« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

秋のイングリッシュローズ

ばら苑は晴れsun9分咲きから満開のの状態です。
今年の春、新設された「イングリッシュローズコーナー」のばらたちは驚くほど大きく育っています。初期のイングリッシュローズから新作まで36種類、植栽されています。
春には、たくさんの土が見えていたのに、1品種3株植えが良かったようで、素敵なシュラブの形に出来上がっています。
一般的に暖地で育てると大型化するようです。
イングリッシュローズとは・・・
イギリスのデビット・オースチン氏がオールド・ローズに四季咲き性を持たせるためにモダン・ローズを交配したもので、モダン・シュラブの一系統と分類されています。
Photo
花が判りにくくてすみません。
アップでお届けします。
Photo_2 2 Photo_3
(写真 左) アブラハム ダービー 1985年
(写真 中) エル ディ ブレスウェイト 1988年
(写真 右) ウィズリー 2004年
Photo_4  Photo_5  Photo_6
(写真 左) シスター エリザベス 2006年
(写真 中) シャルロット 1993年
(写真 右) スキャボロー フェア 2003年
Photo_7  Photo_8  Photo_9
(写真 左) セプタード アイル 1996年
(写真 中) リッチフィールド エンジェル 2006年
(写真 右) チョーサー 1970年
初期のイングリッシュローズ
強いミルラ香 ちょうど花壇の角に植えられています。
香りを楽しむには絶好の場所です。
3 5
両方ともローズマリー 2003年
花色はオフホワイトからブラッシュピンク。
3本植えられていますが、1本は特に色がピンクがかっています
ヘリテージの枝変わりなので、ヘリテージ似の子も出てくるようです。
秋の開苑は残すところ、後3日。
土・日・月曜日と50周年記念ミニ・コンサートが開催されます。
どうぞ、お楽しみにsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

ばら苑 ボランティア

ばら苑は、曇りcloud
あまり気温は上がりそうにありません。
冷え込みがますにつれて、ばらの花色もぐっと鮮やかになると思います。

生田緑地 ばら苑は、ボランティアと市の職員でほとんどの管理・運営がなされています。
ボランティアの仕事は、除草だけでなく、剪定・土づくり・肥料やりなどのほとんどの作業を行っています。
今年からは、挿し木や接ぎ木にも挑戦。
温室にその成果が、春を待ちわびています。
ボランティアは、年間を通して、1日おきに活動しています。
2008_10280006
中央の丘での作業風景
ばらの中にもぐりこんでの除草作業。トゲに気をつけて!

k-press(市民がつくる 市民のための川崎市・狛江市のインターネット新聞で、ばら苑ボランティアの方が開花情報をお伝えしています。生田緑地ばら苑日誌
とても熱心な方でバラ苑の品種同定に励んでおられます。
近いうちに全種、品種名がわかるかもしれません。
k-pressは、ブログの右側にリンクがはってありますので遊びに行ってくださいね。

中央の丘は、フロリバンダ・ローズでいっぱいですsign01
2008_10280040 2008_10280041
(写真 左)
フラワー ガール
Flower Girl フロリバンダ
1964年 P.Dickson イギリス
(写真 右)
フロリック
Frolic フロリバンダ
1953年 H.C.Swim アメリカ
2008_10280043 2008_10280044
(写真 左)
ユーロピアーナ
Europeana フロリバンダ
1963年 deRuiter オランダ
新芽の赤葉が綺麗です。
(写真 右)
サラバンド
Sarabande フロリバンダ
1957年 F.Meilland フランス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

シャトー・ド・クロ・ブージョ

このばらは、生田緑地ばら苑の中で「クロばら」を探しているときに見つけました。
以前ご紹介したブラックティーや黒真珠のような色とは違いますが、とっても深い赤色です。
シャトー・ド・クロ・ブージョ(シャトー・ド・クロ・ヴージョ)というと高級ワインを思い浮かべる方が多いのでは・・・
本当に深い赤ワインの色なのかもしれません。wine
2008_10280019
シャトー・ド・クロ・ブージョ
Chateau de Clos Vougeot  ハイブリッド ティー
1908年 Pernet Ducher フランス
年代から言えば、アーリーモダンローズなのですが、オールドローズの雰囲気もあります。
深紅色をもたらすためのイングリシュローズの交配親としても有名です。
イングリッシュローズ プロスペロは
The Kight'× Chteau de Clos Vougeot
生田緑地イングリッシュローズコーナーにあるザ・ダークレディーは、MaryRoseka×Prospero
ザ・ダークレディーは、シャトー・ド・クロ・ブージョの孫に当たるのですね。
その他にスパニッシュビューティーは、
Frau Karl Druschki × Chateau de Clos Vougeot
(フラウ カウル ドルシュキー 24日ブログで紹介したばら)
白色×赤色でピンクになったのですね。
ばらは調べれば調べるほど血統がはっきりしていて面白いです。
Photo 2_3
(写真 左)
ザ・ダークレディー
The Dark Rady イングリッシュ ローズ
1991年 デビット オースチン イギリス
(写真 右)
スパニッシュ ビューティ
spanish Beauty ラージ フラワード クライマー
1927年 Dot.P スペイン
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

アーリーモダンローズの宝庫 パート2

昨日は、休苑日にするにはもったいないようないいお天気でした。sun
今日もばら苑は快晴です。sun
ばら苑の開苑期間も残すところあと1週間。
お天気も安定しているようですので、ぜひぜひ、足をお運びください。
4
エクリプス
ばら苑を取材して分かったことは、アーリーモダンローズがあまりにも多いこと。
最近出版された図鑑に載っていない品種もあります。
25日のブログでは紹介しきれなかったので、今日も特集します。
Photo_3 Photo_4
(写真 左)
エクリプス
Eclipse ハイブリッド ティー
1935年 Nicolas アメリカ
(写真 右)
マグレディー ピンク
McGredy's Pink ハイブリッド ティー
1936年 McGredy イギリス
マグレディのアイルランド時代のバラ
咲き始めにはハイブリッドティーらしい形ですが、咲き進むとオールドローズのような形になります。
Photo 3
(写真 左)
フー ペルネ デュッシュ 
Feu Pernet-Ducher ハイブリッド ティー
1935年 C.Mallerin フランス
花弁数40~50枚と重ねの多い品種。ピースの作出以前は黄色バラの代表花。
(写真 右)
マダム コシュ コシュ
Mme.Cochet-Cochet ハイブリッド ティー
1934年 C.Mallerin フランス
2 2
(写真 左)
コンテス バンダル
Comtesse Vandal ハイブリッドティー
1932年 Mathias Leenders オランダ
秋バラは写真のような色合いですが、春はアプリコットのやさしい色合い。
(写真 右)
ベター タイムス
Better Times ハイブリッド ティー
1934年 Joseph H. Hill Co. アメリカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

本日、ばら苑はお休みです!

月曜日は休苑日となっておりますsign03
※但し11月3日(祝)は開苑

cameraばら苑の写真を募集しています!camera
~来春のばら苑開苑時に開催する「写真展」の作品を募集しています~
応募作品
平成20年10月17日(金)~平成20年11月3日(月)までの間にばら苑内で撮影された未発表の写真
応募枚数は一人2枚まで サイズ 四つ切プリント
応募期間平成20年10月17日(金)~平成20年11月17日(月)
応募方法 各作品の裏面に
氏名 住所 電話番号 撮影月日 ばらの品種名等を明記
ばら苑に持参(開苑期間中)または川崎市公園緑地協会あてに郵送
応募資格 どなたでも参加できます
展示方法 ばら苑ローズガーデンハウス内に展示します。
応募作品が多数に場合は、展示できないこともあります。
展示作品には記念品贈呈
注意事項 応募作品は返却しません
       人物が入る場合、肖像権に注意してください
       肖像権侵害の責任は負いません

                      問い合わせ先及び作品の郵送先
                     (財)川崎市公園緑地協会
                     〒211-0052
                     川崎市中原区等々力3-12
                     ℡ 044-711-3257

皆様の力作をお待ちしております。

ばらのお話を一つ。
25日に紹介したアーリーモダンローズの「ミセス・チャールズ・ランブロー
日本にはあるけれど、他の国にはない貴重な品種だそうです。
作出者のナーセリーにもないんですって。
2
25日のブログでは、蕾の写真でしたので、今日は、ぽってり開いたお花をご覧ください。
うつむく姿は、ティー ローズの面影がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

秋色が映える大輪花

バラ苑は曇りcloud お昼ごろには日も差しそうです。
お車でお出かけの方は、駐車場がいっぱいでしたらゴメンナサイ。ほとんど駐車待ちはできません。

本日の講習会のお知らせ
10月26日() 午後1時〜3時
田地 良男 先生「始めようバラ作り」

(川崎市フラワーガーデン(協)専務理事/たまがわガーデニングスクール講師)

昨日の講習会の様子。たくさんの皆様、ご聴講ありがとうございました。
070
講師 生田緑地ばら苑アドバイザー
ボランティア指導育成専門講師 近藤昭郎先生です。
「バラ栽培とは科学である」の持論に基づいた、とても勉強になるお話が聞けたのではないでしょうか。

昨年、ばらの若返りをはかり冬場にかなり強選定をしました。
春は樹高が低いものもありましたが、順調に夏を越し、秋には素晴らしい花をつけてくれました。
秋バラとは思えぬほどの大輪です。
Photo 2
人の背丈を超えるような株です。
ファーストプライス
First Prize ハイブリッド ティー
1970年 E S Boerner アメリカ
濃いローズピンクが開くにつれ淡いピンクに変化する。
ピンクのぼかしのように見える。
Photo_2 3
オジアーナ
Osiana  ハイブリッド ティー
1989年 Tantau ドイツ
アプリコット色

ばらの香りを楽しみながら、芝生でのごろ寝が気持ちの良い季節ですsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

アーリーモダンローズの宝庫

バラ苑は、昨日、すごい雨でした。
近くにある二ヶ領用水は台風並みの激流と化していました。
ただいまのお天気は、曇り。cloud
気温は24℃近くまで上がりそうです。

本日の講習会のお知らせ
10月25日() 午後1時〜3時
近藤 昭郎 先生「バラ作り入門講座」
(生田緑地ばら苑講師/(財)日本ばら会 元常務理事)

今年50周年を迎えるバラ苑は、2002年に向ヶ丘遊園から川崎市が引き継いだものです。
既存品種の保存を大前提に管理してきました。
その甲斐あって、生田緑地バラ苑は、アーリーモダンローズの宝庫です。
近年、色々な雑誌で取り上げられていますので、皆さんも「アーリーモダンローズ」という言葉を耳にされたことがあるかと思います。オールドローズのたおやかさを残しながらも、四季咲き性と強健な樹勢を兼ね備えています。
アーリーモダンローズ
ハイブリットティー第1号「ラ フランス」の登場する1867年から50年ほどの間に作出された木立性のバラの総称です。

マダム メラニー スーペル
Mme. Melanie Soupert (HT)
1905年 Pernt-Ducher
Photo_6
アイボリーにふんわりピンクのやさしげなアーリー。ティー系の容姿が深くのこす貴重な品種です。海外ではほぼ消失し、現存品種は当園のみ。昨年暮れ、ルクセンブルグの公園からの依頼で100年ぶりに帰順しました。(某園芸会社 品種紹介のコメント)
すごい貴重品種です。
2_3 Photo_7
(写真 左)
ミセス チャールズ ランブロゥ
Mrs. Chaeles Lamplough (HT)
1920年 Sam. Ⅱ McGredy
交配種は、23日ブログに登場の「フラウ カール ドルシュキー」
(写真 右)
ラ フランス 
La France ハイブリッドティー(HT)
1867年 Guillot et Fils フランス
ハイブリッドティー 第1号            
2_2 Photo_2
(写真 左)
ミセス・ヘンリー・モース
(HT)
1919年 イギリス
(写真 右)
ミセス・ハーバート・スティーブンス
Mrs Herbert Stevens (HT)
1910年 McGredy イギリス
3 Photo_3 
(写真 左)
オータム
Autumn (HT)
1928年 L.B.Coddington アメリカ
赤橙色裏弁アプリコット
(写真 右)
レッドラディアンス
Red radiance (HT)
1916年 Gude アメリカ
マダム カロリーヌ テストゥの末裔

まだまだ沢山のアーリーモダンローズがあります。
探してみてください。場所は、裏門横、バラのアーチのある花壇です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

100年以上愛され続けているバラ

バラ苑は、昨日の昼過ぎから雨が降っています。rain
久しぶりの雨でバラは喜んでいるかもしれませんが、花びらの痛みがちょっと心配です。

つる フラウ カウル ドルシュキー
Cl. Frau Karl Druschki クライミング
1906年 P.Lambert ドイツ
072  073
つる フラウ カウル ドルシュキー は、1906年作出。
フラウ カウル ドルシュキー は1901年の作出。
蕾に少しピンクを見せますが、純白の大輪。
生田緑地バラ苑では、細身でしなやかな枝の性質を利用して、ベット仕立てにしています。
花数は、驚くほど多く、現在でも人気の品種。
葉は黄緑色で、白花とのコントラストが絶妙です。
オールドローズ ハイブリットパーペチュアルの名花で交配親にもよくつかわれました。
花は、雨に少し弱いですが、蕾がありますので、まだまだお楽しみいただけると思います。
隣に、ドルシュキーの名前を持つピンクのバラ、フェルベルグス ローザ ドルシュキーが植えられています。
まだ、蕾は固いですが、白とピンクの競演が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月23日 (木)

宮澤賢治が愛したバラ

今日からお天気がだんだん崩れるようですが、まだ、午前中、ばら苑はいいお天気です。sun
23日(木)11時現在

宮澤賢治が愛したバラをご紹介します。
グルス・アン・テプリッツ ハイブリッド チャイナ
1897年 R.Geschwind ハンガリー
別名 (ニッコウ)日光
Photo
耐寒性を追求した育種家ルードルフ ゲシュヴィントの作出。
彼の故郷、テプリッツにちなんで名付けられた。

このバラは、バラの多くの図鑑に「宮澤賢治が愛したバラ」として掲載されています。
しかし、宮澤賢治愛好家の方々にはあまり知られていない様子
実際は、賢治が昭和3年頃、花巻共立病院の院長さんの新築祝いに送ったバラだそうです。
このいきさつについては、宮澤賢治愛好家の方々が詳しく調べていますので、ネット検索してみてください。
昭和3年、まだバラの植栽が一般的に普及していなかった頃、賢治が選んだ品種が、耐寒性の強いバラであったことは、賢治の植物を愛する心の現れではないでしょうか?
贈り物だからこそ、末永く育てられ、気候風土に適したものをとお考えになったのではと私は思います。
オールドローズとして、新しい図鑑には必ず載っているこのバラ
なかなか見る機会は少ないと思います。
ぜひ、生田緑地ばら苑で、このバラと会ってみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月22日 (水)

紫の花芯

平日にもかかわらず、たくさんのご来苑 ありがとうございます
バラも順調に開花が進み、ばら苑中、とてもいい香りがします

本日は紫の花芯のご紹介です。
2008_10210014
ジュリア 茶系のバラの代表花です。
ロイヤルミルクティーのような色。
独特でやわらかなフリルの花弁と、その花色からお好きな方も多いのではないでしょうか?
すぐに開花してしまいますが、紫色の花芯が見えてからも独特なアンティークな雰囲気がすばらしい花です。
2008_10210013 Photo
ジュリア
Julia's Rose ハイブリッド ティー
1976年 Wisbech Plant Co. イギリス

その他に紫の花芯というとデンティ・ベスを思い浮かべますね。
2
Dainty Bess ハイブリッド ティー
1925年 Archer イギリス
スパイシー香


しべが見えてくる頃には、いつもと違ったバラの姿をお楽しみいただけます。
蕾から散りゆく姿までバラは私たちの心をつかんで離しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

つるバラの夏越し

023
ばら苑は今日も、とても良いお天気でした。sun
夕暮れのばら苑も風情がありとても気持ちがいいですよ。
4時には門が閉まりますので、早めの帰り支度をお願いします。
ばら苑から門までは結構時間がかかります。

面白い形ですね。上の写真は、つるバラです。
シュートがのびたらすぐに誘引しないのでしょうか?
どうしてこんな風にするのか職員の方に伺ったところ、大輪系のつるバラは昨年花を咲かせた枝よりも新しくのびたまだ花をつけていない枝の方により多くの花をつけるそうです。
枝数が多ければ花のついた古い枝は全部根元から切り捨てます。
花後シュートが出てきたらとめずに、どんどんのばし、風で折れないようにできるだけ曲げないでしばります。この縛った枝に来年は多くの花が咲くそうです。
このしばった姿はつるバラの夏から秋の風物詩です。

秋のばら苑ではほとんどのつるバラは花をつけません。
そのため、このような仕立て方をします。
来年の春が楽しみですね。
001 003_2
つるバラの数少ない開花株です。
(写真 左)
つるショーガール
Cl. Show Girl クライミング ハイブリッド ティー
1949年 アメリカ
(写真 右)
カクテル
Cocktail シュラブ(クライミング)
1957年 メイアン フランス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

本日(20日)はお休みです!

本日は休苑日ですsign01
開苑初日より晴天に恵まれ、たくさんの方々においでいただきありがとうございます。

秋ばらは、春のように一気に咲くのではなく、ゆっくりと先進みますので、これから、沢山の品種がお楽しみいただけると思います。
花色も昼夜の温度差が大きいほど鮮やかになります。
これから、毎日がたのしみです。

10月18日現在 
入苑者数 3618人 募金額 ¥113002です。

ミセス・オークリー・フィッシャー
春の花色はクリーム色を帯びますが、夜、気温が下がる秋、花は一年で一番深い花色となり、卵黄色に咲くそうです。
055_2
秋 10月19日撮影
Photo_3
春 5月17日撮影
Mrs Oakley fisher ハイブリッド ティー
1921年 B.R.Cant イギリス

写真が下手で素晴らしい色合いがお伝えできません。
ぜひ、ぜひ、見に来て下さいねsign03 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

ペットの入苑について

生田緑地ばら苑は、ペットの同伴をご遠慮いただいておりましたが、平成20年秋の開苑より抱きかかえのみ可となりました。dogcat
*盲導犬、介助犬、聴導犬などのほじょ犬は、「身体障害者補助犬法」により公共施設や交通機関・ホテル・飲食店などへの同伴が認められています。
みなさまのご理解とご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロイヤルコーナー

ばら苑は4分咲き
皇室等にちなむバラを集めたロイヤルコーナーは見ごろを迎えようとしています。
068
写真  プリンセス マーガレット
Princess Margaret ハイブリッドティー
1954年 ディクソン イギリス

040_2 (写真 左)
ケニギン ベアトリクス
Koenigin Beatrix 
ハイブリッド ティー
1983年 Kordes ドイツ

赤い新芽とオレンジの花のコントラストが素晴らしい。
秋ならではの見どころ。
その他にロイヤルコーナーに植栽されている品種
プリンセス ド モナコ   プリンセスミチコ
プリンセスミカサ      プリンセスサヤコ
プリンセスチチブ      マダム サチ
クイーン エリザベス    サルタンカーブス
ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ
プリンセス マイケル オブ ケント
ミスターリンカーン     サルタンカーブス等

18日(土)・19日(日)にバラに関する講習会が開催されました。
013 (写真 及川苑長と田地先生)
両日ともに盛況で楽しいお話が聞けました。
講習会は25日(土)・26日(日)もありますので
皆さん、どうぞご参加ください。

明日20日(月)は、休苑日です。
お間違いのないように・・・

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

ボランテアさんお勧め 香りのバラ

本日もばら苑は晴天ですsun
今日は、10月にしては、暑くなりそうです。
ここ数日の晴天でバラはずいぶんと咲き出しました。
ばら苑のテントではボランティアの方々と園長さんが、案内と募金の呼びかけをしてくださっています。
2008_10170022 開園初日(17日)は、募金をすると、tulipチューリップの球根tulip
お礼にくださいました。
ちょっと小ぶりですが、とてもうれしいプレゼントです。

2008_10170003_3ボランティアの方々も、この日を待ち望んでいたご様子で、
「ばらの香り」がすばらしいと、
にこやかに説明をしてくださいました。
お勧めは、「マリア・カラス
マリア・カラス
Maria callas ハイブリット・ティー
1965年 Meilland フランス

群植のばら 
       
ご家庭では味わえない趣があり見事です。
Erufu 2008_10170010_2
エルフ
Elf フロリバンダ
1951年 Tantau ドイツ
F_2 2008_10170020_2
フラミンゴ
Flamingo ハイブリッド・ティー
1979年 コルデス ドイツ
ご紹介した3品種とも今が見ごろですsign01

ingo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

秋のばら苑 本日、開苑です!

ばら苑は、とてもよい天気ですsun
朝晩の冷え込みで、バラの花の色もいっそう鮮やかです。
ばら苑全体としては、3割程度の開花ですが、品種によっては、満開に近いものもあります。
ぜひ、「秘密の花園」へ足をお運びください。
2008_10150030_2 004
(写真  左)
マジック キャローセル
Magic Carrousel ミニチュア
1972年 Ralph S. Moore アメリカ
(写真 右)
コリブリ
Colibri ミニチュア
1958年 Meilland フランス

2008_10150065 2008_10150066_2
(写真 左)
サクラガスミ
Sakura-Gasumi フロリバンダ
1990年 京成バラ園芸 日本
(写真 右)
アンボス フンケン 
Amboss funken  ハイブリッド・ティー
1961年 Meyer 南アフリカ

覆輪・絞り(ストライプ)のばらは、色がとてもくっきりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラに関する講習会

ばら苑ローズガーデンハウスにて「バラに関する講習会」を開催いたします(入場無料)。受講者は各40名様、先着順とさせて頂きます。


10月18日() 午後1時〜3時
西尾 譲司 先生「楽しいバラ作り」
(町田市ばら会会長/(財)日本ばら会所属)


10月19日() 午後1時〜3時
田地 良男 先生「始めようバラ作り」
(川崎市フラワーガーデン(協)専務理事/たまがわガーデニングスクール講師)


10月25日() 午後1時〜3時
近藤 昭郎 先生「バラ作り入門講座」
(生田緑地ばら苑講師/(財)日本ばら会 元常務理事)


10月26日() 午後1時〜3時
田地 良男 先生「始めようバラ作り」
(川崎市フラワーガーデン(協)専務理事/たまがわガーデニングスクール講師)


【主催】(財)川崎市公園緑地協会

| | コメント (8) | トラックバック (0)

50周年記念ミニコンサート

生田緑地ばら苑の開苑50周年を記念して、苑内にてミニコンサートを開催します。生演奏を耳にしながら、美しいバラを観賞するのはいかがでしょうかhappy01

【日時】平成20年11月1日()〜3日()
    (時間は下記スケジュール参照)
【場所】生田緑地ばら苑内芝生広場
【出演】タンゴ・レクエルド
    洗足学園弦楽四重奏
    洗足学園JAZZカルテット

【出演スケジュール】

11月1日()
11:00-11:30 洗足学園弦楽四重奏
13:00-13:30 洗足学園弦楽四重奏
14:00-14:30 タンゴ・レクエルド
15:00-15:30 タンゴ・レクエルド

11月2日()
11:00-11:30 タンゴ・レクエルド
13:00-13:30 タンゴ・レクエルド
14:00-14:30 洗足学園JAZZカルテット
15:00-15:30 洗足学園JAZZカルテット

11月3日()
11:00-11:30 洗足学園弦楽四重奏
13:00-13:30 洗足学園弦楽四重奏
14:00-14:30 洗足学園JAZZカルテット
15:00-15:30 洗足学園JAZZカルテット

主催:(財)川崎市公園緑地協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

明日、開苑です

お待たせしましたsign01
明日 10月17日(金)午前10時 開苑です。(最終入場は午後3時30分まで。午後4時閉苑です)
ばら苑は、秋晴れです。sun
うっすら紅葉した木々を抜けるとばら苑です。
2008_10150076

2008_10150071_3
(写真 上 バラ苑 正面ゲート付近 )
(写真 ノイバラのローズヒップ 107段 階段付近) 

及川苑長さんにばら苑の見どころをインタビューしました。
「雑草がなく、とてもきれいなところです。ばらも綺麗ですが・・・smile
一瞬、え~と思いましたが、今年は、以前にもまして、ボランティアの方々が、一生懸命に手入れをして下さったそうです。
ここ生田緑地ばら苑は、ボランティアの方々に支えられているのだと痛感致しました。
ボランティアの方々は、本日も、開苑のために最後の管理に来ています。
通常、夏の暑い日でも一日おきに管理日があります。
毎回、20~30名の方々が汗を流して作業に励んでいます。

秋、特有のシャープな花色と凛とした姿をお楽しみくださいsign03

cameraばら苑ローズガーデンハウス内にて写真展を開催します。camera
(秋の開苑期間中)
力作ぞろいの写真です。
ばら苑においでの際は、ぜひ、足をお運びください。

皆様のお越しをスタッフ一同、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

開苑まであと2日です!

2008_10150061jpg
2008_10150062_3 
今年は、8月下旬から9月にかけて、不順なお天気が続きましたが、ばら達は元気です。
及川苑長さんのお話によると、只今、3分咲き
春のばらに比べ気温が低いために花もちが良く、色も一段とくっきりきれいです。
秋ばらは、花が小さいと勘違いしていました。
我が家のばらは、育て方が悪かったのですね。

ばら苑のばらは、見事な大きさで咲き誇っています。
上の写真は、天津乙女です。  見ごろです。

11月3日まで、毎日、ばら苑の様子をお伝えします。
お楽しみに!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »