« 2010年10月 | トップページ | 2011年4月 »

2010年11月

2010年11月 7日 (日)

イングリッシュローズ

本日をもって秋の開苑期間が終了しました。

*次回、春の公開期間は、2011年5月中旬を予定しています。


最終入場3時半ぎりぎりまで、来苑者が後をたたず、愛されているばら苑だなーと思った次第です。

まだまだ、つぼみのばらもたくさんあり、12月ごろまでは、花が咲きそうです。

公開できないのが、残念。m(_ _)m

<イングリッシュローズ>
50周年を記念して、皆様からの募金により、新設されたのがイングリッシュローズコーナーです。
*イングリッシュローズとは・・・
イギリスのデビット・オースチン氏がオールド・ローズに四季咲き性を持たせるためにモダン・ローズを交配したもので、モダン・シュラブの一系統と分類されています。


もっと早くに開花状況をお伝えしたかったイングリッシュローズ。

四季咲き性が強いイングリッシュローズとは言え、昨年までは、秋の花つきが悪く、各品種について、よりよい剪定方法を模索していました。

今年は、ボランティアさんたちが、イングリッシュローズに精通した有島薫先生に栽培技術を学び、、各品種ならではの樹形を保ち、花を咲かせています。

Img_2431_sp0000
シスター・エリザベス
可愛いボタンアイが魅力。
*ボタンアイ ロゼット咲きの花芯の小さな花弁が内側に巻き込み、ボタンの様に見える状態

Img_2048_sp0000剪定の注意書き。

ボランティアさんによるボランティアさんのために設けられたプレート。

ベテランさんから初心者の方へ技術が受け継がれていくんですね。happy01

皆さん、勉強熱心で、お話を聞くのが楽しみです。


11月6日現在 
来苑者数 23542人 ばら苑募金 ¥955561

ばらとともに寒い冬を乗り切り、ボランティア・職員一同、春のばら苑に向けてがんばります。

春の開苑を楽しみに待っていてくださいねsign03

ご来苑いただいた方々・ブログを訪問してくださった方々、21日間本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

ばら苑 ボランティア活動

開苑も明日が最終日

本日は,ばら苑コンサートがありました。
出演はタンゴ・レクエルド・ベレッサ弦楽四重奏団の皆さんです。
Img_2421_sp0000
タンゴ・レクエルド

とても暖かい秋日和。

ばら苑から民家園に抜けるコースもだんだん定着してきたようです。

下りの山道ですが、マイナスイオンを浴びながらのちょっとしたハイキングを楽しめます。

<ボランティアさんありがとう>
Img_1797_sp0000 Img_2434_sp0000
生田緑地 ばら苑は、ボランティアと市の職員でほとんどの管理・運営がなされています。

ボランティアの仕事は、除草だけでなく、剪定・土づくり・肥料やりなどのほとんどの作業を行っています。

ばら苑 開苑時には、受付・案内などもお手伝いいただき大活躍です。

ボランティアは、年間を通して、1日おきに活動しています。

<11月7日()コンサートスケジュール>
11:30-12:00 ラルナ
13:00-13:30 ラルナ
14:00-14:30 タンゴ・レクエルド
15:00-15:30 タンゴ・レクエルド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

ばら苑コンサート

とても気持ちの良い秋晴れの一日でした。sun

コンサートが開催されました。
Img_2362_sp0000
ラルナ
Img_2407_sp0000
ベレッサ弦楽四重奏団

ここ数年、何回か御出演いただいているので、ファンの方も多いのでは・・・

100席ほど用意した椅子も満席でした。happy01

ばらに囲まれて心地よい音楽を聞けるなんて、至福のひと時ですね。

コンサート会場のすぐそばに咲いているばらをひとつ紹介します。

<ティナ・ターナー>
Img_2375_sp0000 アフリカ系アメリカ人の女性歌手ティナ・ターナーにちなんで名づけられたばら。

すごくパワフルな女性で、一度歌声を聴いたら忘れられないインパクトがあります。


<11月6日() コンサートスケジュール>
11:30-12:00 タンゴ・レクエルド
13:00-13:30 タンゴ・レクエルド
14:00-14:30 ベレッサ弦楽四重奏団
15:00-15:30 ベレッサ弦楽四重奏団

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

つるばらの秘密

11月に入りすっかり朝の気温が下がったばら苑。

一番乗りには、とてもよい香りのご褒美が。

明日から、ばら苑コンサートが始まります。
11月5日(金)
11:30-12:00 ラルナ
13:00-13:30 ラルナ
14:00-14:30 ベレッサ弦楽四重奏団
15:00-15:30 ベレッサ弦楽四重奏団

生演奏を耳にしながら、美しいバラを観賞するのはいかがでしょうか?

<つるばらの秘密>
Img_1886_sp0000 来苑者の方々に、どうしてつるばらを束ねているのかとご質問をされることがあります。

シュートがのびたらすぐに誘引しないのでしょうか?

職員の方に伺ったところ、大輪系のつるバラは昨年花を咲かせた枝よりも、新しくのびたまだ花をつけていない枝の方に、より多くの花をつけるそうです。

枝数が多ければ花のついた古い枝は全部根元から切り捨てます。

花後シュートが出てきたらとめずに、どんどんのばし、風で折れないようにできるだけ曲げないでしばります。この縛った枝に来年は多くの花が咲くそうです。

このしばった姿はつるばらの夏から秋の風物詩です。

誘引は、12月から翌年2月のほぼ落葉した休眠期に行います。

Img_2324_sp0000 アルテッシモ
Altissimo  LCl
1966年 Delbard-Chabert フランス

一季咲きの多いつるばらですが、この種は、繰り返し咲きで、ビロードのような赤が鮮やかです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

黄ばら

文化の日とあってばら苑はたくさんの来苑者でにぎわいました。

お天気もよく、清々しい一日でした。sun

日差しに映える黄ばらが、見頃です。

Img_2337_sp0000
サンダンス
Sundance ハイブリッドティ
2004年 J&P アメリカ
ゴールデン イエローと言われる黄色。秋の花は、色濃く美しいです。
ふちのオレンジ色がアクセント。
夏の暑さに強い品種。

Img_2342_sp0000 Img_2355_sp0000 Img_2357_sp0000
写真 左 ゴールドリーフ
Gold Leaf  フロリバンダ
1998年 タンタウ ドイツ

写真 中  サンシルク
SunSilk フロリバンダ
1974年  Fryer イギリス

写真 右 金閣
Kinkaku ハイブリッドティ
1975年 岡本寛治郎 日本
交配親 ピース

<お知らせ>
4日(木)は、金曜日から始まるコンサートの会場設営のため、ご来苑の皆様に、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

コティリオン

今日は、風もなくとてもポカポカです。sun

先週の寒さを思うと、今週いっぱいお天気が続くことを祈りたいですね。

ばらは、四季咲きと言っても、春と秋では、花の色だけでなく、咲き方や花弁数など大きな違いが出できます。

<コティリオン>
Img_2318
Cotillion フロリバンダ
1999年
J&P アメリカ

本来なら花弁数40枚程度になるばら。色はラベンダー。
甘いとても良い香りがします。
交配親 ショッキング・ブルー

Jackson & Perkins のHPで紹介されているコティリオンとは、違う品種かと思ってしまいます。ラベンダー色というよりはピンク色。

このようなことは、秋と春の花を比べるとあまり珍しいことではありません。

皆さんもご自分で撮った写真を見比べてみてはいかがでしょうか?

楽しい発見がたくさんありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

月曜日は休苑です!(11月1日)

月曜日は休苑です!(11月1日)
ご注意ください。


2日(火)からは、お天気にも恵まれそうです。

金曜日からは、コンサートも開催されます。ぜひぜひ、遊びに来てください。

イングリッシュローズ <ザ・ダーク・レディ
Img_2260_sp0000
やや乱れたロゼット咲きで、春は房咲きになり、秋は一輪咲きになりやすいそうです。
ばら苑のザ・ダーク・レディも一輪咲きのためか、とても大きな花が咲いています。

イングリッシュローズコーナーのばらたちも、だいぶ花が咲いてきました。
36品種を植栽しています。
お気に入りのばらを見つけてみませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年4月 »