« ばら苑 ボランティア | トップページ | 50周年記念ミニ・コンサート »

2008年10月31日 (金)

秋のイングリッシュローズ

ばら苑は晴れsun9分咲きから満開のの状態です。
今年の春、新設された「イングリッシュローズコーナー」のばらたちは驚くほど大きく育っています。初期のイングリッシュローズから新作まで36種類、植栽されています。
春には、たくさんの土が見えていたのに、1品種3株植えが良かったようで、素敵なシュラブの形に出来上がっています。
一般的に暖地で育てると大型化するようです。
イングリッシュローズとは・・・
イギリスのデビット・オースチン氏がオールド・ローズに四季咲き性を持たせるためにモダン・ローズを交配したもので、モダン・シュラブの一系統と分類されています。
Photo
花が判りにくくてすみません。
アップでお届けします。
Photo_2 2 Photo_3
(写真 左) アブラハム ダービー 1985年
(写真 中) エル ディ ブレスウェイト 1988年
(写真 右) ウィズリー 2004年
Photo_4  Photo_5  Photo_6
(写真 左) シスター エリザベス 2006年
(写真 中) シャルロット 1993年
(写真 右) スキャボロー フェア 2003年
Photo_7  Photo_8  Photo_9
(写真 左) セプタード アイル 1996年
(写真 中) リッチフィールド エンジェル 2006年
(写真 右) チョーサー 1970年
初期のイングリッシュローズ
強いミルラ香 ちょうど花壇の角に植えられています。
香りを楽しむには絶好の場所です。
3 5
両方ともローズマリー 2003年
花色はオフホワイトからブラッシュピンク。
3本植えられていますが、1本は特に色がピンクがかっています
ヘリテージの枝変わりなので、ヘリテージ似の子も出てくるようです。
秋の開苑は残すところ、後3日。
土・日・月曜日と50周年記念ミニ・コンサートが開催されます。
どうぞ、お楽しみにsign01

|

« ばら苑 ボランティア | トップページ | 50周年記念ミニ・コンサート »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/42955103

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のイングリッシュローズ:

« ばら苑 ボランティア | トップページ | 50周年記念ミニ・コンサート »