« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年11月

2012年11月 5日 (月)

次回、春の公開期間は5月中旬を予定しています

秋の公開期間は11月4日(日)にて終了させて頂きました。ご来場ありがとうございましたhappy01

次回、春の公開期間は平成25年5月中旬を予定しております。日程が決まり次第お知らせ致しますsign01

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

秋のばら苑 最終日です!

本日をもって秋の開苑期間が終了しました。

生田緑地の山もやっとやっと色づき始め、すっかり秋の景色となったばら苑。

名残惜しい1日となりましたが、春の開苑をお楽しみに!!

Dscn1772_sp0000マダム アルフレッド キャリオール
1879年 シュヴァルツ フランス

オールドローズのつるばら 繰り返し咲きの品種。

かなり大きくなりますが、水平に誘引すると花がたくさん付きます。

北側の壁面もOKだそうですが、カーポートやサンルームの上に誘引して、日よけにもいいのではないでしょうか?

葉も大きくてしっかりしています。

来年の春には、バーゴラから花弁が降り注ぐ様を夢見て今からうっとり。

コンサートが開催されました

Dscn1757_sp0000  Dscn1756_4  Dscn1761_sp0000

Laluna(ラルナ)

Dscn1709_sp0000_2
揚琴奏者 林敏(リンミン)

ありがとうございました!

11月3日現在 
来苑者数 31371人 ばら苑募金 ¥1450321

ばらとともに寒い冬を乗り切り、ボランティア・職員一同、春のばら苑に向けてがんばります。

春の開苑を楽しみに待っていてくださいねsign03

ご来苑いただいた方々・ブログを訪問してくださった方々、本当にありがとうございました。

| | コメント (2)

2012年11月 3日 (土)

明日、11月4日 開苑最終日です。

午前中は、曇りでとっても寒かったです。

3日は晴れの特異日だということもあって、午後からは、ぱぁっとお日様が出て暑いほどの陽気になりました。

空が高くなったなーと思います。

ローズヒップ(ばらの実)も美しく色づき来苑者の方々の目を楽しませています。

Dscn1574_sp0000
ノイバラのローズヒップ

我が家にも、いつの間にかノイバラがありました。

きっと、鳥が種を運んできてくれたのでしょうね。
Dscn0823_sp0000 Dscn0845_sp0000
写真左 ロサ・カニナ
写真右 ハマナス

お茶にするローズヒップは、ドッグローズ(Rosa canina)が有名です。
お茶を入れた後のローズヒップも食べられるそうですよ。ジャムにするのもオススメ。

ハマナスは、実も食べられますが、花のお茶も体にいいそうです。

本日のコンサートも大盛況でした。
Dscn1666_sp0000<Laluna(ラルナ)>

河西麻希さん(サックス)と桑原裕子さん(ピアノ)による癒し系&新感覚女性ユニット。
スペッシャルゲスト 遠藤真治さん(ドラム)

バラ色の人生・百万本のバラなど6曲を演奏いただきました。

2008年から毎年バラ苑コンサートに御出演いただいています。

Dscn1691_sp0000<TSUBO-KENグループ>
サックス奏者の坪山健一さん率いるバンド

酒とバラの日々・ジェントルレインなど数曲を演奏いただきました。

今回、はじめての御出演ですが、来園者の方々からもジャズを聞きながらのばら苑もとても素敵ですとご感想をいただきました。

また機会があれば、御出演よろしくお願いいたします。

残すところ、後1日。

明日もコンサートがあります。

秋 最後のばら苑を楽しみましょう。

♪出演スケジュール♪11月4日()
11:30-12:00 揚琴奏者 林敏(リンミン)
13:00-13:30 揚琴奏者 林敏(リンミン)
14:00-14:30 Laluna(ラルナ)
15:00-15:30 Laluna(ラルナ)

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

チャイコフスキー

すっきり晴れ渡る青空にばらが良く映えて、気持ちのいいい一日でした。

<チャイコフスキー>
Dscn1603_sp0000
Tchaïkovski フロリバンダ
2000年 メイアン フランス

中輪房咲きというより大輪房咲き。

かなり大きな花が咲きます。

ちょっとピンクをさしたとっても淡い黄色完全に咲き切ると白色になります。

名前はロシアの作曲家にちなみます。

今日はコンサートがありました。

<TSUBO-KENグループ>
サックス奏者の坪山健一さん率いるバンド
Dscn1581_sp0000
ツボケンさんは、 「全国の方々に、直に生の演奏を聴いて頂いて、応援して頂く」をモットーとし、全国を活動の場としています。
駅前での路上ライブをお聞きになったかたも多いのでは?
4曲、演奏して頂きました。
Take Five
Fly Me to the Moon
君宛ての手紙(オリジナル)
Spain

君宛ての手紙では、ソプラノサックスの甘い音色に、切ないような暖かさを感じうっとりと聞き入りました。

明日もコンサートがあります。お楽しみに!

<揚琴奏者 林敏(リンミン)>
Dscn1627_sp0000
今年の春のばら苑コンサートから2度目のご出演。

揚琴奏者 林敏(リンミン)さんは、春に来た時は海のようなバラに感動しました。
またこのステージに立てる事を感謝していますとごあいさついただきました。

曲目も、今回は、バラや花をテーマに選曲いただきました。

百万本のバラ
荒野のバラ 
チャイコフスキー 花のワルツ

その他の演奏曲
赤とんぼ・もみじ・剣の舞

上の写真の楽器は、揚琴(ようきん)。

中国語では、ヤンチン。

140本の弦が張ってあるそうです。

細工のきれいな台にのっています。

<コンサートのおしらせ>

♪出演スケジュール♪
11月3日()
11:30-12:00 Laluna(ラルナ)
13:00-13:30 Laluna(ラルナ)
14:00-14:30 TSUBO-KENグループ
15:00-15:30 TSUBO-KENグループ

| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

ティナターナー

Dscn1549_sp0000Tina Turner ハイブリッドティ
1992年 トンプソン イギリス


Dscn1543_sp0000

明日から3日間(11月2・3・4日)、コンサートが開催されます。

舞台も設置完了。お客様を待つばかりです。

♪出演スケジュール♪

11月2日(金)
11:30-12:00 TSUBO-KENグループ
13:00-13:30 TSUBO-KENグループ

14:00-14:30 揚琴奏者 林敏(リンミン) 
15:00-15:30 揚琴奏者 林敏(リンミン) 

音楽つながりで、今日ご紹介するばらは、ティナ ターナー

シンガー ティナターナーに捧げられたばら。

開苑後、すぐのころはあまりはっきりした色合いではなかったのですが、ここにきてすっかり艶を増したようです。

どうも、日本ではあまり植栽されていないようです。

それゆえ、なかなか詳細も解らずじまい。

とても良い香りで、交配親は、シルバージュビリーぐらいかな。

ティナターナーは、1990年、イギリスのゲーツヘッドで行われたナショナル ガーデン フェスティバルで、コンサートを行っています。

この時、ナショナル ガーデン フェスティバルの主催者から ばら ティナターナーを送られたようです。

作出年は、1992年。この2年は何なんでしょうね。

また、詳しいことが解りましたら、ブログで。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »