« 魅惑のグラデーション | トップページ | ローズヒップ »

2014年10月31日 (金)

殿堂入りのばら

お天気が心配でしたが、開苑時間には雨もあがり、うす曇りの金曜日。

写真撮影には、良い一日でした。

<殿堂入りのばら>

*世界41カ国のバラ会が加盟する世界バラ会連合によって、3年に1度開催される会議で、世界中で愛されるバラの中から選び抜かれたバラが「バラの殿堂」に収められます。

これまでに15種類のばらが選定され、全種類、生田緑地ばら苑で栽培されています。

詳しくは、ローズガーデンハウスに掲示があります。

<サリー・ホームズ>
Dscn7535_sp0000
Sally Holmes シュラブ
1976年 R.Holmes イギリス

2012年南アフリカ サントン大会で、新たに殿堂入り。

フロリバンダと違い、枝が長いため、花の重さでちょっとしだれるように咲きます。

春は一枝にたくさん花が付き手毬のようです。

秋は咲き始めのオレンジ色がさえ、満開時の白色と絶妙なハーモニー。

<パパメイアン>
Dscn7506_sp0000 Dscn7505_sp0000

Papa Meilland ハイブリッドティ
1963年 メイアン フランス

第8回 1988年 オーストラリア シドニー大会

すごく香りのよいばら。

殿堂入りのばらには、花の特徴が書いてあるネームプレートがついています。(写真左)

金色のリボンが目印。

Dscn7499_sp0000 Dscn7497_sp0000

<ボニカ’82>(写真左)
Bonica'82  シュラブ
1982年 メイアン フランス

第13回2003年 イギリス グラスゴー大会

<エリナ> (写真右)
Elina  ハイブリッドティ
1984年  ディクソン イギリス

第14回2006年 日本 大阪大会

|

« 魅惑のグラデーション | トップページ | ローズヒップ »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/60573956

この記事へのトラックバック一覧です: 殿堂入りのばら:

« 魅惑のグラデーション | トップページ | ローズヒップ »