« 2016年4月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

次回、秋の公開期間は10月中旬を予定しています

の公開期間は5月29日(日)にて終了させて頂きました。ご来場ありがとうございました。

次回、の公開期間は平成28年10月中旬を予定しております。日程が決まり次第お知らせ致します。

Logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

春のばら苑 最終日です!

朝から素晴らしくいいお天気の日曜日となりました。

春のばら苑 最終日、楽しんでいただけたでしょうか?


<マーメイド>
Img_7364_sp0000

夏バラとも言われている「マーメイド」が見頃です。

本当に今年春は、ばらの花が咲くのが早かったです。

我が家のばらは、もうほとんど花が咲き終わりました。皆様のお宅はいかがですか?

Img_7356_sp0000
曇りや雨の日には花が閉じてしまいます。

この花こそ、太陽が似合う夏の象徴のようなばらです。

Mermaid HBc ハイブリッド ブラクテアタ
1918年 W.Paul イギリス

珍しい沖縄原生のカガヤンバラの交配種。



<ばら苑コンサート 開催>
Img_7395_sp0000

吉野悟 JAZZ BAND  ボーカルに須田晶子さんを迎えてのライブでした。

Img_7381_sp0000 Img_7412_sp0000

日本のJAZZ界を担う方々の演奏を生で聞けて今日の来苑者の皆様はとてもラッキーでしたよ。

メンバー
須田晶子(ボーカル)吉野悟(ギター)
小澤基良(ベース)森永哲則(ドラム)

須田さんの声は「ナチュラルで心洗われる」という高評価を得ています。

Don't Know Whyのちょっともの悲しい歌声に合わせて、はらはらとばらの花びらが降り注いだときは、なんだか胸がぐっときました。

ばら苑ならではの癒しの音楽でした。

秋もよろしくお願いします!

<講習会が開催されました>

冨吉紀夫 先生「基本を心得てバラを楽しむ」
(公財)日本ばら会 理事)

プロジェクターを使った講習は、初心者から上級者まで、詳しく学ぶことができました。
Img_7447_sp0000  Img_7439_sp0000

新品種・切り花などのコンテストでは、常勝。

2015年度も、 JRC新品種コンテンストで、
第1部 四季咲き性大輪系  銅賞 花名 まどもあぜる・ももこ
第2部 四季咲き性房前系 銅賞 花名 彩姫(さいひめ)を受賞。

Momoko  Saithime
写真 左 まどもあぜる・ももこ
写真 右 彩姫(さいひめ)  *写真提供 日本ばら会HP


  
平成20年 春の開苑にあわせて始まったブログ。

たくさんの方々にアクセスいただきありがとうございました。

昨年秋から休苑日はなくなり、開苑期間は、いつでもお出で頂けるようになりました。

秋の開苑については、いち早くご紹介していきますので時々HPを訪ねてくださいね。

ご来苑いただいた方々・ブログを訪問してくださった方々、18日間本当にありがとうございました。

秋の開苑をおたのしみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

伊豆の踊り子

明日は、春の開苑最終日。ばらを見に来ませんか?

今日は、ボランティアの活動日。

ばらの花も散り始め、ボランティア・職員総出で、花柄摘み、お手入れに余念がありません。

膨大な花の数、ご苦労様です!
Img_7345_sp0000
今日、ご紹介するばらは、遅咲きの黄ばら 伊豆の踊子

曇り空にはっきりした色合いの黄ばらが目をひきます。

Img_7349_sp0000
伊豆の踊り子
Dancing Girl of Izu フロリバンダ
2001年 Meilland フランス

株が充実するまでは半剣弁高芯咲きで、株が充実してくると見事なオールドローズのようなロゼット咲きになります。

フロリバンダなので、房咲きです。
最初の花が終わり、脇から多くの蕾が上がってきて、ブーケのような花姿です。

フランスのメイアン社より、静岡県の河津町に贈られたバラです。

別名「カルト・ドール」(Carte d'Or)

2001年バガテル国際バラ新品種コンクール 特別賞受賞。

<大倉先生の講習会「バラのやさしい育て方」 開催>
Img_7338_sp0000_2
育て方の講習に引き続き、温室で実技指導です。

Img_7343_sp0000_2
講習を受けた方お一人お一人に声を掛け、丁寧に剪定の仕方を、実技指導いただきました。

苗は、ボランティアが育成した挿し木苗。

枝ぶりがすべて違うため、講習者さんたちも戸惑い気味。

剪定した苗は、お持ち帰りいただきました。

大切に育てていただけるといいのですが・・・

<ばら苑コンサートのお知らせ>

ばら苑内の芝生広場にて、「ばら苑コンサート」を開催致します。
春の開苑最終日、生演奏で、楽しいひと時をお過ごしください。

5月29日()
12:00-12:40 吉野悟 JAZZ BAND(ジャズ演奏)
13:30-14:10 吉野悟 JAZZ BAND(ジャズ演奏)

会場:生田緑地ばら苑内の芝生広場
備考:天候により中止になる場合があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

スタンダードローズ

昨日の天気予報は、的中して朝から雨。

午後には雨も上がり、肌寒いけれど気持ちの良い空気感です。

花の重さに折れた枝も多く見かけました。

明日は、ボランティアの活動日。忙しくなりそうです。

<スタンダードローズ>
Img_7311_sp0000

スタンダードローズとは、ノイバラの台木などを長く伸ばした上に、園芸用のバラを芽接ぎ(挿し木)したものをいいます。

写真は、バレリーナ。芽接ぎして4年目を迎えます。

ボランティアが、仕立てたものです。

ご家庭で、スタンダード仕立てでお困りの方。

詳しいものがおりますので、ボランティア・職員にお声かけください。

Img_7325_sp0000 Img_7115_sp0000
ピンクスプレー 
Pink Spray シュラブ
1980年 Lens.L ドイツ

つるバラを円筒状に枝垂れさせる特に豪華な仕立て方のことを「ウィーピングスタンダード仕立て」と言います。

まるで、ピンクの天使の羽。

生田緑地ばら苑ならではの仕立て方です。

Img_7332_sp0000
ミニばらをスタンダード仕立てにするとこんなに可愛くなりました。

高さは、50㎝程度。

まず、販売はされていないでしょう。

もう、夜になったら、小人がたくさん踊っていそうです。

 

スカーレッタ
Scarletta  Min
1972年 デルイター オランダ




<バラに関する講習会のお知らせ>

5月28日() 午後1時〜午後3時
大倉 茂 先生「バラのやさしい育て方」

(生田緑地ばら苑 講師、(公財)日本ばら会)

[会場]生田緑地ばら苑内 ローズガーデンハウス
[定員]先着40名
*入場無料

ご来苑をお待ちしております!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

花束のようなばら

ばら苑は、今日の夜から雨が降り出し、明日いっぱいは雨となりそうです。

小雨程度のようなので、しっとりしたばらの表情を写真に収めるには、絶好の日かもしれませんね。

雨の日は、苑内が滑りやすくなっております、お気をつけて。

<花束のようなばら>

Img_7310_sp0001ハニー キャラメル
Honey Caramel  HT
2006 年 メイアン フランス

ばらの分類には
HT((ハイブリッドティ) 四季咲きで大輪1輪咲きを基本とするもの。
F (フロリバンダ)中輪房咲き
S.(シュラブ) 半つる性のばら
があります。

しかし、HTやシュラブでも房咲きを楽しめる品種も多くありますよ。

ばらの特性を見極め、たくさんの花を咲かせて楽しむことも良いのでは・・・

ボランティア指導育成専門講師の大倉先生のお話では、分類によって側蕾を摘むやり方はあまりお勧めできないそうです。

品種によりばらの特性が違うので、そのばらに適した方法を探すのがベスト。

生田緑地ばら苑の管理方法も少し変わってきているようで、ばら本来の姿を生かし、一番、素敵に見せる咲かせ方を模索しているそうです。

下の写真は すべて 1本の枝についた花です。

Img_7278_sp0000 Img_7200_sp0000
写真 左 ストロベリー ダイキリ
Strawberry Daiquiri HT
2009年 J&P アメリカ

写真 右 エメラルド・アイル
Emerald Isle シュラブ
2008年 Dickson イギリス

Img_7244_sp0001

クローダマグレディ
Clodagh McGredy   HT
2002年 マグレディ ニュージーランド

ばら苑 開苑期間もあと3日。

ご来苑をお待ちしております!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

ハマナスの子供たち

さわやかな風が吹きわたり、暑さも一段落。

ひらひらとばらの花びらが散るのも風情があるものです。
Img_7237_sp0000
北海道の道花「ハマナス

Img_7077_sp0000  Img_7074_sp0000
Rosa rugosa (ハマナス)

北海道の海岸線を彩る花として有名ですね。

日本原産種。日本国内で絶滅危惧種に指定された地域もあります。

ハマナスは、開花後15日ほどで、ミニトマトほどのかわいい実が認められるようになります。
秋の開苑時には、赤く色づいた実をご覧いただけます。
Img_7082_sp0000  Img_7079_sp0000
写真 左 Rosa rugosa plena Regel(半八重咲き)

写真 右 Rosa rugosa albo(ハマナス白花)

下の写真、3品種は、ハマナスの子どもたち

ハマナスの花弁は、ふわりと丸いのに、なぜかギザギザな花びら。

どうしてでしょう?

Img_7230_sp0000フィンブリアータ
Fimbriata    
1891年 Morlet フランス

交配親 Rose rugosa×Mme.Alfred Carriere

Img_7086_sp0000  Img_7083_sp0000  
写真 左  F.J. グローテンドルスト
F.J. Grootendorst  HRg
1918年 F.J. Grootendorst オランダ
交配親 Rosa rugosa ×polyanthaの一種

写真 右 ピンク グローテンドルスト
Pink   Grootendorst
1923年 F.J. Grootendorst オランダ
F.J. グローテンドルストの枝変わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

棚作りのばら

昨日のばら苑は、32℃を超える暑さとなりました。

今日は風があるのでだいぶ過ごしやすいですが、熱中症対策万全で、お越しくださいね。

<棚作りのばら>

向ヶ丘遊園時代のばら苑には、池がありました。

その頃は、池に張り出した形で、棚があり枝垂れたばらが、水面に映る姿を鑑賞できました。

イギリス様式を取り入れた沈床庭園だったのですが、日本美を所どことにとりいれた素晴らしいばら苑だったことを覚えています。

植栽後、5年ほどたっています。

今では、棚を覆い隠すほどに見事に咲いています。

この棚の前に立つと、ちょうど満開の花をバックに写真が撮れますよ。

記念にいかがでしょうか?

<サイレンス イズ ゴ ールデン>
Img_7101_sp0000


Img_7103_sp0000

Silence is Golden CL
2010年 ディクソン イギリス

名前の由来は、ことわざからの様で、

Speech is silver, silence is golden.「雄弁は銀、沈黙は金

こんな感じでしょうか? ちょっとバラの名前にしては、優雅さに欠けるかな?





<ニュードーン>

Img_7089_sp0000
Img_7098_sp0000
ニュー ドーン CL 
New Dawn
1930年 Somerset Rose Nursery アメリカ

つるばらが見頃を過ぎようとしている今、元気に咲いているのが「ニュードーン」

殿堂入りのばら。(栄誉殿堂)

つるばらは一季咲きが多いのですが、「ニュードーン」は繰り返し咲き。

<ボランティア ディ>
生田緑地ばら苑ボランティアは、1年を通して1日おきに、活動しています。

今日は、花柄摘みで大忙し。

一枝・一枝、芽の位置を確かめて、秋ばらのために丁寧に切っていました。Img_7222_sp0000
Img_7224_sp0000


開苑期間中は、ばらの管理の他に、受付での案内・募金集めと大変ご協力いただいています。

開苑期間中は、26日・28日が活動日。

お声かけいただければ、ばら苑について色々なお話が聞けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

チャリティー ローズ

東京は、30℃を越す暑さだったそうです。

5月とは思えない暑さにばらも少々バテ気味です。

<チャリティー ローズ>

チャリティローズの売上金の一部は、各団体に寄付されています。

テネシャス
Img_0718_sp0000
Tenacious
2002年 マグレディ ニュージーランド

英国南部の港町サザンプトン市に本拠を置くチャリティ財団 Jubilee Sailing Trustを支援するために、財団が所有する船名<テネイシャス>に因んで名づけられました。

テネシャス号は、とても大きな帆船です。

ジュビリーセイリングトラスト(Jubilee Sailing Trust)は、障害者にも、健常者と共にセイル・トレーニングの機会を与える活動を展開しています。

元気の出るオレンジ色と黄色。ピンク色やレモン色などが混じりるビタミンカラー。

クリス・ビアードショウ
Img_0708_sp0000
Chris Beardshaw
2007年 ウィークス アメリカ

ガーデンデザイナー・TVプレゼンター・作家と各方面で、活躍しているクリス・ビアードショウ(Chris Beardshaw)さんの名前に因んで名づけられました。

イギリス 王立救命艇協会(Royal National Lifeboat Institution、略号:RNLI)を支援するためのチャリティーローズです。

王立救命艇協会は、イギリス及びアイルランド周辺の沿岸や海における救命活動を行なう、イギリスとアイルランドのボランティア組織です。

海外では、このようなチャリティーローズが、たくさんあります。

イギリスのナーセリーC&K JonesのHPには、チャリティーローズのコーナーがあり、チャリティーへの国民の関心の高さがうかがえます。

このバラの色は、透き通るようなピンクで、香りは、C&K Jones社によるとシャーベットスィートフレグランス。
シャーベットは、氷菓子の事でしょうか?

どんな香りか皆さん確かめてみては・・・

Img_0744


裏門から小さな公園までのばらの道

ばら苑は、日かげが、あまりありませんが、裏門を少しのぼったところに、公園のような広場があり、森林浴しながら、お弁当が食べられますよ。

ばらも咲いています。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

ペレニアルブルー

開苑も残すところあと1週間。(5月29日まで)

裏門受付、パーゴラはばらの花で覆われています。
Img_0775_sp0000
品種はペレニアルブルー 

Img_0770_sp0000
気持ちの良い日蔭を作ってくれそうです。

色は、ブルーというよりは、赤紫。

センターが白で、ピンクから紫のグラデーション。

中香程度ですが香りも楽しめます。

樹が充実してくると秋にも返り咲くようになります。

2006年バーデンバーデン国際コンクールVDR賞受賞。

Perennial Blue
2008年 タンタウ ドイツ

Img_0772_sp0000_2

こちらとガーデンハウス前テントで、ばら苑募金をお願いしています。

どうぞよろしくご協力ください。

<大倉先生の講習会「バラのやさしい育て方」 開催>
Img_7020_sp0000_2

今日の講習会はペーパーレス。実技中心で行われました。

<この時期にあった鉢増しのやり方>

根鉢を崩さず一回り大きな鉢に植え替えるのが鉢増しです。

大倉先生独特のやり方を伝授。

用土は余り気にせず、赤玉中粒2:堆肥(腐葉土)1の割合

過剰な肥料は必要ないそうです。とても控えめに。

ここ重要!!

用意した用土を1000倍程度に薄めた活力剤で湿らせておきます。

乾いた土で植えかえると後から水をあげても、一番必要な根の下に水がいきわたらない事があるため。

ふわりと植えかえず、土としっかり根が活着する様に鉢周りの土は強めに押し込んでください。

そして、すぐに水をやる必要はありません。

根が水を求めて、伸びようとする力を引き出すためです。

Img_7047_sp0000_2

後半は、<花後の剪定>

温室に移動して、講習会出席者全員に剪定をして頂きました。

大倉先生は「バッサリ切ってください」と一言。

皆さん、なかなか出来ずに、恐る恐る剪定していました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

エリナとボニカ’82

開花状況は、全体に見て、散り始め。

でも、まだまだ、これからが見ごろのばらもたくさんありますので、ご紹介したいと思います。
Img_0748_sp0000
<エリナとボニカ’82>

数年前までは、エリナとボニカ’82は5月下旬が見ごろ。

1週間以上今年は、早いです。

Img_0672_sp0001_3  Img_0673_sp0000     
  

エリナ
Elina  HT
1983年 ディクソン 

イギリス2006年に開催された世界バラ会連合の大阪大会で「ピエール・ドゥ・ロンサール」
と共に殿堂入りした銘花です。 

Dscn0432_sp0000  Dscn0433_sp0000

Bonica'82 S
1985年 メイアン フランス

第13回 2003年 イギリス グラスゴー大会で殿堂入り

耐病性に優れているので、とても育てやすい品種。

切りつめて、コンパクトに咲かせることもできます。

<西尾先生の講習会「楽しいバラづくり」 開催>

ばらを栽培し、数年が経つと、やらなければならない事が多すぎて、楽しいどころか、苦しい日々に直面します。

この問題から脱却しなければ、「楽しいバラづくり」に到着出来ません。

重要な事は「なぜ?」が解消することです。

栽培方法・肥料・用土・農薬などなど、「なぜ?」に着目して、楽しいお話が聞けました。

たとえば・・・

キーワード 「生殖成長と栄養成長

生殖成長とは、花芽をつくり、花を咲かせ、実を結んでタネをつくること、それ以外の時期茎や葉がぎゅんぎゅん伸びる状態は栄養成長

ばらをよく観察していると今ばらは、どの成長過程なのかよくわかるそうです。

シュート ピンチのなぜ?

放置すると必ずほうき状に蕾をつけ、枝の成長を止めてしまいます。

シュートは、来年の世代交代のための充実した枝を作るためにピンチします。

そのため、花芽分化が始まり栄養成長が止まったころ、先端を指でポッキっとおる。

ピンチ(pinchですから、ハサミで切らず指で摘みとってください。

摘みとる場所は、ひげ芽でない所。

ひげ芽になっているところは、その後、花芽になってしまいますので気をつけて。

指で摘みとるのはなぜ?

ハサミで切ると細胞を破壊し、次の成長まで時間がかかるから。

たくさんの「なぜ?」を克服して楽しいばらづくりに緒戦してください。

<バラに関する講習会のお知らせ>

5月22日() 午後1時〜午後3時
大倉 茂 先生「バラのやさしい育て方」

(生田緑地ばら苑 講師、(公財)日本ばら会)

[会場]生田緑地ばら苑内 ローズガーデンハウス
[定員]先着40名
*入場無料

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

モンスターローズ

パーゴラの上は満開ののばら

風が吹くたびに、はらはらと散りゆく花びらに香りをのせて舞い降りてきます。

Img_0565_sp0000

<ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー

Img_0524_sp0000  Img_0531_sp0000
Paul's Himalayan Musk Rambler
1916年 ポール イギリス

「ばら界のモンスター」とばら愛好家には恐れられている様子。

樹性は強く、枝も頑丈、トゲも鋭く、5メートル以上伸びる。

ご家庭で育てるのは、無理があるかもしれませんね。
Img_0534_sp0000
でもでも、素敵なんです。

「一度育てると手放せなくなるバラ」そんな八重桜にも似た花姿をご覧になりませんか?

Img_0551_sp0000  Img_0542_sp0000
写真 左 トレジャー トローブ
Treasure Trove
1977年 トレジャー イギリス

写真 右 シーガル
Seagull
1907年 Pritchard イギリス

Img_0541_sp0001
<キフツゲート>
Kiftsgate   
1954年 E.Murrell イギリス

このばらもモンスターローズ

すごく大きくなり、一枝に100個以上の蕾をつけると言われます。

キフツゲートの名前は、イギリスのイングリッシュガーデン「キフツゲート・コート・ガーデン」に因みます。

テレビや雑誌でたびたび取り上げるほど有名です。

「キフツゲート・コート・ガーデン」のこのばらは、丘にある樹木に絡まり、壮大な滝のような景色です。

生田緑地ばら苑も、丘陵を利用したばら作りができたらいいですね。

ゆったりとした時間を、バーゴラ下のベンチで過ごしてみませんか?

皆様のお越しをお待ちしております!!

<バラに関する講習会のお知らせ>

5月21日() 午後1時〜午後3時

西尾 譲司 先生「楽しいバラづくり」


((公財)日本ばら会 理事)

[会場]生田緑地ばら苑内 ローズガーデンハウス
[定員]先着40名
*入場無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

オールドローズガーデン

開苑初日から雨の日以外は、夏日の続くばら苑。

ばらの開花も早く、見頃を過ぎたばらも多くなってきました。

遅咲き品種は、これからが見頃。

<オールドローズガーデン>
Dscn6996_sp0000

 Img_3292_sp0000_3Img_0488_sp0000

ばら苑ボランティアの休憩所として、2010年頃から、コツコツと作り上げた苦労の賜物。

左の写真は、2011年春。

石貼りからガゼボ・ばらの品種の選定まで、すべてボランティアによるものです。

現在は、生田緑地ばら苑の分苑として、一般に公開。

5年で、素晴らしいばら苑となりました。

<現代ばらへの小道>

入口のロサガリガオフィキナリスを目印に始まるアーチは、現代ばら作出に多大な影響を与えた原種・オールドローズで飾られています。

ガリガローズ・ダマスクローズ・アルバローズなどばらを楽しんでいるうちに、最初のハイブリッドティと言われるラ・フランスへと誘われます。

現代ばらとは趣の違ったオールドローズをお楽しみください。

Img_0455_sp0000 Img_0670_sp0000
写真 左 ロサ ガリガ オフィキナリス
Rosa gallica 'Officinalis'  ガリカ
1600年以前  

写真 右 ロサ ムンディ
Rosa Mundi  ガリカ
1581年以前

Img_0662_sp0000_3 Img_0657_sp0000
写真 左 シャポー ドゥ ナポレオン
Châpeau de Napoléon  ケンティフォリア
1827年  Vibert,J.P. フランス

写真 右 アルバ マキシマ
Alba Maxima  アルバ 
1867年以前

Img_0669_sp0001_3 Img_0472_sp0000
写真 左 マダム アルディ
Mme Hardy  ダマスク
1832年 Eugene Hardy フランス

写真 右 ラ フランス
La France HT
1867年 ギヨー フランス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

イングリッシュローズコーナー

<イングリッシュコーナー>
Img_0425_sp0000
2008年、50周年記念として、皆様からの募金により、新設されたのがイングリッシュローズコーナーです。

*イングリッシュローズとは・・・
イギリスのデビット・オースチン氏がオールド・ローズに四季咲き性を持たせるためにモダン・ローズを交配したもので、モダン・シュラブの一系統と分類されています。

設立当時2008年には、36種類でしたが、現在、43種類。

イングリッシュコーナー以外にも、ばら苑入口付近(長ーい階段を上ったつきあたり)にウエルカムフラワーとして、植栽されています。

Img_0428_sp0000
チャールズ・ダーウィン
Charles Darwin 2001年

香り 強香 フローラル・ティーの香~レモンの香

デビット オースチン ロージズ社のあるシュロプシャ州出身の博物学者に因む

花色は濃いリッチイエローから、マスタードのような色にまで変化すると紹介されていますが、ちょっとシルバーを含むような感じです。

2006年 岐阜国際ローズコンテスト銅賞受賞

Img_0392_sp0000 Img_0396_sp0000
コンテ・ド・シャンパーニュ
Comte de Champagne  2001年
香り 強香 芳しい蜂蜜とムスク系の香り

クィーン・オブ・スウェーデン 
Queen of Sweden 2004年
香り 中香 ミルラの香り

まっすぐ上に伸び、飛びぬけて丈夫でよく茂る、とても耐寒性のある品種です。

イギリスとスウェーデンの友好条約が結ばれて以来、350年 を記念して生まれたバラです。

Img_0414 Img_0423_sp0000
テス・オブ・ザ・ダーバービルズ
Tess of The d'Urbervilles 1998年
香り 強香 オールドローズの香り

ジャネット
Janet 2003年
香り 中香 ティー系の香り

イングリッシュローズには、珍しくハイブリッド・ティーのようなつぼみが、開くごとにロゼット咲きになっていきます。

気温が高いためどんどん開花しています。

散り始めのばらも出できましたが、見頃のばらもたくさんあります。

お勧めのばらを毎日紹介していきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

ばらの花色

久しぶりの雨で、ばら苑は静かな一日。

かなり強い雨が降ったので、見頃のばらは、かなりのダメージ。

明日は一気に気温が上がらないことを祈ります。

Img_0330_sp0000

ばら苑の隅で、声を上げそうな美しい景色に遭遇。

雨の日の御褒美です。

<ばらの花色>

バラの花は、単色だけでなく、色々な花色の出方をする品種があります。

現在の日本では、一色に限らず幅広い花色のものが好まれるようです。

<覆輪>
花弁の端に縁どりがはいる

Img_0327_sp0000 Img_0343_sp0000
写真 左 ベティ・ブープ 
1999年 カルース アメリカ

写真 右 サンダンス
2004年 アメリカ J&P
*写真のように細い覆輪を糸覆輪よぶ

<複色>バイカラー・リバーシブル
花弁の表と裏の色が明確に異なる

Img_0320_sp0000
レベッカ HT
1970年 タンタウ ドイツ

<絞り>ストライプ

Img_0331_sp0000 Img_0336_sp0000
写真 左 バリエガータ ディ ボローニャ
Variegata di Bologna ブルボン
1909年 Gaetano Bonfiglioli & figlio.Lodi. イタリア

写真 右 ピンク アイスバーグ
Pink Iceberg  F
1995年 Lilia Weatherly オーストラリア

*完全な絞りではないが筆ではらったようなかすれがでる

下の写真のように覆輪ほどはっきりしないけれど、色がブレンドされた花色のものもあります。

Img_0380_sp0000
アメリカン ヘリテージ
American Heritage
1965年 Dr. Walter E. Lammerts アメリカ

きっと、明日はいいお天気です。

ばら苑にぜひ遊びに来てください!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

ノイバラの血統

今日は5月らしい気温となり、ばらも一息といった感じ。

ばら苑は見頃を迎えています。

早咲きの品種は散り始めましたが、遅咲きの品種はどんどん蕾を膨らませています。

多摩丘陵の一角に生田緑地ばら苑はあります。
里山の趣を残したばら苑の周りには、自生のノイバラがたわわに咲いています。

Img_0263_sp0000

ノイバラの仲間は日本国内だけでも10種類あります。
どれもよく似ていて見分けるのが難しいですが、ノイバラを見分けるいい方法があります。

Img_0266_sp0000

雄しべの側面が、無毛こと。

もうひとつは、葉の基部にある托葉(たくよう)という部分が、櫛のように深く切れ込んでいる事です。

この事を頭に入れて、葉を観察すると、「このばらは、のいばらの血を引くかも知れない」とピンときます。


Img_0240_sp0000
つるサマースノー
Summer Snow Climbing  
1936年 Couteau フランス 

*Couteau (クト・クトー)は育種家 フランス人 
アメリカでのパテントは、J&P社。図鑑などでは、作出国が、アメリカとなっている場合が多い。

Img_0242_sp0000_4  Img_0244_sp0000

葉に櫛状の切れ込みあり。

さて、血統を調べてみましょう。

交配親は、Tausendschon  seedling(実生)

Tausendschon(タウゼントシェーン) は

Daniel Lacombe×Weisser Herumstreicher

うーん。

Daniel Lacombeは、

R.Multiflora×General Lacqueminot  きたー。

R.Multifloraはノイバラの学名です。

ひいおばあ様がノイバラです。

タウゼントシェーンもDaniel Lacombe 中心部分が白いピンクのばら。

枝変わりでピンクの花が出るのも納得です。(写真 上 右)

ティーランブラー
Img_0197_sp0000葉の托葉は、ノイバラと同じなのですが、交配親のクリムゾンランブラーは、「謎のソウカライバラ」と言われ、正体は不明のままのようです。

クリムゾンランブラーは、ノイバラの突然変異・他のばらとの交雑など諸説あるようです。

時には違った目線でばらをお楽しみください。

ティー ランブラー
Tea Rambler Hybrid Multiflora
1903年 George Paul, Jr.イギリス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

殿堂入りのばら

ばら苑は見頃を迎えています。

昨日は、7000人近い方々にご来苑いただきました。

今日は、もっと混みそうです。

駐車場は、10時ごろから満車が続き、御迷惑をおかけしました。

駐車場への出入りにより、周辺道路が大変混雑します。ぜひ、公共交通機関を御利用ください。

<殿堂入りのばら>

*世界約40カ国のばら会が加盟する世界バラ会連合によって、3年に1度開催される会議で、世界中で愛されるバラの中から選び抜かれたバラが「バラの殿堂」に収められます。

これまでに16種類のばらが選定され、全種類、生田緑地ばら苑で栽培されています。

詳しくは、ローズガーデンハウスに掲示があります。

Img_0278_sp0000グラハム トーマス
Graham Thomas
1983年 デビッド オースチン イギリス

第15回 2008年 カナダ バンクーバー大会

Img_0276_sp0000  Dscn2308_sp00001_sp0000

右の写真は2013年。 3年で柱を覆い尽くすほどの勢い。

シュラブとは、思えないほど枝が良くのびます。

Img_0210_sp0000  Img_0218_sp0000
写真 左  サリー・ホームズ
Sally Holmes シュラブ
1976年 R.Holmes
第16回 2012年 南アフリカ サントン大会

写真 右 アイスバーグ
Iceberg  フロリバンダ
1958年 コルデス ドイツ
第6回 1983年 ドイツ バーデンバーデン大会

*アイスバーグとは氷山の意味。真っ白に花で覆われた株はまさに氷山。

<本日のイベント>
ばら苑コンサート
二組とも昭和音楽大学サックス専攻の学生さんです。

CHIMA CHOCOLAT(サックス四重奏)
Dscn6980_sp0000 Img_0228_sp0000
 
セットリスト
ドレミの歌・赤いスイトピー・星に願いを・宝島・花は咲く・オー シャンゼリゼ

Libre saxophone quartetto(サックス四重奏)
Dscn6984_sp0000 Dscn6990_sp0000

セットリスト
タンゴ・どんぐりころころジャズバージョン・ハートオブユアワールド(リトルマーメイド)
ルパン三世のテーマ・ジッパ・ディー・ドゥー・ダー(スプラッシュマウンテンの曲)

活気あふれる演奏にたくさんの力をいただきました。

ばら苑にマッチした曲を色々考えて選曲いただきました。

ありがとうございました!秋のばら苑コンサートもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

ロイヤルコーナー

春の開苑、初めての土曜日。

朝からたくさんの来園者で、大賑わいのばら苑。

<ロイヤルコーナー>

向ヶ丘遊園時代から、皆様に親しまれてきたロイヤルコーナー(皇室に因むばらを集めたコーナー)は見ごろを迎えています。

Img_0180_sp0000

Img_0141_sp0000_5
赤ばらは、サルタンカーブス

オマーン国 カーブス国王に捧げられたばら

Sultan Qaboos
サルタンカーブス フロリバンダ
1989年 メイアン フランス

2013年 駐日オマーン・スルタン国大使と夫人が来苑された事を御縁に、現在ではほとんど販売されていないサルタンカーブスをばら苑で挿し木・育苗し、広尾にあるオマーン国大使館に寄贈しました。

きっと、ばら苑と同じように綺麗に咲いていることでしょう。

Img_0144_sp0000  Img_0186_sp0000
写真 左 プリンセス ミチコ

Princess Michiko  フロリバンダ
1966年 Dickson イギリス

写真 右 ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ

Jubile du Prince de Monaco
2000年 メイアン フランス

モナコ公国元首故レニエ3世の即位50年を記念して捧げられたバラ

<本日のイベント>
Img_0160_sp0000氷室みゆき先生による  

「マンボ&ブルースステップ講習会」 が開催されました。

簡単なステップをご来苑の皆様にご指導いただきました。

晴天の芝生広場で、軽快なリズムに乗って、楽しいひと時を過ごせたのではないでしょうか?

<5月15日() ばら苑コンサートのお知らせ>

11:00-11:20 CHIMA CHOCOLAT(サックス演奏)
13:00-13:20 Libre saxophone quartetto(サックス演奏)

  • 会場:生田緑地ばら苑内の芝生広場
  • 備考:天候により中止になる場合があります。

    皆様のご来援をお待ちしております!
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ばら苑「写真展」に展示する作品を募集します

    ばら苑では公開期間中、ローズガーデンハウス内で「写真展」を開催しています。

    次回の平成28年の「写真展」に展示される作品をただいま募集しています。皆様の力作をお待ちしております!

    Photo

    応募作品

    • 平成28年5月12日(木)~平成28年5月29日(日)までの間にばら苑内で撮影された未発表の写真。
    • 応募枚数は1人1枚サイズは四つ切プリント。(A4不可

    応募期間

    • 平成28年5月12日(木)~平成28年6月10日(金)

    応募方法

    • 各作品の裏面に 氏名・住所・電話番号・撮影月日・ばらの品種名等を明記してください。
    • ばら苑に持参(開苑期間中)または川崎市公園緑地協会あてに郵送してください。

    応募資格

    • どなたでも応募できます。

    展示方法

    • ばら苑ローズガーデンハウス内に展示します。
    • 応募作品が多数の場合は、展示できないこともあります。
    • 出展された写真は、当協会及び川崎市の広報に使用させていただくことがあります。

    注意事項

    • 応募作品は返却しません。
    • 人物が入る場合、肖像権に注意してください。肖像権侵害の責任は負いません。

    問い合わせ先 及び 作品の郵送先

    • 公益財団法人 川崎市公園緑地協会
    • 〒211-0052 川崎市中原区等々力3-12
    • 電話 044-711-3257

    皆様の力作をお待ちしております。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年5月13日 (金)

    ボランティアガイド ツアー

    ばら苑は今日もいいお天気sun

    昨日から、生田緑地ばら苑ボランティアによるガイドツアーが始まりました。

    苑内の見どころ・歴史・品種などをご案内いたします。

    バラに関する栽培等のご質問にもお答えします。

    所要時間:約60分 
    参加費:無料

    ほぼ毎日、11時・14時 2回 行われます。

    *仔細は、ローズガーデンハウス前に掲示されますので、関心のある方は、当日おたずねください。

    Img_0077_sp0000


    印象に残ったお話は、「ばらの香りを楽しむ方法」

    バラの花をそーっと鼻に近づけ、スーっと香りを嗅いだら、ばらから顔をそむけて息を吐くのだそうです。

    2度目に香りを嗅ぐときにばら本来の香りが楽しめるそうです。

    生田緑地ばら苑では、ばらの香りを8つに分類

    香りを楽しめるばらには、樹名板にシールが貼ってあります。

    お好きな香りを見つけてください。

    Img_0095_sp0000<ブルーの香り>
    ブルームーン
    Blue Moon  HT
    1964年 タンタウ ドイツ 

    青ばら系の品種がもつ独特な香り。

    芳純な甘い香りの中に木のような香りが混ざる

    Img_0035_sp0000<ティーの香り>
    はまみらい
    Hamamirai  HT
    2006年 京成バラ園芸(竹内俊介 ) 日本

    はまみらいの香りの変化を化学分析で検証した結果が発表されています。

    1日目の朝は、ティー+ダマスクモダン+ミルラ 昼は、ティー+ミルラ 夜はティー+ミルラ そして2日目の朝はティー。

    同じ種類のばらでも時間によって香りに変化があり、香り成分の揮発は午前中に高くなるそうです。

    参考文献 2011年New Roses バラと遊ぶ 香り

    <イベントのお知らせ>

    ダンス[マンボ&ブルース]
    5月14日()
    10:30-11:00 氷室みゆき

    会場:生田緑地ばら苑内の芝生広場

  • 備考:天候により中止になる場合があります。
  • 皆様のご来苑をお待ちしております!
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年5月12日 (木)

    ばらのアーチ

    ばら苑は夏日sunが続き、夜半の雨も恵みの雨とはならないようです。

    今日も暑かったです。

    ばら苑は日かげがほとんどありません。

    万全の熱中症対策でお出かけください。

    Img_0128

    開苑と同時にたくさんの来園者で賑わったばら苑。5~6分咲き

    <ばらのアーチ>
    見ごろを迎えたばらのアーチをご紹介します。

    Img_0024_sp0000
    写真上 
    ピンクのばら コンパッション
    Compassion  LCl
    1972年 イギリス Harkness

    Img_0007_sp0000_2写真 左

    ロイヤルサンセット
    Royal Sunset  LCl
    1960年 アメリカ Dennison Morey

    これらのばらは、LCl(ラージ・フラワード・クライマー)と呼ばれる大輪のつるばらです。

    非常に茎が頑丈で、誘引が難しく、ご家庭での栽培は余りお勧めできません。

    ぜひばら苑で、ご堪能ください。

    つる性のばらは、カタログなどに書かれたCl(クライミング)タイプだけではありません。

    Img_0020_2
    たとえば、メルヘンランド ちょっと古いバラですが・・・

    Marchenland
    1946年 タンタウ ドイツ

    このばらは、フロリバンダ(中輪房咲き)に属しますが、見事なツルバラとなります。

    株元から出た茎についた蕾に、「やっぱりフロリバンダだ」と特性を感じられます。

    ばら苑で、ご自分の家にぴったりのつるばらを、探してみませんか?

    ご家庭向きには、多くのシュラブやオールドローズなど茎が柔らかく、2~3mほどに伸びる扱いやすいものがたくさんあります。

    枝垂れた枝にも花をつけ、株元から花を咲かせるそんな仕立て方の出来るばらは、たくさんありますよ。

    ご自身の庭にぴったりのばらを育てる事が、ばらを好きでいるためにとても重要な事なのです。

    分類だけにとらわれず、品種の特性を見極めて、楽しいガーデンライフをお楽しみください。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    春のばら苑 開苑です!!

    本日、春のばら苑 開苑です!!

    平成28年5月12日(木)~5月29日(日)までの18日間

    月曜日も休まず開苑です。

    ブログは、毎日更新、今のばら苑情報をお伝えします。

    お楽しみに!

    開花状況 4~5分咲き

    Img_9975_sp0000

    ブルー フォー ユー
    Blue For You  フロリバンダ
    2006年 Peter J. James イギリス

    Img_9983_sp0000

    グリーノールズ グローリー
    Greenall's Glory フロリバンダ(パティオ)
    1989年 カーカム イギリス

    *パティオ(中庭)ほどの スペースでも育てられるコンパクトなばら

    春の花らしい淡く柔らかな色合いが楽しめます。

    皆様のお越しをお待ちしております。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年5月11日 (水)

    明日5月12日 開苑です!

    お待たせしました。

    明日、5月12日 開苑です!

    楽しみに待ち望んでいた皆様。

    ばらの花は、5分咲き程度ですが、期待を裏切らない素晴らしい景観です。

    <ばら苑への道のり>

    ばら苑は、丘の上にあります。

    府中街道沿いの入口から、坂を登って、107段の階段を登ります。
    すると、やっと、ばら苑につきます。
    Img_0001 Img_9939_sp0000

    *階段道(107段)を登れない足の不自由な方などを対象に、第2ゲートから障害者用駐車場まで送迎ワゴンを約20分おきに運行しています。

    ばら苑までは、長ーい道のりです。

    歩きやすい靴・服装でおいでください 。

    <2016年 春 ばら苑デビューのばらたち>

    ばら苑に、今年も10品種ほど新しい仲間が増えました。

    まだまだ樹が小さいので、見栄えはしませんが、元気に咲いています。

    その中から2品種紹介。

    Img_9968
    緑光
    Ryokko
    1991年 京成バラ園芸 日本

    1989年バーデンバーデン国際コンクール金賞受賞。

    ばらには珍しい薄緑色の花びら

    Img_9970うらら
    Urara
    1995年 京成バラ園芸 日本

    1995年JRC金賞受賞

    ショッキングピンクの豪華なばら

    皆様のご来苑をお待ちしております!!

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    バラに関する講習会のお知らせ

    公開期間中、下記の日程で「バラに関する講習会」を開催いたします。ぜひご参加下さい。(入場無料、先着40名様)

    [会場]生田緑地ばら苑内 ローズガーデンハウス
    [定員]各回40名(各回とも現地先着順)
    [日程/講師]下記参照下さい

    バラに関する講習会の様子
    前回秋のバラに関する講習会の様子


    西尾 譲司 先生5月21日() 午後1時〜午後3時

    西尾 譲司 先生「楽しいバラづくり」

    
((公財)日本ばら会 理事)


    大倉 茂 先生5月22日() 午後1時〜午後3時
    大倉 茂 先生「バラのやさしい育て方」

    (生田緑地ばら苑 講師、(公財)日本ばら会)


    大倉 茂 先生5月28日() 午後1時〜午後3時
    大倉 茂 先生「バラのやさしい育て方」

    (生田緑地ばら苑 講師、(公財)日本ばら会)


    富吉 紀夫 先生5月29日() 午後1時〜午後3時(変更)午後2時〜午後4時
    富吉 紀夫 先生「基本を心得てバラを楽しむ
    (生田緑地ばら苑 講師、(公財)日本ばら会 理事)


    【主催】(公財)川崎市公園緑地協会

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    ばら苑コンサートのお知らせ(2016年・春)

    ばら苑内の芝生広場にて、下記の日程で「ばら苑コンサート」を開催致します。美しいバラを観賞するあい間に、生演奏や演舞のひとときをお楽しみください。

    • 会場:生田緑地ばら苑内の芝生広場
    • 備考:天候により中止になる場合があります。

    ♪スケジュール♪

    5月14日()
    10:30-11:00 氷室みゆき(ダンス[マンボ&ブルース])

    5月15日()
    11:00-11:20 CHIMA CHOCOLAT(サックス演奏)
    13:00-13:20 Libre saxophone quartetto(サックス演奏)

    5月29日()
    12:00-12:40 吉野悟 JAZZ BAND(ジャズ演奏)
    13:30-14:10 吉野悟 JAZZ BAND(ジャズ演奏)

    ♪出演者紹介♪

    氷室みゆき氷室みゆき
    ダンサーの氷室みゆきさんは昨春以来のご出演です。社交ダンスの先生であると同時に、実は当ばら苑のボランティアさんでもあります。

    CHIMA CHOCOLATCHIMA CHOCOLAT
    昭和音楽大学の学生さんによるサックス四重奏です。前回秋のばら苑ライブでは、ポピュラーな曲をサックスのアレンジで演奏してくださいました。

    Libre saxophone quartettoLibre saxophone quartetto
    男性4人組のサックス四重奏。ばら苑には今回が初登場です。お楽しみに!

    吉野悟 JAZZ カルテット吉野悟 JAZZ BAND
    吉野悟さんは川崎市出身のジャズギタリスト。詳細は吉野悟のブログ「よっちんブログ~悟りの書~」を。

    前回秋のばら苑ライブでは、ボーカルに小森剛さんを迎えてゆったりとした気持ちにさせてくれる大人の演奏を披露してくれました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年5月10日 (火)

    生田緑地ばら苑 5月12日(明後日) 開苑です!

    生田緑地ばら苑 明後日 5月12日 開苑です!

    昨夜の雨で、ばらの花は、生き生きとしています。

    12日の開苑日には、5分咲きぐらいになるかと思います。

    2016年 春 パンフレットが出来ました。
    苑内でお配りしておりますので、ぜひ、お手にとってごらんください。

    表紙の写真は「カクテル
    Img001_sp0000

    第17回世界バラ会連合 フランス リヨン大会で「殿堂入り」

    Cocktail シュラブ
    1957年 メイアン フランス (別名 コクテール)
    Img_9990_sp0000_2  Img_9947

    Img_9994_sp0000_2家庭でも育てやすい品種です。
    シュラブローズですが、幹は扱いやすく、色々な仕立て方ができます。

    写真(上左)
    シュラブの樹形をいかして奔放に
    写真(上右)
    つるばら扱いで、オベリスクに巻きつけて。

    垣根仕立ては、株を覆うほどに花が楽しめます。

    メイアン社が女優故ロミーシュナイダーさんに捧げたばら。

    受賞した際、メイアン社のブログでは、1957年当時の彼女とメイアン氏がカクテルの花束を抱えている写真が掲載されました。

    白黒のとても素敵な写真です。

    彼女が、名づけ親なのでしょうか?

    リヨンで、会社をおこし、家族経営をつら抜いてきたメイアン社にとって、リヨン大会でカクテルが「殿堂入りのばら」に選ばれた事は、大変名誉なことだったと思います。

    <ご来苑の皆様にお願い>

    駐車場は台数に限りがあり、平日でも大変混雑いたします。

    県道(府中街道)での空車待ちはできません。

    ばら苑正面ゲート前から駐車場までは、道幅が狭いため交互通行となります。
    そのため、駐車場に空きがある場合でも、お待ちいただく場合があります。

    できるだけ、電車・バスのご利用をお願いいたします。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年5月 9日 (月)

    生田緑地 ばら苑 5月12日 開苑です!

    お待たせしました!!!

    生田緑地 ばら苑 5月12日(木) 開苑です!

    月曜日のお休みもなくなり、いつでもお越しいただけます。

    Img_9974_sp0000

    素敵なポスターもできました。

    皆さんが一番気になる開花状況は・・・

    Img_9942_sp0000
    3~4部咲き程度。

    遠目には、まだまだ花が少ないかな?

    ばらは、早咲き・遅咲きなど品種によって個体差が激しいです。

    つるばら好きの方は、早めにお越しくださった方がベスト。

    Img_9944_sp0000

    バーゴラ下のつるばらも綺麗に咲き始めました。

    公開日初日には、たくさんのばらの花が、皆さんをお迎えできると思います。

    5月12日(木)~5月29日(日)までの18日間

    毎日ブログを更新します。

    たびたび、遊びに来てくださいね!!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2016年4月 | トップページ | 2016年9月 »