日 (月)

アーリーモダンローズ

穏やかな一日のばら苑
暑い春は、一段落
今週は、25℃前後の清々しい陽気となりそうです。
<アーリーモダンローズ>
2017155120952
<ミセス ハーバート スティーブンス>
Mrs Herbert Stevens HT
1910年  マグレディ イギリス


生田緑地バラ苑は、2002年に向ヶ丘遊園から川崎市が引き継いだものです。

既存品種の保存を大前提に管理してきました。

その甲斐あって、アーリーモダンローズの宝庫です。

アーリーモダンローズとは?
ハイブリットティー第1号「ラ フランス」の登場する1867年から50年ほどの間に作出された木立性のバラの総称です。

オールドローズからモダンローズへと続く歴史の中にアーリーモダンローズは重要な役割を果たしています。

モダンローズへと大きく変わった歴史の証人のような個性豊かなバラたちです。


2017155120455 2017155120618_2 
<レッドラディアンス>(写真 左)
Red radiance HT
1916年 Gude アメリカ
マダム カロリーヌ テストゥの末裔


<マダム メラニー スーペル>(写真 右)
Mme. Melanie Soupert HT
1905年 Pernt-Ducher フランス


2017155120722 2017155120830 
<マダム バタフライ>(写真 左)
Mme.Butterfly HT
1918年 ヒル アメリカ
「オフェリア」の枝変わり


<マダム エドゥアール エリオ >(写真 右)   
Mme Edouard Herriot  HT
1913年  Joseph Pernet-Ducher フランス


2017155115918_2 アーリーモダンローズは、裏門近くの花壇に数多く植栽されています。
目印は左の写真 ロイヤルサンセットのアーチ
この時代のばらは、高芯剣弁咲きでもすぐに満開状態になり、芯が高く花弁が渦を巻くような状態で見られることは少ないです。
 

|

« 5月14日(日) ばら苑コンサート&講習会 | トップページ | 満開のつるばら »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/65282099

この記事へのトラックバック一覧です: アーリーモダンローズ:

« 5月14日(日) ばら苑コンサート&講習会 | トップページ | 満開のつるばら »