« 本日(5月19日 月曜日)は、休苑日です! | トップページ | バラの丘 »

2014年5月20日 (火)

イングリッシュローズ

イングリッシュローズコーナーが見頃を迎えています。

18日の日曜日は、1万人を越す来苑者で賑わいました。

平日もたくさんの来苑者をお迎えしています。

駐車場は大変な混雑で、ご迷惑をおかけしております。

待機していただく場所がほとんどありません。

できるだけ公共交通をご利用ください。よろしくお願いいたします。

<イングリッシュロースコーナー>
Dscn5461_sp0000
満開のザ ダークレディ

2008年、50周年を記念して、皆様からの募金により、新設されたのがイングリッシュローズコーナーです。

イングリッシュローズとは・・・
イギリスのデビット・オースチン氏がオールド・ローズに四季咲き性を持たせるためにモダン・ローズを交配したもので、モダン・シュラブの一系統と分類されています。


現在、43種類が植栽されています。

<ミルラの香り>
イングリッシュローズの独特な香り

ミルラ香の代表種

Dscn5445_sp0000 Dscn4982_sp0000

写真 左 ストロベリー・ヒル

写真 右 セプタード・アイル

デビット オースチン氏がミルラ香と呼んでいる香りは、蓬田バラの香り研究所 研究所長 蓬田氏の著書によるとミルラの香りではなくスパイシーアニスの香りに近いそうです。

蓬田氏が分析した結果、成分は、パラ メシトキシスチレンとパラ ビニルフェノール。

Dscn5486_sp0000私は、ミルラの香りになじみがないのでなんとも言えませんが、スパイシーアニス(アニスシード)はお料理で使うので御存じでは・・・
左の写真はアニスシード

バラの香りは、単一の成分ではないので、、スパイシーアニスの香りのみという事はありません。

繊細な香りの中にミルラ香(スパイシーアニス香)を感じられたらいいですね。

参考図書 薔薇のパルファム 蓬田勝之

|

« 本日(5月19日 月曜日)は、休苑日です! | トップページ | バラの丘 »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日(5月19日 月曜日)は、休苑日です! | トップページ | バラの丘 »