« 殿堂入りのばら | トップページ | ボランティア指導育成専門講師 小川宏先生 »

2013年5月18日 (土)

チャリティー ローズ

朝からばら苑は、すごい人出となりました。

トイレや売店など混雑でご迷惑をおかけしました。

ばらは、競い合うように咲いています。

ばらの香りに酔いしれるひと時を味わっていただけると思います。

<クリス・ビアードショウ>
Dscn2115_sp0000
Chris Beardshaw
2007年 ウィークス アメリカ

ガーデンデザイナー・TVプレゼンター・作家と各方面で、活躍しているクリス・ビアードショウ(Chris Beardshaw)さんの名前に由来するこのばらは、イギリス 王立救命艇協会(Royal National Lifeboat Institution、略号:RNLI)を支援するためのチャリティーローズです。
売上金の一部は王立救命艇協会に寄付されます。
王立救命艇協会は、イギリス及びアイルランド周辺の沿岸や海における救命活動を行なう、イギリスとアイルランドのボランティア組織です。

王立救命艇協会の活動は、会員費やボランティアの寄付により成り立っています。

海外では、このようなチャリティーローズが、たくさんあります。

イギリスのナーセリーC&K JonesのHPには、チャリティーローズのコーナーがあり、チャリティーへの国民の関心の高さがうかがえます。

このバラの色は、透き通るようなピンクで、香りは、C&K Jones社によるとシャーベットスィートフレグランス。
シャーベットは、氷菓子の事でしょうか?

どんな香りか皆さん確かめてみては・・・

<バラの講習会が開催されました>
Dscn2102_sp0000

西尾先生はの講習は、初心者の方々にとてもわかりやすいお話でした。

園芸書通りではなく、自分自身のばら作りを楽しむためのいい勉強になりました。


<講習会のお知らせ>

5月19日() 午後1時〜午後3時
小川 宏 先生「都会で育てる新しいバラ」

(生田緑地ばら苑講師/(公財)日本ばら会 理事)


会場]生田緑地ばら苑内 ローズガーデンハウス。(入場無料)
[定員]各回40名(各回とも現地先着順)

皆様のご聴講をお待ちしております。

|

« 殿堂入りのばら | トップページ | ボランティア指導育成専門講師 小川宏先生 »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 殿堂入りのばら | トップページ | ボランティア指導育成専門講師 小川宏先生 »