« 殿堂入りのばら | トップページ | ばらの花色 »

2016年5月16日 (月)

ノイバラの血統

今日は5月らしい気温となり、ばらも一息といった感じ。

ばら苑は見頃を迎えています。

早咲きの品種は散り始めましたが、遅咲きの品種はどんどん蕾を膨らませています。

多摩丘陵の一角に生田緑地ばら苑はあります。
里山の趣を残したばら苑の周りには、自生のノイバラがたわわに咲いています。

Img_0263_sp0000

ノイバラの仲間は日本国内だけでも10種類あります。
どれもよく似ていて見分けるのが難しいですが、ノイバラを見分けるいい方法があります。

Img_0266_sp0000

雄しべの側面が、無毛こと。

もうひとつは、葉の基部にある托葉(たくよう)という部分が、櫛のように深く切れ込んでいる事です。

この事を頭に入れて、葉を観察すると、「このばらは、のいばらの血を引くかも知れない」とピンときます。


Img_0240_sp0000
つるサマースノー
Summer Snow Climbing  
1936年 Couteau フランス 

*Couteau (クト・クトー)は育種家 フランス人 
アメリカでのパテントは、J&P社。図鑑などでは、作出国が、アメリカとなっている場合が多い。

Img_0242_sp0000_4  Img_0244_sp0000

葉に櫛状の切れ込みあり。

さて、血統を調べてみましょう。

交配親は、Tausendschon  seedling(実生)

Tausendschon(タウゼントシェーン) は

Daniel Lacombe×Weisser Herumstreicher

うーん。

Daniel Lacombeは、

R.Multiflora×General Lacqueminot  きたー。

R.Multifloraはノイバラの学名です。

ひいおばあ様がノイバラです。

タウゼントシェーンもDaniel Lacombe 中心部分が白いピンクのばら。

枝変わりでピンクの花が出るのも納得です。(写真 上 右)

ティーランブラー
Img_0197_sp0000葉の托葉は、ノイバラと同じなのですが、交配親のクリムゾンランブラーは、「謎のソウカライバラ」と言われ、正体は不明のままのようです。

クリムゾンランブラーは、ノイバラの突然変異・他のばらとの交雑など諸説あるようです。

時には違った目線でばらをお楽しみください。

ティー ランブラー
Tea Rambler Hybrid Multiflora
1903年 George Paul, Jr.イギリス

|

« 殿堂入りのばら | トップページ | ばらの花色 »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/63640498

この記事へのトラックバック一覧です: ノイバラの血統:

« 殿堂入りのばら | トップページ | ばらの花色 »