2019年5月23日 (木)

スタンダード仕立てのバラ

ばら苑は、7月並みの暑さとなりました。

気持ちの良い風を感じますが、あまり日影がありません。
今週いっぱい、暑さが続きそうです。
帽子や日傘をお忘れずに!

スタンダード仕立てのバラが、見事に咲いています。

スタンダード仕立てとは、ノイバラの台木などを長く伸ばした上に、園芸用のバラを芽接ぎ(接ぎ木)したものをいいます。

多くのスタンダード仕立てのバラは、ボランティアが、作りました。
芽接ぎをしてから、6~9年ほどたちます。

<バレリーナ>
Img_5566
ピンク色の花が風に揺れ、かわいらしい女の子がチュチュを着て踊っているようです。
まさにバレリーナ!
Img_5576
Ballerina ハイブリッド ムスク (シュラブ)
1937年 Bentall イギリス

<ズヴニール・ドゥ・アンネ・フランク>
Img_5549
Souv d'Anne Frank F
1960年 Delforge ベルギー

2010年まで、ロイヤルコーナーには、毎年数輪しか咲かない枯れかけたアンネのバラがありました。
「このままでは、枯れてしまう」と、ボランティアが、スタンダード仕立てにしました。
それから、9年。
アンネのバラとは・・・
アンネのバラはベルギーの園芸家が、アンネ・フランクの思い出のためにと、アンネの父、オットー・フランク氏に贈った愛らしい四季咲きのバラです。
蕾のときは赤く、開くにつれオレンジからピンクに変わります。

<サマーメモリーズ>
Img_0269
Summer Memories  Cl
1992年 コルデス ドイツ 

<アイスバーグ>
Img_5429
Iceberg F
1958年 コルデス ドイツ


<ブルーランブラー>
Img_0265
別名 Veilchenblau ファイルヒェンブラウ
ファイルヒェンブラウは(バイオレット・すみれ色)の意味です。
Img_5403
Blue Rambler
1909年 J. C. Schmidt ドイツ

<サリーホームズ>
Img_0263-2
Sally Holmes S
1976年 R.Holmes イギリス

 

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

つるサマースノー

昨日の強風と豪雨の影響で、バラは、少なからず被害を受けていました。

朝からスタッフ総出で、メンテナンス作業です。

その甲斐あって、見違えるほど、きれいになりました。

今日から、開苑終了日まで、高温が続きます。

ご来苑の皆様も、熱中症に気を付けてください。

<つるサマー・スノー>
Img_5498-2
つるがしなやかで、丸弁平咲きの真っ白小ぶりな花 一季咲き
Cl. Summer Snow クライミング
1936年 Couteau アメリカ

Img_5495
満開です。
わりとポピュラーな花なので育てている方も多いかもしれませんね。
垣根全体に花をつけた姿は、息を呑むほどの美しさです。
枝変わりにサマースノーがありますが、つるばらが木ばらに枝変わりするのは珍しいそうです。
Img_5500-2
写真のピンクの花は、春がすみ(サマースノーの枝変わり)ではありません。
つるサマースノーなのです。1本の木から白・ピンクが咲いています。
枝変わり(えだがわり)とは、植物のある枝だけに関して、新芽・葉・花・果実などが、生長点の突然変異などによって、その個体が持っている遺伝形質とは違うものを生じる現象だそうです。

つるサマースノーの枝変わり品種は、
<サマー・スノー> 白色の木立性四季咲きバラ。
<スプリング・パル> ピンク色の木立性四季咲きバラ
<春がすみ>(つるピンク・サマー・スノー)ピンク色の一季咲きつるバラがあります。

生田緑地ばら苑では、ここ数年、白と淡いピンク色の花が咲いていたのですが、今年は濃いピンク色も出現。Img_5501-2
3色をお楽しみいただけます。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

ピノキオの子孫

大荒れのお天気となったばら苑
Img_5458
豪雨と強風で、茎が折れたり、株もとが、ぐらつく被害が生じました。

幸いなことにつぼみのバラも多く、お天気の回復とともに、開花する見込みです。

明日は、被害にあったバラのメンテナンスを行う予定です。

来苑者の皆様には、ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。

<ピノキオの子孫>

<ピノキオ>
Img_5270-2
Pinocchio フロリバンダ
1940年 ドイツ コルデス

フロリバンダ(中輪四季咲き)第一号といわれている、ピンク色の花

数多くの交配親となった重要な品種です。

半剣弁盃状咲きですが、春には、ふわりとカップ咲きのようになります。

茶色系・紫色系の子孫を生み出した魅力的な交配親

<ピノキオを交配親に持つ品種>
<ファッション>
Img_5381
Fashion フロリバンダ
1947年 ボーナー アメリカ 

<サーカス>
Img_5474
Circus F
1955年 スイム アメリカ

サーカスを交配親に持つプリンセス・ミチコ
Img_5468
Princess Michiko フロリバンダ
1966年 ディクソン イギリス

ファッションの系統には、ストロベリー・アイス、緑光、アプリコット・ネクター、ブラックティー、ピンクシフォンなどがあります。

<ストロベリー アイス>
Img_5463
花弁にはフリルがかかり、白地にピンク色の覆輪

Strawberry Ice F
1975年 デルバール フランス 

<アプリコット・ネクター>
Img_5299
淡いオレンジ色
Apricot Nectar  フロリバンダ
1965年 ボーナー アメリカ

<ピンクシフォン>
Img_5375
Pink Chiffon F
1956年  ボーナー アメリカ 

<ブラックティー>
Img_4654-2
レンガ色の花
Black Tea  HT
1973年 京阪園芸 日本
岡本勘治郎氏、作出のばら。

<ホット チョコレート>
Img_5467
こげ茶色の花
hot chocolate F      
2002年 カルース アメリカ 

ピノキオとグレイ・パールを交配して生まれたラヴェンダー・ピノキオ系統にはショッキング・ブルー・チョコフィオーレなどがあります。
<グレイ・パール>
Img_5058-4
紫色を帯びた灰色、ベージュ色のようにも見え、季節や環境で花色が変わります。

Grey Pearl HT
1945年 マグレディ イギリス 

<チョコフィオーレ>
Img_5164
Cioccofiore Min
2004年 メイアン フランス
 
非常に濃いチョコレート色がすばらしく魅力的なミニバラです。
花名には「チョコレートの花」という意味がこめられています。

<ショッキングブルー>
20163110164946
Shocking Blue  F
1974年 コルデス ドイツ 

先進むとよりいっそう赤紫に近い色になります。

生田緑地ばら苑で、見ごろを迎えているバラをピックアップしました。
その他にも多数、ピノキオの子孫が存在します。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ミニバラ

開花状況:見ごろ

府中街道沿いの正門から坂道を登り、長い階段道を上り詰めると、ばら苑に到着します。
ばら苑は、上りきった頂上から少し下ったところにあります。
自然の地形を生かした、沈床花壇(花壇の床面をまわりの地面よりも低く設けた花壇)です。
Img_5341
ばら苑に下りる階段の脇に「ミニばらコーナー」があります。
Img_5144-3
ミニバラとは、ロサ・キネンシス・ミニマ(チャイナ系オールドローズ)の小型の性質を受け継ぐバラです。

<リュータン>
Img_5335-2
花弁が細く尖ったミニバラ
Lutin 
1974年 メイアン フランス
フランス語でいたずら好きの妖精の意。

<ツボルクケーニッヒ78>
Img_5157-2
Zwergkonig 78 
1978年 コルデス ドイツ

交配親は、リリーマルレーン
Img_5372-2
1959年 コルデス ドイツ

<ティアードロップ>
Img_5151-2
Tear Drop 
1988年 ディクソン イギリス 

<シンデレラ>
Img_5349-2
Cinderella 
1953年 バンク オランダ

ミニばらには、香りのあるものが少ないですが、この「シンデレラ」は、時にティ・ローズ香とダマスク香を混ぜた強い芳香があるそうです。
ばら花図譜 国際版 抜粋

2000年に殿堂入り
ミニばらにも、Miniature and Miniflora Rose Hall of Fame 「ミニばらの栄誉殿堂」があり、アメリカばら会は1999年から毎年、数品種を選出しています。

<ベビー カクテル>
Img_5344-2
Baby Cooktail 
1982年 山崎 和子 日本


明日は、雨の予報。
ばら苑は、大変すべりやすくなります。
お気をつけてお越しください。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

イベント、盛りだくさんのばら苑

午前中から、たくさんの来苑者で賑わったばら苑。
Img_5334
開花状況:見ごろ
Img_5266-2 盛りだくさんなイベントの一日となりました。

<ばら苑コンサート開催>
Leblanc Saxophone Quartet(ルブラン サクソフォン カルテット)
Img_5292-2 
Img_5297-2
 
昭和音大サックス・カルテット
芝生広場にダイナミックな動きで登場、一気に来苑者は、演奏に引き込まれました。
各楽器の説明をしてくださり、楽器の特徴がよくわかりました。
クラシック音楽だけでなく、ポピュラー音楽まで、幅広い選曲に年齢層を問わず楽しめる演奏でした。

Campid'oro Saxophone Quartet(カンピドーロ サクソフォン カルテット)
Img_5329-2 
Img_5332-3
4年連続で、出演いただきました。
昭和音大サクソフォン専攻の同窓生によるサックス四重奏団
毎年、ビシッとしたスーツでの演奏でしたが、今年は、カジュアルな個性を生かしたシャツ姿で登場
十八番のラテンメドレーは、一層、華やかに大盛り上がりでした。
技巧的な演奏を得意とするグループで、皆さんの技術の高さがうかがえます。

<バラに関する講習会 開催> 
大倉 茂 先生「バラのやさしい育て方」
(公財)日本ばら会 理事、生田緑地ばら苑 講師
Img_5410-2 日本ばら会上級指導員の資格を持つ大倉さんは、ばら苑ボランティア指導育成専門講師です。
ボランティアを続けながら、日本ばら会上級指導員の資格を取得されました。

ご自身が育てた鉢植えをご持参くださり、聴講者に剪定実技を指導
Img_5420
「バッサリどうぞ」といわれても、なかなか切れませんが、皆さん、バラをよくご存じなようで、的確に切っていました。
座学だけでなく、実技を伴う講習会に皆さん、満足なご様子でした。

5月26日(日曜)にも、大倉先生の講習会が開催されます。
奮ってご参加ください。

5月26日(日曜) 午後1時半~午後3時半
大倉 茂 先生「バラのやさしい育て方」
((公財)日本ばら会 理事・生田緑地ばら苑 講師)

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

ばら苑コンサート&講習会のお知らせ

5月19日(日曜)

<ばら苑コンサートのお知らせ>
Leblanc Saxophone Quartet(ルブラン サクソフォン カルテット) 
11時~11時40分 

Campid'oro Saxophone Quartet(カンピドーロ サクソフォン カルテット)
12時30分~13時10分

場所:ばら苑内芝生広場

天候により屋内開催または中止になる場合があります。

<バラに関する講習会のお知らせ>

午後1時30分~午後3時30分
大倉 茂 先生「バラのやさしい育て方」
(公財)日本ばら会 理事、生田緑地ばら苑 講師

お楽しみに!

Img_5088-2 アウグスタ・ルイーゼ

 

| | コメント (0)

イングリッシュローズコーナー

バラの香りに包まれた「秘密の花園」、ばら苑全体は、見ごろを迎えました。

<お車でお越しのお客さまへ>
土曜日ともあって、午前10時には、もみじ谷駐車場は満車でした。
明日も混雑が予想されます。
満車時は駐車をお断りすることもありますのでご了承ください。

なるべく公共交通機関をご利用ください。

<イングリッシュローズコーナー>
Img_5243
ばら苑50周年を記念して整備された「イングリッシュ・ローズコーナー」が見頃を迎えています。
ご来苑の皆様にご協力いただいたばら苑募金を活用して作られました。
Img_5236-2
植栽されて11年。大きな株に育ち、特徴のあるシュラブ性の樹形と大きな花をお楽しみいただけます。
イングリッシュローズとは・・・
イギリスのデビット・オースチン氏がオールド・ローズに四季咲き性を持たせるためにモダン・ローズを交配したもので、モダン・シュラブの一系統と分類されています。
ネームプレートに書かれているERは、イングリッシュローズのことです。

系統名では、ありません。

イングリッシュ・ローズコーナー以外にも、ばら苑入口付近(長ーい階段を上ったつきあたり)にウエルカムフラワーとして、植栽されています。
Img_0194-3
<クィーン・オブ・スウェーデン>
Img_5199-2
Queen of Sweden 2004年
まっすぐ上に伸び、飛びぬけて丈夫でよく茂る、とても耐寒性のある品種です。
イギリスとスウェーデンの友好条約が結ばれて以来、350年 を記念して生まれたバラです。

<タモラ>
Img_5209-2  
Tamora  1983年

上記2品種は、ミルラの香り

<シスター・エリザベス>
Img_5188-3
Sister Elizabeth 2006年
ボタン・アイが花のセンターにあり、完璧なロゼット咲きで、甘く、スパイシーなオールドローズ香があります。
南ウエールズのウィットランドにあるホリー・クロス修道院のバラ愛好家の尼僧、シスター・エリザベスにちなんで名づけられました。

<ザ・ダーク・レディ>
Img_5223-2
The Dark Lady 1991年 
ロゼット咲き 
牡丹の花を思わせるようなかなりルーズな形の花を咲かせる

<L.D.ブレイスウエイト>
Img_5216-2
鮮やかな濃い赤紫色の花
L.D.BRaithwaite 1988年

<コンテ デ シャンパーニュ>
Img_5207-2
Comtes de Champagne 2002年
はちみつとムスクの香り

<チャールズ・ダーウィン>
Img_5212-2
黄色ベースの独特な花色。ブラウンや銀色を思わせる時もあります
Charles Darwin 2003年

<グラハム トーマス>
Img_5100-2
Graham Thomas 1983年 
第15回 2008年 カナダ バンクーバー大会にて殿堂入り
交配親はアイスバーグ。
親子2代で殿堂入りです。


<稲田中学校「チアダンス部」演舞>
バラの花に囲まれて、かわいい中学生が元気いっぱいの演舞を披露しました。
Dscn4456-2

Dscn4455-2
※チアダンスは、チアリーディングの中のダンス部分を独立させた競技で、組み体操のようなアクロバティックなものは含まれないそうです。

稲田中学校は、ばら苑から程近くにあり、地域とのつながりをとても大事にしています。
Dscn4448-2
今春も、ありがとうございました。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

花弁の模様と色彩

<花弁の模様と色彩>
開花状況:見ごろ(7〜8分咲き)Img_4861-2
母子像の周りを取り囲む見ごろのバラ

母子像製作は多摩美術大学教授早川巍一郎氏。

バラの花は、単色に見えるものもありますが、花弁に模様が入ったり微妙な色彩を放つものもあります。

<複色>
複色とは、表弁の色と裏弁の色が異なるもの(バイカラー)

<レディ マリー フィッツウィリアム>
Img_5046-2
表は薄いピンク色、裏は濃いピンク色

Lady Mary Fitzwilliam HT
1882年 ベネット イギリス

ハイブリッドティー第一号のラ・フランスは、実を結ばず、ほとんど子孫を残せませんでした。
そのため、次世代へのマザーローズとなったのが、このばら。

「ロード オブ ハイブリッドティー」と呼ばれ、ほとんどのハイブリッドティーがこの品種につながります。

現代ばらの「ピース」も、この品種の子孫です。

<ベル・エッポック>
Img_4362-2
表は黄色 裏はチョコレート色

Bell Epoque ハイブリッドティー
1994年 Gareth Fryer イギリス

<覆輪>
覆輪とは、異なる色で、花弁が縁取られるもの 
    
<ベティ ブープ>
Img_5005-2
Betty Boop フロリバンダ
1999年 カルース アメリカ

<あけぼの>
Img_4399-2_1
クリーム色にピンクの縁取り
Akebono HT
1964年 河合 慎一

<絞り>
<ハンキー パンキー>
Img_4997-2
クリーム地に赤・オレンジの絞り
Hanky Panky F
2000年 カルース イギリス 
別名 City of Carlsbad

2008年に植栽。11年目を迎えます。

<バリエガータ ディ ボローニャ>
Img_4244-2
白地に紫がかった赤のストライプ。椿でいえば、縦絞。
花弁は70+40枚。つぼみのころから花弁の多さをうかがわせます。

Variegata di Bologna ブルボン
1909年 Bonfiglioli イタリア

<テナシャス>
Img_4371-2
今年は、黄色地にオレンジ色の絞りが見事に入りました。

Tenacious F
2002年 マグレディ ニュージーランド

<稲田中学校「チアダンス部」演舞のおしらせ>

明日は、川崎市立稲田中学校のチアダンス部のみなさんが、ばら苑の芝生広場にて、演舞を披露してくれます!

出演スケジュール♪
5月18日(土曜)

稲田中学校 チアダンス部(演舞)10時30分~10時50分

天候により中止になる場合があります。

場所:ばら苑内芝生広場

お楽しみに!




| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

ブルーの香り

春のバラは、一斉開花といわれますが、品種によって大きな差があります。

開花状況:6分咲き

大輪四季咲き品種の多くは、見ごろを迎えていますが、イングリッシュローズはもうしばらくかかりそうです。

<ブルーの香り>
晴れた空のような青いばらは、存在しませんが、紫色から赤紫色のばらを青いばらと呼んでいます。

青ばら系の品種は、独特な香りを持っています。
芳純な甘い香りの中に木のような香りが混ざる、ダマスク・モダンの香りとティーの香りが混在した独特な香り

いろいろな表現方法がありますが、香りを嗅ぐとなるほどブルーの香りと納得していただけることでしょう。

花壇の中に入らなければ、ばらの香りを楽しむことはOKです。

ばらの茎にそっと手を添えてお楽しみください。

香り立ちが低い場合は、手で花の周りをそっと包んで温めて嗅ぐとよいそうです。

<ブルームーン>
Img_5026-3
多くの花をつけたブルームーン。
側蕾をとらずに咲かせると花は小さくなりますが、また違った楽しみ方ができますよ。
Img_4956-2
Blue Moon HT
1964年 Tantau ドイツ

<トワイス インナ ブルームーン>
Img_4356-2
Twice In A Blue Moon HT
2003年 Tantau ドイツ

Twice in a blue moon 物事がめったに起きないこと 特別。
タンタウが、ブルームーンを1964年に発売してから約40年後に作出したバラ

ブルームーンを超える「特別」になれるでしょうか?

<ブルー・フォー・ユー>
Img_4962-2
青紫色の美しい花
春は、ふわりとした感じで咲き、秋には、青みがさえわたります。
Blue For You  F
2006年 ジェームス イギリス 

<ブルーリボン>
Img_4574-2
Blue Ribbon  HT
1984年 Christensen アメリカ 


<ニューウェーブ>
Img_4930
紫色をまとった淡いグレーピンクのバラ
New Wave  HT
2000年 寺西菊雄 日本

<ライラック タイム>
Img_4239-3
Lilac Time HT
1956年 マグレディ イギリス
初期の紫色のバラ

皆様のお越しをお待ちしております!

 

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

つるバラ

ウグイスのさえずりを聞きながら、森の中の階段を登りきると、「秘密の花園」ばら苑に到着です。

パーゴラ下のつるバラが見ごろを迎えています。
Img_0166-2
開花状況:6分咲き
品種によっては、見ごろを迎えているバラもあります。

つるバラには、大きく分けて、小輪から中輪で花をたくさんつけ、一季咲きのものが多いランブラー系、大輪から中輪で四季咲き性があり、枝が2メートル以上伸びる大輪咲き系、ハイブリッドティ・フロリバンダなどの木ばらが突然変異でつる性に変わった枝がわり系の3つの系統にわけられます。

<クレプスキュール>
Img_4322-2
半八重咲のオレンジ色の花

Crepuscule ノワゼット
1904年 ディブリュイ フランス

花名「クレプスキュール」はフランス語で「薄明り」「たそがれ」の意味。

繰り返し咲き性が強く、冬まで、楽しめます。
強剪定をしてもよく咲き、ブッシュローズのように仕立てることも出来ます。

<つる ミセス ピエール S デュポン>
Img_4318-2
半剣弁高芯咲きの黄色の花

Mrs. Pierre S. duPont  Cl
1933年 ヒロック アメリカ 

Mrs. Pierre S. duPontの枝変わり

<グランドホテル>
Img_4317-2
パッと目に飛び込んでくる明るい赤色の花
丸弁カップ咲き

Grand Hotel LCl
1972年 マグレディ 北アイルランド

<スパニッシュ ビューティー>
Img_4623-2
やわらかにフリルがかる花形と透き通るようなピンクの花色。

Spanish Beauty
1927年 ドット スペイン 

バラの花をバックに写真を撮れる絶好の場所です。

| | コメント (2)

«アーチをくぐって花園へ