2018年5月27日 (日)

次回、秋の公開期間は10月中旬を予定しています

の公開期間は5月27日(日曜)にて終了させて頂きました。ご来場ありがとうございました。

次回、の公開期間は平成30年10月中旬を予定しております。日程が決まり次第お知らせ致します。

Logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のばら苑 最終日です!

本日で春のばら苑公開は終了となります。

たくさんの方々にアクセスいただきありがとうございました。

秋の開苑については、いち早くご紹介していきますので時々HPを訪ねてくださいね。

ご来苑いただいた方々・ブログを訪問してくださった方々、本当にありがとうございました。

暑い日が続き、二番花が開花してきました。

皆さんにご覧いただけないのが残念です。

香りの良いバラです。

<ヨハネ パウロ 2世>

白いバラ「ヨハネ パウロ 2世」

2008年作出 J&P アメリカ

フルーティーな香り。

二番花にもかかわらず、香り・花弁数ともに優秀です。

<ダブルデライト>

クリーム色に赤い縁のバラ「デイライト」

1977年作出 スイム アメリカ

フルーティーな香り。

この2種は、四季咲き性で秋にもよく咲きます。

どうぞ、秋の開苑をお楽しみに!!

<バラに関する講習会開催>

今井宣代先生の「失敗しないバラ栽培」の講習会が開催されました。

今井宣代先生の講習会の様子

栽培方法・病害虫対策など、初心者にのわかりやすい講習でした。

秋にも講習会が開催される予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

稲田中学校チアダンス部

生田緑地ばら苑は、5月27日日曜日が最終日です。

明日は、ばら苑で楽しい日曜日をお過ごしください。

<川崎市立稲田中学校チアダンス部>

芝生広場は、チアダンスで盛り上がりました。

ばら苑からほど近い多摩区にある中学校の皆さんです。

2017年度第5回大会全日本ダンスコンクール(東日本大会)で見事、銀賞を受賞。活発な活動を続けているチームです。

稲田中学校チアダンス部の演舞

きびきびとした動きは、中学生らしいかわいらしさと力強さを感じました。

芝生広場でのチアダンス

薔薇の花とあいまって、華やかな公演となりました。

別のチームのみなさんの演舞

中学生の皆さんに負けない元気な薔薇をご紹介します。

耐病性抜群な品種。

<ホーム & ガーデン>

Img_1607

ピンク色の花が一枝にぎっしりとつきます。

2001年作出 ドイツ コルデス

<ハマナシ黄八重(トパーズジュエル)>

Img_1642

ハマナスの血を引くこの品種は、耐寒性に優れる強健種。

1987年作出 ムーア アメリカ

<5月27日バラに関する講習会のお知らせ>

テーマ:失敗しないバラ栽培
講師:今井 宣代 先生(日本ばら会理事)
時間:午後1時~午後3時
会場:ばら苑内「ローズガーデンハウス」
定員:40名(現地先着)
費用:無料

今井先生は、国際バラとガーデニングショウ バラ切り花部門・バラ鉢植え部門の審査員など幅広い活動をしている方です。是非、ご聴講ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

マーメイド

開苑も残すところ、あと2日。

いつもは、開花していない珍しいバラに会えます。

<マーメイド>

薄黄色の一重咲きのバラ「マーメイド」

夏バラとも言われている「マーメイド」。今年は、よく咲いています。

曇りや雨の日には花が閉じてしまいます。今週末はお天気も安定しているようなので是非ご来苑ください。

マーメイドは、珍しい沖縄原生のカカヤンバラ(ロサ ブラクテアータ)の交配種。ブラクテアータは包葉の意味。

マーメイドの苞葉

こどものマーメイドも可愛い包葉があります。

この包葉が、マーメイドのしっぽに見えたのでしょうか?

マーメイドの一片の花びら

「マーメイド」は、画家のクロード・モネが愛したバラと言われ、パリ郊外にあるジベルニー村のモネの家には、2階の窓辺を囲む姿が見られます。

窓から眺めるバラは、どんなに素敵だったでしょう。

晩年のモネは、睡蓮同様に日本の面影のある「マーメイド」を愛してくれていたのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

十六夜薔薇

生田緑地ばら苑の春の公開期間は、5月27日(日曜)までです。

週末のイベントは、26日(土曜)に「ばら苑コンサート」として稲田中学校チアダンス部の演舞が10時30分から行われます。27日(日曜)には「バラに関する講習会」が午後1時から開催されます。

緑豊かなばら苑に遊びに来てください。

<十六夜薔薇>

イザヨイバラと読みます。

十五夜の翌日が十六夜になります。

満月から1日たち、月が少し欠けた状態。

イザヨイバラ

イザヨイバラは、花の一部が欠けます。

この花の形を十六夜の月に見立て命名されました。

「いざよい」はためらう意味があるそうです。

十六夜の月は、満月より月の出が遅いために、月がためらっていると表現した言葉。

満ち足りたものが欠ける・ためらうなど日本語の奥深い表現を感じさせられます。

イザヨイバラの蕾

とげに覆われた蕾が特徴的です。

蕾はたくさんできますが、かなり咲かずに落ちてしまいます。

幹は、年月がたつと白くなり独特の雰囲気もち、江戸時代、盆栽用として珍重されたそうです。

ひょっとしたら、花より幹や蕾を愛でていたのかもしれません。

ばらの楽しみを花だけに限定するのではなく、もっと違った視点で楽しんでください。

<サンショウバラ>

サンショウバラの白い花

5月6日撮影のサンショウバラ。

今年は開花が早く、来苑者の方々には、お楽しみいただけなかったので、写真だけ。

イザヨイバラよりずっと大きくなるサンショウバラ。

白くなった幹ととげとげ蕾が、イザヨイバラに似ています。

イザヨイバラは、サンショウバラの交雑種とも言われています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

テリハノイバラのこどもたち

午後には雨となったばら苑

静かに降る雨にゆったりとした時間が流れます。

<テリハノイバラのこどもたち>

日本の原種 テリハノイバラ。

海外に渡り、多くのランブラーローズの交配親となりました。

樹形は、テリハノイバラの特徴を受け継ぎ横へ伸びるタイプが多く、下に垂らしても多くの花をつけます。

病気にも強く、育てやすいといえるでしょう。

<ドロシーパーキンス>

ドロシーパーキンス

濃ピンク色のポンポン咲きの花。

ドロシーパーキンスの遠景

耐寒性があり北側や半日蔭でも丈夫に育育ちます。

ばら苑では、桜の木の下に植栽されています。

<ピンクスプレー>

ピンクスプレー

中心が白く抜けるピンク色小花。

ウィーピングスタンダード仕立ての「ピンクスプレー」

ウィーピングスタンダード仕立てにしても、素敵です。

皆様のご来苑をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

ハニー キャラメル

少し気温が高いものの、青空が広がる気持ちの良いばら苑。

明日は、気温も下がり過ごしやすい日になりそうです。

ばら苑、芝生広場の隣に房咲き品種を集めたばらの丘があります。

細い小道を歩けば、ばらの花に埋もれたみたいです。

<ハニー キャラメル>

ハニー キャラメル

こっくりとしたオレンジ色のバラ。

カップ咲きの花は、よく伸びた枝に、コロコロと房咲きとなります。

硬質な花びらは、雨にも強くとても長く花が楽しめます。

遅咲きの品種で、いつも春の開苑時には、花がチラホラ。

今年はたくさんの花を観賞いただけます。

<ジャルダン ドゥ フランス>

ジャルダン ドゥ フランス

お日様の光に輝くような蛍光ピンクな花色。

見事な房咲きとなり、おしゃれなばら。

<ブライダルティアラ>

ブライダルティアラ

ブライダルティアラは、1本の茎から葉を伴う茎がたくさん出て、1つの枝に1つの花を咲かせる単花咲きです。

単花咲きの様子

今年は、なんだか蕾がいっぱい。

しかし、一般のフロリバンダとは、花の付き方が違います。

閉園まで、残すところあと5日、春のばら苑をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

ニュードーン

大混雑の週末が過ぎ、穏やかに過ごせるばら苑です。

大輪咲きのばらが見頃を過ぎてきましたが、房咲き品種は元気に咲いています。

<ニュードーン>

薄いピンクのつるバラ「ニュードーン」

第11回 1997年 ベネルクス3国大会で、殿堂入りをはたしたばら。

世界ばら会連合世界大会で3年に1度、会議によって選ばれる賞です。

世界中、どんな環境にも適応でき、栽培しやすい美しいばらが選ばれます。

つるばらは一季咲きが多い中、「ニュードーン」は繰り返し咲き。

棚仕立ての「ニュードーン」

しなやかな枝は、ポール仕立てはもちろんのこと、上の写真のように棚仕立てにしても花付きが抜群にいいです。

生田緑地ばら苑ならではの棚仕立て、フォトスポットとしてご利用ください。

ピンク色のばらに囲まれて、素敵な記念写真を。

ばら苑の公開期間は5月27日日曜まで、平日は、ゆっくりばらをお楽しみいただけます。

皆様のご来苑をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

伊豆の踊子

<伊豆の踊子>

黄色いバラ「伊豆の踊子」

2001年、メイアン作出のばら。

毎年ブログでは閉苑間近にご紹介する遅咲き品種のばらですが、見頃となってきました。

ファンの皆様、お早めにご来苑くださいね。

「伊豆の踊子」がばら苑に植栽されて10年がたちます。

充実した株は見事なロゼット咲きの花を咲かせ、褪色したクリームイエローの花も柔らかさを添えるポイントになっています。

<ばら苑コンサート>

快晴の中、2組のサックス演奏です。

ともに、昭和音楽大学の学生さん。

Leblanc Saxophone Quartet(ルブラン サクソフォン カルテット)

Leblanc Saxophone Quartet(ルブラン サクソフォン カルテット)

こどもたちにも人気のディズニー映画音楽などなじみのある曲を選曲。

なかなか知り得ない楽器の説明を楽しくお話いただきました。

Campid'oro Saxophone Quartet(カンピドーロ サクソフォン カルテット)

Campid'oro Saxophone Quartet(カンピドーロ サクソフォン カルテット)

今回で5回目のご出演。

クラシックを主に専攻している方々ですが、クラシックのジャズアレンジ曲や来苑者がかけ声で参加できる曲など楽しい演出。

2組の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

ばら苑コンサートは、5月26日土曜「稲田中学校 チアダンス部」演舞(午前10時30分〜)が春の最終ステージとなります。

<バラに関する講習会>

大倉茂先生「バラのやさしい育て方」

大倉茂先生「バラのやさしい育て方」の様子

講習会は、熱心な来苑者で、満席です。

初心者に向けた栽培方法だけで無く、景観を楽しむ鉢栽培についてもお話いただき、大倉先生の自由な発想に共感を持たれた方も多いのではないでしょうか?

今後のバラに関する講習会は、27日(日曜)に今井宣代先生の「失敗しないバラ栽培」(午後1時〜3時)が予定されています。

秋にも講習会が予定されています。

お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

生田緑地ばら苑 60周年記念コンサート

雨が心配されたばら苑ですが、朝からお天気に恵まれました。

時々曇り空となり、清々しい風が吹きました。

まだまだ、見頃のばらもたくさんありますよ。

バレリーナ

スタンダード仕立てのバレリーナ
ボランティアが接ぎ木をしてから5年がたちます。

秋には、真っ赤な実を楽しませてくれるばらです。

<60周年記念コンサート>

川崎市にご縁のある4組の出演者が、素晴らしい音楽を聴かせてくださいました。

<如月愛里さん>

如月愛里さん

<伊藤さくらさん>

伊藤さくらさん

<近藤真由さん>

近藤真由さん

<ジャムスタンマジック>

ジャムスタンマジックのお二人

個性あふれる音楽に来苑者も惜しみない拍手を送っていました。

<明日 5月20日日曜 イベント情報>

ばら苑コンサート
  • 11時~11時40分 Leblanc Saxophone Quartet(サックス演奏)
  • 12時30分~13時10分 Campid'oro Saxophone Quartet(サックス演奏)
  • 会場:ばら苑内の芝生広場(天候により屋内または中止になる場合があります。)
バラに関する講習会
  • テーマ:バラのやさしい育て方
  • 講師:大倉茂先生(日本ばら会理事、生田緑地ばら苑講師)
  • 時間:午後1時30分~午後3時30分
  • 会場:ばら苑内「ローズガーデンハウス」
  • 定員:40名(現地先着)
  • 費用:無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モンスターローズ