« 100年以上愛され続けているバラ | トップページ | 秋色が映える大輪花 »

2008年10月25日 (土)

アーリーモダンローズの宝庫

バラ苑は、昨日、すごい雨でした。
近くにある二ヶ領用水は台風並みの激流と化していました。
ただいまのお天気は、曇り。cloud
気温は24℃近くまで上がりそうです。

本日の講習会のお知らせ
10月25日() 午後1時〜3時
近藤 昭郎 先生「バラ作り入門講座」
(生田緑地ばら苑講師/(財)日本ばら会 元常務理事)

今年50周年を迎えるバラ苑は、2002年に向ヶ丘遊園から川崎市が引き継いだものです。
既存品種の保存を大前提に管理してきました。
その甲斐あって、生田緑地バラ苑は、アーリーモダンローズの宝庫です。
近年、色々な雑誌で取り上げられていますので、皆さんも「アーリーモダンローズ」という言葉を耳にされたことがあるかと思います。オールドローズのたおやかさを残しながらも、四季咲き性と強健な樹勢を兼ね備えています。
アーリーモダンローズ
ハイブリットティー第1号「ラ フランス」の登場する1867年から50年ほどの間に作出された木立性のバラの総称です。

マダム メラニー スーペル
Mme. Melanie Soupert (HT)
1905年 Pernt-Ducher
Photo_6
アイボリーにふんわりピンクのやさしげなアーリー。ティー系の容姿が深くのこす貴重な品種です。海外ではほぼ消失し、現存品種は当園のみ。昨年暮れ、ルクセンブルグの公園からの依頼で100年ぶりに帰順しました。(某園芸会社 品種紹介のコメント)
すごい貴重品種です。
2_3 Photo_7
(写真 左)
ミセス チャールズ ランブロゥ
Mrs. Chaeles Lamplough (HT)
1920年 Sam. Ⅱ McGredy
交配種は、23日ブログに登場の「フラウ カール ドルシュキー」
(写真 右)
ラ フランス 
La France ハイブリッドティー(HT)
1867年 Guillot et Fils フランス
ハイブリッドティー 第1号            
2_2 Photo_2
(写真 左)
ミセス・ヘンリー・モース
(HT)
1919年 イギリス
(写真 右)
ミセス・ハーバート・スティーブンス
Mrs Herbert Stevens (HT)
1910年 McGredy イギリス
3 Photo_3 
(写真 左)
オータム
Autumn (HT)
1928年 L.B.Coddington アメリカ
赤橙色裏弁アプリコット
(写真 右)
レッドラディアンス
Red radiance (HT)
1916年 Gude アメリカ
マダム カロリーヌ テストゥの末裔

まだまだ沢山のアーリーモダンローズがあります。
探してみてください。場所は、裏門横、バラのアーチのある花壇です。

|

« 100年以上愛され続けているバラ | トップページ | 秋色が映える大輪花 »

ばら苑日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514645/42889555

この記事へのトラックバック一覧です: アーリーモダンローズの宝庫:

« 100年以上愛され続けているバラ | トップページ | 秋色が映える大輪花 »