« 紫の花芯 | トップページ | 100年以上愛され続けているバラ »

2008年10月23日 (木)

宮澤賢治が愛したバラ

今日からお天気がだんだん崩れるようですが、まだ、午前中、ばら苑はいいお天気です。sun
23日(木)11時現在

宮澤賢治が愛したバラをご紹介します。
グルス・アン・テプリッツ ハイブリッド チャイナ
1897年 R.Geschwind ハンガリー
別名 (ニッコウ)日光
Photo
耐寒性を追求した育種家ルードルフ ゲシュヴィントの作出。
彼の故郷、テプリッツにちなんで名付けられた。

このバラは、バラの多くの図鑑に「宮澤賢治が愛したバラ」として掲載されています。
しかし、宮澤賢治愛好家の方々にはあまり知られていない様子
実際は、賢治が昭和3年頃、花巻共立病院の院長さんの新築祝いに送ったバラだそうです。
このいきさつについては、宮澤賢治愛好家の方々が詳しく調べていますので、ネット検索してみてください。
昭和3年、まだバラの植栽が一般的に普及していなかった頃、賢治が選んだ品種が、耐寒性の強いバラであったことは、賢治の植物を愛する心の現れではないでしょうか?
贈り物だからこそ、末永く育てられ、気候風土に適したものをとお考えになったのではと私は思います。
オールドローズとして、新しい図鑑には必ず載っているこのバラ
なかなか見る機会は少ないと思います。
ぜひ、生田緑地ばら苑で、このバラと会ってみませんか?

|

« 紫の花芯 | トップページ | 100年以上愛され続けているバラ »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/42870281

この記事へのトラックバック一覧です: 宮澤賢治が愛したバラ:

» ギャラリー#2 Autum Roses [和菓子 大黒屋 ブログ]
おはようございます。寒川町の和菓子店、大黒屋の野中正博です。 寒川は朝からあいにくの雨です。 今日は昨日予告した、ギャラリー第2弾です。火曜日に生田緑地ばら苑(旧向ヶ丘遊園) にて撮影しました。この日はいい天気。撮影日和でした。秋のバラ苑はつるバラが殆ど咲いていない分寂しいのですが、バラの発色が素晴らしく良いです。春と比べて色が濃いです。気温が高かったせいか昆虫の動きも活発でした。久々にカマキリを見ました。よく見ると誰かに似ている・・・。 本日も皆様のご来店をお待ちしています。 〒... [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 09:06

« 紫の花芯 | トップページ | 100年以上愛され続けているバラ »