2016年11月 7日 (月)

次回、春の公開期間は5月中旬を予定しています

の公開期間は11月6日(日)にて終了させて頂きました。ご来場ありがとうございました。

次回、の公開期間は平成29年5月中旬を予定しております。日程が決まり次第お知らせ致します。

Logo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

秋のばら苑 最終日です!

日中は北風が強かった多摩区ですが、山上のばら苑は、あまり風もなく、たくさんの子供たちが遊びに来てくれました。

小さな秋を見つけられたかな?
20160611171841
生田緑地ばら苑のシンボル フローラ像

*フローラ像は、1977年 フラワーショー15周年記念に朝日新聞社より寄贈。

ピカピカしていると思いませんか?

秋の開苑前に塗り直しをしました。

白く輝く姿が、花と豊穣と春の女神を生き生きとさせました。
写真撮るのが、難しくなったなぁ~。
20160611173549<エミール ノルデ>
Emil Nolde  F
2001年 タンタウ ドイツ
20160611173712_2<ワイルドイブ>
Wildeve  S
2003年 David Austin イギリス 

平成20年 春の開苑にあわせて始まったブログ

たくさんの方々にアクセスいただきありがとうございました。

昨年の秋から休苑日はなくなり、開苑期間は、いつでもお出で頂けるようになりまし

春の開苑については、いち早くご紹介していきますので時々HPを訪ねてくださいね。

ご来苑いただいた方々・ブログを訪問してくださった方々、本当にありがとうございました。

春の開苑をおたのしみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

稲田中学校 チアダンス部

朝は曇り空でしたが、チアダンスが行われる頃には、青空の広がるとてもいいお天気になりました。
中学生の若さが、太陽を連れてきてくれたみたいです。
20160511142143
<フラミンゴ>
Framingo ハイブリッドティ
1979年 Kordes ドイツ

<稲田中学校 チアダンス部>
2011年秋から代々ご出演いただいている稲田中学校チアダンス部
20160511142652_2  20160511142920_2
毎年この時期に3年生が抜けて新しいメンバーでの舞台
皆さんドキドキしている様子ですが、さすがに、ダンスが始まると堂々とした演技に、大きな拍手に包まれました。

中学1年生と2年生の混合チーム。
2002年と2003年生まれかな?

同級生のばらが、植栽されているので紹介しますね。
20160511144606  20160511145633
<マリリンモンロー> 
Marilyn Monroe ハイブリッドティ
2002年 T.Carrth アメリカ

<スキャボロフェア>
Scarborogh Fair シュラブ
2003年 デビットオースチン イギリス 


来年も是非、ご出演くださいね。楽しみに待っています!!




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

ローズヒップ

ばら苑公開期間も残すところあと2日。
週末は、ばら苑でゆっくりと過ごしてみませんか?

すっかり冷え込みが厳しくなり、
ローズヒップ(バラの実)も綺麗に色づきました。
20160311195154 
新芽が紅葉しているように見えるトレジャー トローヴ
秋の青空にぴったり。
たまには、上を向いて、秋を探してくださいね。

<トレジャー トローヴ>
reasure Trove    
1977年  Treasure イギリス

20160311194504 20160311194710 
<ロサ・カニナ>
 Rosa canina 原種

お茶にするローズヒップは、ドッグローズ(Rosa canina)が有名です。
お茶を入れた後のローズヒップも食べられるそうですよ。
ジャムにするのもオススメ。


<ジプシー ボーイ>
Gipsy Boy B
1909年 ルドルフ ハンガリー 
20160411135813 20160311194905 
<ロサ モスカタ>
R.moschata  原種
<ジェームス ミッチェル>
James Mitchell  モス
1861年 Verdier フランス
20160311195836 <シュロップシャー・ラス>
Shropshire Lass シュラブ
1968年 David Austin イギリス
交配親は、マダム バタフライ
ひらひらとした花弁を持つ一重咲き
一季咲きなので、たわわに実をつけます。

<11月5日(土) イベントのお知らせ>
時間 10時30分~11時

ばら苑内の芝生広場にて、稲田中学校チアダンス部の皆さんが華麗に踊ります。
美しいバラを観賞するあい間に、チアダンスをお楽しみください。


稲田中学校 チアダンス部
ばら苑にほど近い稲田中学校チアダンス部の元気な演舞です。
チアダンスはチアリーディングの中のダンス部分を独立させた競技です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

ピースファミリー

天気予報が外れて、午前中から雲一つないいいお天気です。

<ばら苑コンサート 開催>
ご出演は、昭和音楽大学の学生さんによるサックス四重奏。
20160311174109_2 20160311174217_2
4種類のサックスの音色がばら苑に若々しい風を運んでくれました。
音域の高い順から、ソプラノサックス・アルトサックス・テナーサックス・バリトンサックスと分かれているそうです。
セットリスト
童謡こぎつね(ジャズバージョン)
ディズニーの曲 星に願いを  Friend Like Me
ジブリの曲 天空の城ラピュタメドレー
オー・シャンゼリゼ
<バラに関する講習会 開催>
20160311174542_2
講師は、生田緑地ばら苑講師・(公財)日本ばら会評議員・上級指導者の大倉さん

大倉さんが7~8年撮りためた生田緑地ばら苑の写真をもとにお話しいただきました。
ばらの品種の特性をいかした植栽方法やばらの歴史はとても興味深いものでした。
途中、選定の仕方は、鉢植えを使いバッサ・バッサと小気味良いはさみさばきで、来演者から声が上がるほど。
すぐには、まねできそうにありませんが・・・

20161310161035_3
<ピース>
Peace HT
1945年 メイアン フランス 
ばらの歴史のお話し中に「ばら ピース」に触れられ、ピースが作出以降現代ばらは飛躍的に変わったとのこと。
重要な交配親として今に至るそうです。
ピースは丸弁または、半剣弁の高芯咲き。枝・株もがっしりした育てやすい品種です。
ばら苑で探してみました。ピースの子供たち。
まずは、ピース似のばらを写真に撮って、図鑑で調べてみる ワクワク
20160311171117_2  20160311171418_2
<アルザス>
altesse  HT
1946年 メイアン フランス
Peace (hybrid tea, Meilland 1935) × Madame Joseph Perraud

<ルーシー クラムフォン>
Lucy Cramphorn HT
1960年 キルロフ フランス
Peace (hybrid tea, Meilland 1935) × Baccará ® (Hybrid Tea, Meilland, 1954)
20160311172139_3<コロラマ>
Colorama HT
1968年 メイアン フランス
ピースの孫に当たります。
剣弁高芯咲きでいる時期がとても長い花
見頃です!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

11月3日(木・祝)ばら苑イベント

<ばら苑コンサート>
明日 11月3日(木・祝)、ばら苑内の芝生広場にて、「ばら苑コンサート」を開催致します。
ご出演は、CHIMA CHOCOLAT(サックス演奏)
美しいバラを観賞するあい間に、生演奏をお楽しみください。
♪出演スケジュール♪
11:00-11:30 CHIMA CHOCOLAT(サックス演奏)

会場:生田緑地ばら苑内の芝生広場
備考:天候により中止になる場合があります。

<バラに関する講習会のお知らせ>
11月3日(土) 午後1時〜午後3時

大倉 茂 先生「
バラのやさしい育て方」

(生田緑地ばら苑 講師、(公財)日本ばら会 評議員・上級指導員)

生田緑地ばら苑ボランティアを続けながら、日本ばら会上級指導員を取得した生田緑地ばら苑のスペッシャリスト
是非、楽しいお話を聞きに来てください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばらの香りの継承

今日は、秋の開苑中、一番の寒さかも・・・
来苑された写真家の方によると、開苑間近より今日の方が花が綺麗だそうです。
「あ~。この花いい形」と思うようなばらがたくさんありました。
20160211164151_3 
<フラグラント・クロード>(ドフトボルケ)
Fragrant Cloud HT
1963年 タンタウ ドイツ

<ばらの香りの継承>
現代ばらは、色・形・耐病性などを追求した結果。香りがおろそかになる傾向がありました。
日本でも、ばらのコンクールで、香りの審査が始まったのは、1986年「京成ばら会展」からです。

現在では、ばらといえば、香りをイメージする時代、バラの香りの復活は、嬉しい限りです。

ばらほど、人間でいうところの戸籍がはっきりしている植物はありません。
ほとんどのばらが、両親・おじいちゃん・おばあちゃん・ひいおじいちゃん・ひいおばあちゃんまで延々とさかのぼれます。
ばらは、交配した親から生まれた子は、すべて、同じ性質を持っている訳ではありません。
すべて、違ったばらが生まれるといった方がいいでしょう。
しかし、香りのよいばらを両親に持つと、また、香りのよいばらが生まれることも確かです。
 
下の写真、3品種は、ともに、フラグラント・クロード(ドフトボルケ)を親に持つ子供たち。
親の香りの良さを継承した品種

20160211163815_2 
<フレンドシップ>
Friend ship HT
1978年 リンクェスト アメリカ
交配 Fragrant Cloud × Miss All-American Beauty
20160211163936_2 20160211164412_2 
<ジャスト ジョーイ>(写真 左)
Just Joey  HT
1972年 Cants イギリス 
交配 Fragrant Cloud × Dr. A.J. Verhage


<ハーモニー>(写真 右)
Harmonie  HT
1981年 コルデス ドイツ
交配 Fragrant Cloud×Uwe Seeler

ミスターローズ 鈴木省三氏による「香りのばら7選」にフラグラント・クロードとハーモニーは親子で選ばれました。
参考図書 ばらに贈る本 鈴木省三著 

ばらを育てるだけでなく、家系図を楽しむのもばらの醍醐味です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

オールドローズガーデン

昨夜からの雨も午後には上がり、いいお天気になりました。
 
最終日の6日まで雨は降らなそうです。

気持ちのよい秋の1日をばら苑でお過ごしください。
<オールドローズガーデン>
ばら苑ボランティアの休憩所として、2010年頃から、コツコツと作り上げた苦労の賜物。

石貼りからガゼボ・ばらの品種の選定まで、すべてボランティアによるものです。

現在は、生田緑地ばら苑の分苑として、一般に公開。

秋は、花が少ないですが、お立ち寄りください。

20160111161052
< オールドブラッシュ>
Old Blush Ch
1751年以前 中国

オールドガーデンローズ(オールドローズ)とは、ハイブリッド・ティの第一号 ラ・フランスが作出された1867年以前に存在した原種以外のばらの系統の総称です。

一季咲きの品種が多い中、、チャイナ・ティー系の品種には、四季咲き性のばらがあります。

<チャイナローズ>
中国のロサ キネンシス(完全な四季咲き性)を起源とした品種
20160111161807  20160111162822
スレーターズクリムゾンチャイナ>
Slater's Crimson China
1790年以前 中国

<香粉蓮>
Xiang Fen Lian
1855年以前 中国
別名 スブニール デリーゼ ヴァルドン(Souvenir d'Elisa Vardon)

<ティーローズ>
18~19世紀頃にヨーロッパへもたらされた中国の園芸品種に、ヨーロッパの園芸品種を交配して作られた品種群
紅茶のような甘い香りを持ちます。
20160111161456  20160111160904
<マダム アントワーヌ マリー>
Mme.Antoine Mari
1901年 A.Mari  フランス

<レディ ヒリンドン>
Lady Hillingdon
1910年 Lowe&Shawyer  イギリス
別名 金華山
ティーローズを代表する黄色の名花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

ブルーの香り

朝晩の気温の低下で、ばらの花の発色が際立ってよくなってきました。
花も少なくなって来ましたが、写真に残しておきたい花がたくさんあります。
20163110164412_2
<マダム ヴィオレ>
Madame Violet HT
1981年 寺西菊雄 日本


ばらの香り~ブルー~

晴れた空のような青いばらは、存在しませんが、紫色から赤紫色のばらを青いばらと呼んでいます。
 
青ばら系の品種は、独特な香りを持っています。
芳純な甘い香りの中に木のような香りが混ざる
ダマスク・モダンの香りとティーの香りが混在し、独特な香り

いろいろな表現方法がありますが、香りを嗅ぐとなるほどブルーの香りと納得していただけることでしょう。

花壇の中に入らなければ、ばらの香りを楽しむことはOKです。
ばらの茎にそっと手を添えてお楽しみください。
香り立ちが低い場合は、手で花の周りをそっと包んで温めて嗅ぐとよいそうです。

20163110164253  20163110164946
<トワイス インナ ブルームーン>(写真 左)
Twice In A Blue Moon HT
2003年  Tantau ドイツ

トランスミュージックの先駆けといわれているアーティスト フェリー・コーステンが2009年に発売したアルバムに『Twice in a blue moon』
彼は、雑誌のインタビューで、どういう経緯でこのアルバムタイトルにたどり着いたのですかとの質問に、
Yes, it is special both personally and musically.
(個人的にもそして音楽的にもスペシャルなんだ。)と答えています。

Twice in a blue moon 物事がめったに起きないこと 特別。

そんな意味合いがあるのでしょう。
タンタウが、ブルームーンを1964年に発売してから約40年後に作出したバラ。

ブルームーンを超える何か(special があるのかもしれません。

<ショッキングブルー>(写真 右)
Shocking Blue  F
1974年 コルデス ドイツ 
先進むとよりいっそう赤紫に近い色になります。
 
20163110164730 20163110205225
<ライラックタイム>(写真 左)
1956年 マグレディ イギリス
藤色がかったピンク

<ブルームーン>(写真 右)
Blue Moon ハイブリッドティー
1964年 Tantau ドイツ

参考資料 New Roses 別冊 バラが香る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

つるばら

11月も間近にせまりすっかり寒くなったばら苑。
公開当初の暑さは何だったんでしょうね。

<つるばら>
20163010155136コモドーレ>  
Kommodore  Cl
1959年 タンタウ ドイツ

つるバラには、大きく分けて、小輪から中輪で花をたくさんつけ、一季咲きのものが多いンブラー系、大輪から中輪で四季咲き性があり、枝が2メートル以上伸びる大輪咲き系、ハイブリッドティ・フロリバンダなどの木ばらが突然変異でつる性に変わった枝がわり系の3つの系統にわけられます。

四季咲きといっても、つるばらは、木ばらと違い返り咲く程度のものが多く、あまり秋に花は期待できません。

殿堂入りのばら「ニュードーン」でさえ、秋の開花は難しいと思います。
つるばらは、春だけドーンと咲いてくれればいいやと思いの皆さん。

秋にも結構咲くばらがあるのですよ。

20163010154200_2 

20163010154307_2 棚づくりの<サマー メモリーズ>

四季咲き性が大変強く、耐病性にも優れています。
春は、ロゼット咲きになりますが、秋は左の写真のように
フワッとしたカップ咲き
オレンジがかったクリーム色が素敵な品種です。

Summer Memories  Cl
1992年 コルデス ドイツ 
20163010154608_2 20163010154805 
 <つるクイーン エリザベス>
クイーンエリザベスの枝変わり

写真では、花が少ないように見えますが、間近で見ると大きな花が大迫力です。
秋にここまで大きな花を咲かせるつるばらは、珍しいかと・・・

ただ植える場所は、かなり広くないと難しいでしょう。

Queen  Elizabeth,Cl ClGr(つる・大輪房咲き)
1957年 ウィスラー アメリカ

ばら苑 公開期間も残すところあと、1週間。
秋ばらを楽しみに足をお運びください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イベント満載な土曜日