« 伊豆の踊子 | トップページ | ハイブリッド ティ »

2013年10月23日 (水)

アーリーモダンローズ

ばら苑は見頃を迎えています!

生田緑地バラ苑は、2002年に向ヶ丘遊園から川崎市が引き継いだものです。

既存品種の保存を大前提に管理してきました。

その甲斐あって、生田緑地バラ苑は、アーリーモダンローズの宝庫です。

Dscn3897_sp0000_2
<シャトー ド クロ ヴージョ>
Chateau de Clos Vougeot  ハイブリッドティ
1908年   Pernet Ducher  フランス

近年、色々な雑誌で取り上げられていますので、皆さんも「アーリーモダンローズ」という言葉を耳にされたことがあるかと思います。オールドローズのたおやかさを残しながらも、四季咲き性と強健な樹勢を兼ね備えています。

アーリーモダンローズ
ハイブリットティー第1号「ラ フランス」の登場する1867年から50年ほどの間に作出された木立性のバラの総称です。

Dscn3907_sp0000_2 Dscn3934_sp0000_2

<ミセス ヘンリー モース>
Mrs.Henry Morse ハイブリッド ティ
1919年 McGredy イギリス

<マダム メラニー スペール>
Madame Melanie Soupert  ハイブリッド ティ
1905年   Joseph Pernet-Ducher.  フランス

某園芸会社 品種紹介のコメントでは・・・

アイボリーにふんわりピンクのやさしげなアーリー。
ティー系の容姿が深くのこす貴重な品種です。
海外ではほぼ消失し、現存品種は当園のみ。
ルクセンブルグの公園からの依頼で100年ぶりに帰順しました。



オールドローズからモダンローズへと続く歴史の中にアーリーモダンローズは重要な役割を果たしています。

モダンローズへと大きく変わった歴史の証人のような個性豊かなバラたちです。

アーリーモダンローズは、裏門近くの花壇に植栽されています。

まだまだ、たくさんの品種がありますので、ぜひ、お訪ねください。

|

« 伊豆の踊子 | トップページ | ハイブリッド ティ »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
民間のばら苑ながら、今回取り上げられているような、
他の大きな植物園でも観られないような
貴重な品種が多いのが良いですね。

また観に行きたいけれど、台風の行方が心配です。

投稿: 裕樹 | 2013年10月24日 (木) 07:37

裕樹様
コメントありがとうございます。
台風が心配ですね。
ばら苑は西に生田緑地の大きな林があり、西風には強いのですが、南は、駐車場があり、割と遠くまで開けているので、南風が強いとばら苑を風が回り被害が大きくなります。
各地で大きな被害が出ないことを心から祈る次第です。

投稿: 管理人ナツメ | 2013年10月24日 (木) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆の踊子 | トップページ | ハイブリッド ティ »