« ボニカ82 | トップページ | ティナターナー »

2012年10月31日 (水)

ビバリー

早いもので、閉苑まであと4日。

開花状況は、2番花が見頃。苑長苦肉の表現です。

花数は、少なくなりましたが、まだまだ、楽しめますよ。

今日は、香りのばらをご紹介します。

苑内には、たくさんの良く香るばらがありますが、花壇の奥の方にあったり、背が高くてとても匂いを楽しめないわとお嘆きの声も聞かれます。

そこで、苑路からすぐに香りを楽しんで頂けるばらを特集。

<ビバリー>

Dscn1451_sp0000

Beverly ハイブリッドティー
2007年 コルデス ドイツ

Dscn1516_sp0000非常に良く香るばらです。

トップノートはかんきつ系。

ミドルノート(ハートノート)は、西洋ナシ・プラム・ライチ・白桃の香り。

ベースノートは、パチョリ・マートルの香り。

コルデスは、このように表現しています。

国際香りのばら新品種コンクールでは、第3回にHT銀賞を受賞。

ティーの香りにフルーティーでややメタリックな甘さが感じられる。

さわやかな香りと表現されています。

良く香るのは、お昼頃のようです。

場所 裏門近くの芝生の隣の花壇

<クィーンズ ロンドン チャイルド>
Dscn1522_sp0000
Queen's London Child フロリバンダ
2004年 ハークネス イギリス

樹高60㎝程度の小型のばら。

この系統のばらにしては、とても良く香ります。

花は小さいですが、甘い香りがしますよ。

場所 温室前 腰高の花壇

<ローズマリーとヘリテージ>
Dscn1430_sp0000_2 Dscn1431

イングリッシュローズ デビットオースチン
ローズマリー 2003年
ヘリテージ   1984年

3株植えたのですが、2本が白 1本がピンク。

ピンクはヘリテージで、ローズマリーは、ヘリテージの枝変わり。

色以外は、まったく同じ性質だそうです。

ミルラ香のなかにフルーツやハチミツ、カーネーションの香りが混じった素晴らしい芳香。

場所 イングリッシュローズコーナー

<お知らせ>
11月1日(木)は、金曜日から始まるコンサートの会場設営のため、ご来苑の皆様に、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします

 

|

« ボニカ82 | トップページ | ティナターナー »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボニカ82 | トップページ | ティナターナー »