« 一重のばら | トップページ | ミニばらコーナー »

2010年5月26日 (水)

イングリッシュローズ

昨日の天気予報では、今日は大荒れのお天気になりそうでしたがなんとか3時過ぎまでは曇り。cloud
その後、大粒の雨が降ってきました。rain
今夜は、静かな夜になることを祈ります。
開花状況は、満開です。
これからどんどん花がなくなってしまうのではとご心配でしょうが、大丈夫です。
遅咲き品種がお待ちしてますよ。
やっと、ポツポツ花をつけてきたものもあります。
<イングリッシュローズ>
平成20年「ばら苑募金」を活用して作られたイングリッシュローズコーナー。
見ごろを迎えています。
Img_0873_sp0000 デビット・オースチン氏は、バラのハンドブック(デビッド・オースチン・ロージズ株式会社発行)で、株間の距離について1品種3本以上を近づけて植えるとよいと言っています。株間は品種にもよりますが、約45㎝ほど。
生田緑地 ばら苑も1品種 3本植えです。
上の写真は、チャールズ・オースチンです。
植えてから2年目となりますが、1つの密なシュラブとなり、とても見栄えがします。
杭に幅は、1m50㎝~1m80㎝ぐらいです。
ご参考に!
花形に着目してご紹介します。
<カップ咲き>
Img_0870_sp0000_2 Img_0872_sp0000_2
ゴールデン・セレブレーション(写真 左)
クイーン・オブ・スウェーデン(写真 右)  
<カップ咲き~ロゼット咲き>
Img_0875_sp0000_2 Img_0881_sp0000_2
レディ・オブ・メギンチ(写真 左)
リッチフィールド・エンジェル(写真 右)   
<ロゼット咲き>
Img_0879_sp0000_3 Img_0757_sp0000_3
シスター・エリザベス(写真 左)
*ボタンアイ ロゼット咲きの花芯の小さな花弁が内側に巻き込み、小さなボタンのように見える状態
ザ・ダーク・レディ(写真 右)
<剣弁高芯咲き~ロゼット咲き>
Img_0755 ジャネット
咲き始めは、整ったハイブリッド・ティーのようで、外弁が剣弁、中心が丸弁になるロッゼット咲き。
イングリッシュローズには珍しい咲き方。

|

« 一重のばら | トップページ | ミニばらコーナー »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちわhappy01

やっと☆満開☆になったみたいですねhappy02

今週の土日に見に行こうと思ってますがflair
昨日のrainでお花は落ちてませんでしょうかsign02shock

shine素敵shineなバラを楽しみにしていますsmilenotenotenote

投稿: バラ大好き☆ | 2010年5月27日 (木) 10:16

ばら大好き様
コメントありがとうございます。
適当なコメントは、なしにして、真実を。smile
やはりこのところの雨で白ばらなどにしみのできているものやあまりに花が重くて倒れそうなものもあります。
しかし、全体としてはとても満足のいくものだと自負しております。
春のお楽しみのつるばらは、絶景です。
人気のあるピエール・ドゥ・ロンサールはまさに見頃。
週末、混雑が予想されますが、ぜひぜひ、おいでくださいね。お待ちしております。

投稿: 管理人ナツメ | 2010年5月27日 (木) 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/48463836

この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュローズ:

« 一重のばら | トップページ | ミニばらコーナー »