« ローズヒップ | トップページ | チャイコフスキー »

2013年11月 1日 (金)

ウオーム ウィシズ

秋の開苑も残すところ、あと3日。
(11月2・3・4日)

ばらの花と溶け合うように、彫刻があります。

撮影のいいポイントです。

Dscn4348_sp0000
Dscn4373_sp0000
母子像。

製作は多摩美術大学教授早川巍一郎氏。

台座にネームを発見。

このほかに、「白鳥と子供」「少女」の像があります。

Dscn4351_sp0000 Dscn4352_sp0000

ウォーム ウィシズ(写真左)
Warm Wishes  ハイブリッドティ
1994年 フライヤー イギリス

シンプリー ザ ベスト(写真右)
Simply the Best  ハイブリッドティ
2001年 マグレディ ニュージーランド

Dscn4361_sp0000

明日からは、ばら苑コンサートが始まります。

ばらの香りに包まれながら、音楽を鑑賞してはいかがでしょうか?

皆様、お誘いあわせの上、ご来苑ください。



<ばら苑コンサートのお知らせ>
【日時】平成25年 11月2日()

【場所】生田緑地ばら苑内の芝生広場(荒天の場合は中止)

【出演】  11:30-12:00 Laluna(ラルナ)
      13:00-13:30 Laluna(ラルナ)
      14:00-14:30 揚琴奏者 林敏(リンミン) 
      15:00-15:30 揚琴奏者 林敏(リンミン) 

|

« ローズヒップ | トップページ | チャイコフスキー »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

一昨日、89歳の母が薔薇を見たいと言うので向ヶ丘遊園の薔薇園に行きました。
駐車場へ車を止め、足の悪い母の手を引いて階段下へ来たところ急に子供が愚図りだし、抱っこしなければならない状態で困っていたところウォームウィシズのようなオレンジ色のジャンパーを着た係員さんが「階段を上らないでバスをご利用下さい。バスなら薔薇園の裏口まで行きますよ」と声をかけてくれました。
子供を抱っこしながら足の悪い母の手を引き、さらに荷物を持つのが大変だったので係員さんが「お母さんの手は私が引いてあげますよ」と言っていただきバス乗り場まで案内してくれました。
薔薇園内は薔薇の香りと綺麗な花でいっぱいでした。
足が悪くなってから殆ど外出をすることがなくなった母も薔薇の美しさに満足したらしく「来年も見に来られたらいいね」と喜んでくれました。
一生懸命薔薇を育てている皆様と優しくしていただいた係員さんに一言お礼と来年も母に綺麗な薔薇を見せて下さい。 


投稿: 伊藤光子 | 2013年11月 2日 (土) 21:58

伊藤光子様
わざわざお礼のコメントありがとうございます。
ばら苑内の一番近いところに障害者用駐車場をご用意しています。
本来は、身体障害者手帳をお持ちの方のための駐車場ですが、身体障害者手帳をお持ちでないお年寄りや足の不自由な方も、障害者用駐車場に余裕があれば利用できる場合があります。
駐車場料金はいただくことになりますが、現地係員にお申し出ください。
来春もぜひ、お母様とお子さんと遊びに来てください。

投稿: 管理人ナツメ | 2013年11月 3日 (日) 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローズヒップ | トップページ | チャイコフスキー »