« つるバラの夏越し | トップページ | 宮澤賢治が愛したバラ »

2008年10月22日 (水)

紫の花芯

平日にもかかわらず、たくさんのご来苑 ありがとうございます
バラも順調に開花が進み、ばら苑中、とてもいい香りがします

本日は紫の花芯のご紹介です。
2008_10210014
ジュリア 茶系のバラの代表花です。
ロイヤルミルクティーのような色。
独特でやわらかなフリルの花弁と、その花色からお好きな方も多いのではないでしょうか?
すぐに開花してしまいますが、紫色の花芯が見えてからも独特なアンティークな雰囲気がすばらしい花です。
2008_10210013 Photo
ジュリア
Julia's Rose ハイブリッド ティー
1976年 Wisbech Plant Co. イギリス

その他に紫の花芯というとデンティ・ベスを思い浮かべますね。
2
Dainty Bess ハイブリッド ティー
1925年 Archer イギリス
スパイシー香


しべが見えてくる頃には、いつもと違ったバラの姿をお楽しみいただけます。
蕾から散りゆく姿までバラは私たちの心をつかんで離しません。

|

« つるバラの夏越し | トップページ | 宮澤賢治が愛したバラ »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/42864962

この記事へのトラックバック一覧です: 紫の花芯:

« つるバラの夏越し | トップページ | 宮澤賢治が愛したバラ »